いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


VMware ESXiにゲストOSをクリーンインストールするため、ISOファイルをコピーしておく

自転車の逆走取り締まらないのはなぜなんだろうな。反則金制度の枠外だから一発で赤切符&罰金なのにな。巡邏している警官もたまに逆走しているからかな(挨拶)。

 

ASUS VC60にVMware ESXiがインストールされ、VMware vSphere Clientも準備した。

■関連エントリ

 VMware vSphere Clientを動作させるPC上にISOファイルがあればインストールできるが、やったことがある人はわかると思うがインストール媒体をネットワーク越しに読ませる形態だと、やはりネットワークのレイテンシ分、インストールに時間が掛かる。

 

そういうわけで、インストールに先立ってISOファイルをESXiのデータストアにコピーしておく。

まずVMware vSphere Clientを開く。

f:id:shigeo-t:20140502090444p:plain

[構成]タブを開く。

f:id:shigeo-t:20140502090744p:plain

「ハードウェア」─「ストレージ」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140502090827p:plain

データストアの識別名(今回はdatastore1になっている)の上で右クリック。「データストアの参照(B)…」を選択。

f:id:shigeo-t:20140502090922p:plain

データストア ブラウザが表示される。

f:id:shigeo-t:20140502091047p:plain

フォルダを作っておいたほうがいいと思う。フォルダを作るときは作成したい階層で右クリックするとメニューが出るので「新規フォルダ」を選択する。

f:id:shigeo-t:20140502091741p:plain

f:id:shigeo-t:20140502091854p:plain

アップロードするには、アップロードアイコンを押す。

f:id:shigeo-t:20140502092034p:plain

「ファイルのアップロード(I)…」「フォルダのアップロード(O)…」が選べる。ISO

ファイルをアップするときには「ファイルのアップロード(I)…」を選択。

f:id:shigeo-t:20140502092243p:plain

自PCのフォルダからISOファイルを選択する。

f:id:shigeo-t:20140502092332p:plain

アップロード中はこのように進捗を示すダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20140502092557p:plain

 

VM作成~インストールまで書くと長くなるので、このエントリはここまで。ほな。