読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


日本沈没のおもひで

misc

このニュースを見て思い出した。


小松左京著の日本沈没は1973年の発行。自分で購入したわけではなく実家にあったものを読んだので、多分兄が購入したのだろう。最初に読んだのは小4か小5くらい。発行日からそれほど経っていない。 

日本沈没(上)

日本沈没(上)

 
日本沈没(下)

日本沈没(下)

 

 

時は流れて1990年の1月か2月くらいの寒い時期の金曜日。大阪に日帰り出張していた。

当時、某証券会社担当で紙テープシステムの開発を担当していた。 もちろんアイドルなどに紙テープを投げるようなシステムではなく、紙テープにデータを打ち出す(穿孔・パンチ)システムである。

  紙テープ - Wikipedia

 

Web上に当時の証券取引所の注文・約定システムの情報が無いので簡単に書いておく。きちんと歴史書いておけよ、JPX 8697。ざっくりし過ぎだろこれ。

間違った情報は見つけた。誰が間違っているのかは分からないけど間違っている。

その「ルパン三世」第1シリーズ、忘れがたい傑作は数多くあるが、第22話「先手必勝!コンピューター作戦」もそのひとつ。ルパンの行動を100%予想するコンピューター相手に、さすがのルパンも苦戦するというお話。なにしろ70年代初期の話だから、くるくる回るオープンリールから打ち出される紙テープで結果が出力される時代。いくらFBIの高性能コンピューターでもそんなのでルパンの行動パターンを計算できないのではないか?

新潮流 【新潮流】第171回 コンピューターに勝つ方法|マネックス証券

コンピュータの周辺機器でオープンリールって呼ばれるものは磁気テープ。磁気テープ装置から紙テープは出てこない。穿孔くずが出て相当な騒音・振動が出る紙テープパンチャー。磁気テープを高速回転させ磁気ヘッドと接触させて読み書きするため、振動に対してセンシティブな磁気テープ装置。これを一緒にするやつはアタマワルイので、そんなバカな装置は実在しない。すぐに故障するわ。「先手必勝!コンピューター作戦」の描写が間違っていたのか、上記のコラムの筆者の記憶違いか。チャンスがあれば確認したい。

 

当時の証券会社と証券取引所間の注文は、大きく3つ。証券会社の場立ちが手サインで証券取引所に売買注文を出す方法。立会場銘柄と呼ばれていた。

2つめは紙テープで注文を出す方法。証券会社の顧客から入った売買注文は、証券会社の紙テープ穿孔システムから紙テープに打ち出される。それを証券会社の担当者が証券取引所側の紙テープリーダに読み込ませることで注文が証券取引所に入る。なんでこんな面倒なことを1990年代まで続けていたのかは、話すと長いので割愛。システム銘柄と呼ばれていた。

3つめは証券会社システムと証券取引所側の提供する中継機が接続され、中継機から証券取引所に注文が入るシステム。

 

紙テープシステムの背景説明が長くなった。オレと後輩の2人で開発をしていた紙テープシステムは、UNIXワークステーションに小型の紙テープ穿孔装置を接続する小型のもの。当時最新鋭のUNIXワークステーション(一台あたり当時人気車種のソアラ一台分の価格と言われていた)に、製造がシュリンクしてきていて探すのが大変という紙テープ穿孔装置という謎の構成である。その他の周辺機器はドットインパクトプリンタ。ドットインパクトプリンタもうるさいが、小型ながら紙テープ穿孔装置はくらべものにならないくらい大騒音。そんなわけで、専用の静音箱をかぶせて使用する。

 

すでに1989年中に東証債券システム向けとして稼働し、ノートラブル。担当していた某証券会社の債券部に納入。

大阪への出張は、某証券会社の大阪支店に大阪証券取引所用として、まずは機器搬入だった。これがなんで日本沈没につながるのか。

 

出張したのは開発側はオレ。オレが搬入手配は紙テープ穿孔装置と静音箱。回線の手配は別の担当が済ませて当日立ち会いではなくすでに準備済。UNIXワークステーション一式は、機器販売を主とした別会社の担当者が搬入手配で、そいつも搬入立ち会いに来ていた。昼過ぎに搬入、夕方には接続確認が完了して東海道新幹線で東京に戻れる手筈だった。

 

