読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


自動車税をクレジットカード払いしてみた2017

今年も支払いはPay-easyではなくカード払いにした。マイル付くし。そのため、今年もYahoo!公金から。

 

昨年までの支払いはこちら。

 

まず証明書の確認。ようやくEVになった。 2016年まではOVだった。これで間違いなくYahoo!のサイトであることが一発で確認できる。有効期間を見ると来年の6月15日までなので、もしかすると来年の支払い時も同じ証明書にお会いするかも。

f:id:shigeo-t:20170525110544p:plain

Firefoxではこのように発行対象OUまで記載されている。

f:id:shigeo-t:20170526031949p:plain

 

というか、Chrome/Vivaldhi、Edgeでは証明書の内容確認が直接できなくなっている。EVの場合は、それぞれ緑色になっていて発行元まで確認できる。見分け方は下記。ChromeとVivaldhiにおける証明書の表示方法は最後で。

EV

Chrome

f:id:shigeo-t:20170526031325p:plain

Vivaldhi

f:id:shigeo-t:20170526031420p:plain

Edge

f:id:shigeo-t:20170526031527p:plain

Firefox

f:id:shigeo-t:20170526031653p:plain

OV

Chrome

発行元は出ない。Schemehttps://も確認できる。

f:id:shigeo-t:20170526032101p:plain

Vivaldhi

発行元は出ない。緑色に塗られている部分がEVではアイコンが白抜き、OVではアイコンが緑。Schmeは出ない。

f:id:shigeo-t:20170526032925p:plain

 Edge

発行元は出ない。緑でもない。鍵マークアイコンのみ。Schemeは出ない。

f:id:shigeo-t:20170526033107p:plain

Firefox

発行元は出ない。鍵マークアイコンのみ。Schemehttps://も確認できる。

f:id:shigeo-t:20170526033312p:plain

 

支払い

手続きの説明画面

昨年までと変わらないので一発でスクショ。長いww

f:id:shigeo-t:20170525105444p:plain

f:id:shigeo-t:20170525105406p:plain

納付番号、確認番号を入力

f:id:shigeo-t:20170525105602p:plain

支払情報

f:id:shigeo-t:20170526034021p:plain

内容確認

f:id:shigeo-t:20170526034141p:plain

手続き完了 

 というわけで支払い完了。

f:id:shigeo-t:20170526034324p:plain

印刷モードでPDF保存したが、そちらは省略。

 

面白いカフスを見つけた。

  

Chrome/Vivaldhiでの証明書表示方法

  1. [F12]で検証画面を開く

    f:id:shigeo-t:20170526035010p:plain

  2. 検証画面でSecurityを選ぶ。タブとして表示されていないときには >> 内にある。

    f:id:shigeo-t:20170526035126p:plain

  3. [View certificate]をクリックする。

モニタ操作用にスティックPCを導入しようと思ったが

大学の研究室では、PC用モニタはウチの資産と大学の資産が入り混じって稼働している。問題はミーティング時である。

 

オレはThinkPad W520で、通常使用するモニタはThinkPad W520の内蔵モニタと大学資産のiiyama 22インチFullHDモニタである。ミーティングの際、VIERA TH-32D300を第3モニタとして使用している。


こんな接続構成である。オレの方は全く問題ない。

f:id:shigeo-t:20170525033034p:plain

 

図中のASUS VC60はVMware ESXiが動いている。

 

VIERA TH-32D300のHDMIポートはオレのW520が常時接続されている。HDMI2ポートだがHDMI切替器を付けていて、部下の人のThinkPad W530とMac miniと、弊社の技術顧問である博士研究員のY先生が使用する。

 

問題は部下の人のThinkPad W530。 ミーティングの際、毎回ケーブルごそごそつなぎ変えをしている。聞いてみるとThinkPad W530のディスプレイ接続ポートが足りていない。実際には一部左右の置き場所は違うが、まあこんな感じの接続構成。

f:id:shigeo-t:20170525034156p:plain

 メインディスプレイはAcerのKA270でこれを中央にしている。そしてサブのモニタはDELLの21インチWXGA+。これは同じものがもう一台あってMac miniがつながっている。

 

問題なのは部下の人はThinkPad W530のディスプレイは使っておらず、蓋を閉めたまま。キーボードになんかこんな感じの奴を使っている。こんな感じというだけで、なんか違うような気がするけど、なんかこんな感じでうねっている。 

 

蓋を閉めたままなのでモニタは最大で2台までにしかならない。そんなわけで、ミーティングで部下の人が中央のVIERA TH-32D300に何かを表示しようとすると、ケーブルのつなぎ替えが発生するというわけ。

 

で、毎回メインのモニタがAcer KA270からVIERA TH-32D300に移ってしまい、いろいろ大変そうなので、タイトルの件というわけ。

 

前置きが長いが、ここから結論までは短い。VIERA TH-32D300のHDMI2ポートにスティックPCを常設しておき、スティックPCからThinkPad W530にリモートデスクトップ接続するとか、単なるブラウジングならスティックPCのブラウザを使うとかすればいいという話になった。

 

スティックPCを調べてみると、ちょっと思っていたよりも価格が高く、スペック的には問題だった。

 

問題なのはスティックPCは基本的にWindows 10 Homeなので、リモートデスクトップの機能が無い。リモートデスクトップの機能を生かすアプリ(検索すれば出てくる)はあるし、AnyDeskなどを使うという手もある。

 

さらにPCなので、なんらかの手段でキーボードやマウスを接続しなくてはいけない。オレみたいにトラックポイント付きキーボードでいい人なら問題は、一台研究室に置いてあるので問題ないのだが、キーボードとマウスじゃないと操作できないらしいのでそれも必要。

1万円弱のスティックPCでも、合計すると12,000円を超えてくる。 

 

なんか随分掛かるなあと思ったが、いい手があった。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

 Fire TV Stickである。4,980円ぽっきり。

新型はまだ触っていないが、ディスプレイミラーリングはまあ大丈夫だろう。

国会 質疑時間の謎

地上波のニュース番組等で国会の発言を見たり、国会中継などで見るとほとんど野党が質疑しているように見える。実態はどうなのか調べてみた。あと小ネタだが、国会は英訳するとdiet。あの「ダイエット」と同じ単語。

P1110694

 

昨日、民進党代表は「熟議を放棄した瞬間」と発言している。

「官邸のイエスマン」って発言しているけど、今回の「テロ等準備罪」法案で党議拘束があったという報道は無いんだけど。

 

実際、2017年5月23日の衆議院本会議の時間配分はこのようになっている。

説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  15時 02分  01分
 竹内譲(総務委員長)  15時 03分  04分
 平将明(環境委員長)  15時 07分  05分
 浮島智子(経済産業委員長)  15時 12分  02分
 鈴木淳司(法務委員長)  15時 14分  04分
 逢坂誠二(民進党・無所属クラブ)  15時 18分  11分
 平口洋(自由民主党・無所属の会)  15時 29分  10分
 藤野保史(日本共産党)  15時 39分  07分
 吉田宣弘(公明党)  15時 46分  10分
 松浪健太(日本維新の会)  15時 56分  05分
 記名投票(採決)  16時 01分  21分

議長、委員長を除くと民進党11分、日本共産党7分で18分。自民、公明、日本維新の会で25分。1.3倍の差。

 

法務委員会でテロ等準備罪について可決した2017年5月19日の法務委員会。

説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  15時 02分  01分
 竹内譲(総務委員長)  15時 03分  04分
 平将明(環境委員長)  15時 07分  05分
 浮島智子(経済産業委員長)  15時 12分  02分
 鈴木淳司(法務委員長)  15時 14分  04分
 逢坂誠二(民進党・無所属クラブ)  15時 18分  11分
 平口洋(自由民主党・無所属の会)  15時 29分  10分
 藤野保史(日本共産党)  15時 39分  07分
 吉田宣弘(公明党)  15時 46分  10分
 松浪健太(日本維新の会)  15時 56分  05分
 記名投票(採決)  16時 01分  21分

議長、委員長を除くと民進党11分、日本共産党7分で18分。自民、公明、日本維新の会で25分。1.3倍の差。

 

衆議院における会派ごとの議席数は会派名及び会派別所属議員数にあるように与党自公で327、無所属を含む自公以外は147。自公維対他の野党(無所属の党派性を細かく見ず全部野党側に参入)で見ても342対132。自公維で2.5倍。

会派名 会派略称 所属議員数
自由民主党・無所属の会 自民 292(25)
民進党・無所属クラブ 民進 95(9)
公明党 公明 35(3)
日本共産党 共産 21(6)
日本維新の会 維新 15(0)
自由党 自由 2(0)
社会民主党・市民連合 社民 2(0)
無所属 12(1)
欠員 1
475(44)

各会派の所属議員数の( )内は女性議員で、内数です。

 

時間配分が1.3倍に対し、議席数では2.5倍。議席数に比例ではなさそう。調べてみると民進党最高顧問江田五月氏のサイトがヒットする。

 

 発言時間の計算法

 数の論理が左右するのは、発言時間も同じだ。その計算方法が奇妙で、文教委員会の私の発言時間を割り出すのにも、建前として五百十一分の三、つまり「衆議院議員の総議員数」を分母、「社民連議員数」を分子とする分数だという主張が出される。それでは発言時間は二、三分となり、現実的ではないので、実際には良識が発揮され、私たちにも応分の発言時間を与えられるのだが、こういう建前の主張が出てくるたびに、私は、「他の委員会には委員を出していないのだから、全議員でなく委員会の全委員数が分母、その委員会での当該会派の委員数が分子とならなければおかしい。五百十一が分母になるのなら、どこの委員会にもすべて出席させて欲しい」と対抗している。

 こちらの主張が正しいと思うのだが、どちらが正しいかを決めるのもまた数だから、負けに決まっている。そこで数でぶつからないよう、根まわしとか哀訴嘆願とか、いろいろやらねばならない。

 委員会が異なれば、扱いも異なるということもある。私のいる文教委員会は良識発揮。しかし菅直人君の社会労働委員会では、彼は二、三分を何回分も貯金して、まとまった時間になった時に三十分とかの質問をするという苦労をしているそうだ。

 ところで、「数の論理」について話すと、必ず反論がくる。

 「小会派のあなたが十分間質問するなら、自民党は一日ぶっ通しで質問してもおかしくないはずだ」と。

 実は、自民党委員の質問時間も、ちゃんと議席比例で計算されている。ただ、自民党委員は、質問を放棄する。

 それなら自民党議員はなまけ者なのか。

 必ずしもそうは言えない。彼らは与党として行政府を守る立場にあるのだし、それ以上に彼らは委員会で質問する必要がないのだ。

 なぜか? それは、すでに法案がまとまる過程で、十分発言しているからだ。

国会議員/国会の種類と会期

 

民進党になる前のニュース記事を毎日新聞から見つけた。

予算委はもともと、議員数が少ない野党に配慮する狙いで、各会派を与党枠、野党枠に分けて野党に手厚く質疑時間を配分する慣例がある。

 

民進党最高顧問江田氏のサイトや毎日新聞の記事からすると、野党に手厚くが慣例ということになる。

国会法 (法律学講座)

国会法 (法律学講座)

 

 

で、民進党って何やってたんでしょうか?質疑の時間は議席数の割合より多く割り当てられていますよね。法案に一文でも盛り込む、政府与党案を修正するということはできたんでしょうか?そういう動きをしていないですよね。野党第一党がこれでは困るんですけど。

 1日26時間は地球の自転を変えないと無理だと思う(棒

 

あと、下らない内容の閣議決定については以前調べた。質問主意書が下らないから、閣議決定も下らない内容ということを周知していきたい。

5月前半の #ねこ #cat #猫 その2 補遺

5月19日にその2を書いた際、fotolifeへの写真Upに失敗したので、載せようと思った写真だけを淡々と貼っていく。

 

5月11日(木)

f:id:shigeo-t:20170523023520j:plain

f:id:shigeo-t:20170523023518j:plain

f:id:shigeo-t:20170523023504j:plain

f:id:shigeo-t:20170523023506j:plain

f:id:shigeo-t:20170523023502j:plain

 

5月12日(金)

f:id:shigeo-t:20170523024251j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024252j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024254j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024343j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024356j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024348j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024347j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024409j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024410j:plain

f:id:shigeo-t:20170523024405j:plain

 

5月13日(土)

雨のため朝の散歩はお休み

正調お休み音頭

正調お休み音頭

 

 

5月14日(日)

f:id:shigeo-t:20170523025546j:plain

f:id:shigeo-t:20170523025547j:plain

f:id:shigeo-t:20170523025549j:plain

f:id:shigeo-t:20170523025610j:plain

f:id:shigeo-t:20170523025611j:plain

 

5月15日(月)

f:id:shigeo-t:20170523030412j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030415j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030713j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030714j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030716j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030755j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030757j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030855j:plain

f:id:shigeo-t:20170523030857j:plain

 

5月16日(火)

f:id:shigeo-t:20170523031418j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031421j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031419j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031422j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031458j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031500j:plain

f:id:shigeo-t:20170523031502j:plain

 

探偵物語 Remix?これにて一件落着?

探偵物語 Remix?これにて一件落着?

 

サッカーなど一部競技は冬季五輪に移すべきでは?もしくは一番気温が下がる早朝開催にするか

こんな記事が出た。いつからサッカーはインドアスポーツ扱いになったんだろう。

 

1964東京オリンピックは10月に開催された。調べてみると1968メキシコシティオリンピックも10月だが、1972ミュンヘンオリンピックは8月26日開会、1976モントリオールオリンピックは7月17日開会となり、以降本当にリアル夏季五輪となっている。

 

ミュンヘンモントリオールは東京より明らかに涼しいからまだいい。

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/kion/Canada/Temperature_Graph/Montreal.png

 

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/English/Climate/Germany/Temperature_Graph/Munich.gif

 

一方の東京、相当暑い。同じサイトから引用する。

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/kion/Japan/Japan_Tokyo.gif

 

気温だけでもこんなに差があるし、日本の夏は「高温多湿」。同じ気温だとしても多湿だと汗をかいても熱を排出しにくい。

 

インドアスポーツなら暑い時期でもエアコンディショナーで温度湿度をマネジメント可能だが、アウトドアスポーツはそういうわけにはいかない。


そしてアウトドアの一部競技は暑さは生命の危機でもある。 マラソンやサッカーなどはかなり危ない。馬術の場合、馬さんの生命の危機も心配。

 

IOCの商業化の都合でリアル夏季開催になった模様だが、秋(南半球では春)開催に戻すか、いっそのこと一部競技は冬季五輪に移した方がいいのではないだろうか。水泳などのプールが必要な競技も、施設的にはインドアに移行しているし、秋開催で問題ない。

 

箱根駅伝も正月だから競技として成立しているけど、あれを真夏にやったら襷は途切れまくるはず。

 

まあ、そもそもFIFAIOCの綱引きでフル代表ではないし、懸念ではなく選手を出さないという競技もありうる。

 

冬季五輪に移すのはさすがに日程的にもう間に合わないだろうが、多少マシな早朝開催は考慮してもいいのではないだろうか。このエントリはリーガエスパニョーラの生中継を見ながら書いているけど、早朝開催なら時差的に欧米でちょうどいい時間帯にあたるし。