しかしUNIXワークステーション一式が届かない。手配ミスだった。時刻指定が抜けていた模様。届いたのは支店の定時が過ぎた18時前。で、なんとその手配ミス野郎は「新幹線の時間なんで帰ります。あとよろしく。」とブツが届く前に帰っていった。客前なので「あ、ああそうなの?」と済ませ、帰ってから上司からその会社の上のほうに厳重抗議してもらった。

 

届いてからは大阪支店の偉い人に頭を下げながら開梱、設置、接続確認を一人で済ませ、なんとか完了したのが帰りの新幹線がもう無い時間。オレも日帰りのはずだったのだが。最寄りの本町駅のそばでビジネスホテルを急遽探すのは難しいかも、という大阪支店の偉い人のアドバイスに従い、新大阪に移動して飛び込みで宿を探した。

 

部屋に入りぐったりしていると、TVで放送されていたのが「日本沈没」。

日本沈没  [東宝DVD名作セレクション]

日本沈没 [東宝DVD名作セレクション]

 

映画かドラマかはよく覚えていない。

 これは大阪から東京に戻るのは無理だなあと思いながらぼーっと見ていた。現実ではないのに。まあ、日中の出来事が衝撃的過ぎたというのもある。日帰りの予定が急遽宿泊だし、ミスした本人は搬入立ち会いもせずに担当ではない別会社のオレに任せて帰ってしまうし。

そして、寝てからも分断されて帰れない夢でうなされたwww

 

オレは土曜日の午前から予定があったんだけど、当然移動時間に取られるので予定はキャンセル。今みたいに携帯電話やメール/SNSなどで簡単に連絡がつくわけではなく、結構大変だった。

 

そんなオレは筒井康隆ファンなので、日本以外全部沈没のほうが好き。というわけで、朝鮮民主主義人民共和国小松左京派だと思う。

日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫)

日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫)

 
日本以外全部沈没 [DVD]

日本以外全部沈没 [DVD]

 

【悲報】ThinkPad X200死亡【訃報】

Tech ThinkPad Windows Server

Windows Vista x64のHDDを抜き、空きSSDを入れてWindows Server 2012 R2をインストールしたThinkPad X200、死んでた\(^o^)/

ブートディスクのHDD/SSDを交換したりすればまだ動くかもしれないが、しばらく大学の研究室に置いて電源を入れずに放置していた結果死んだ模様。

 

2009年4月に購入したはずなので享年8歳。これまで色んなOSを入れてきた。ThinkPad W520購入で普段使用のPCの座を譲り、ThinkPad X220購入でモバイル用途からも退役、色んな実験用であった。今どきのWindows OSを入れるとドライバが揃わないという状況だったので、そろそろかなと思っていた。そしてモバイル用途のThinkPad T430s購入で今までX200が担っていた実験用途もX220に移行していた。


出荷時プリインストールOSであるWindows Vista x64 Businessを皮切りに、 Android-x86CentOSUbuntuWindows ThinPC、Windows Server 2012 R2など普通の人が触らないようなOSばかり。唯一普通のOSはWindows 8.1くらいか。もうほとんどシェアは無いけど。

Windows Multipoint ServerとかWindows 10とかはまともに動かなかった。

 

このX200は今まで一番長く付き合ったPCである。ウチの会社でThinkPad P70のフルスペック構成を購入するまでは購入時金額で2番目に高価なPCだった。余談だがX200の前のメインマシンVAIO type 505 EXTREMEの方が高かった。

 

BTOで組みあがり、発送されて船に乗ってからもなかなか届かずにやきもきしたX200。でも流石にこれ以上は無理があるのでおまけで無料だったX200ウルトラベースとともに廃棄処分にしようと思う。

〇〇は死後コンテンツとなり、オフィシャルショップ△△が××の洗い出し

misc 言及した

このツイートがオレの脳みそにヒットした。端的に言い抜く様は慧眼である。

 

いまこそ、「〇〇は死後コンテンツとなり、オフィシャルショップ△△が××」の大喜利というか、洗い出しが必要なのではないか。ポイントは「オフィシャルショップ」というところだと思う。

-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

 

 

日本の場合、大多数は死ぬと仏様(仏教)か神様(神道)である。神様仏様稲尾様(死語)という言葉があるように、死んだらコンテンツである。いやいや、稲尾和久氏は生きている時から神様であった。死ななくてもコンテンツであった。しかし、生き神様は扱いが難しいので、今回は全て考慮外としたい。

また、無機物(富士山など)は死後が無いので対象外である。

 

仏教の場合は最も大切な信仰の対象は本尊だが、コンテンツと呼ぶのはアレだし、じゃあ開祖をコンテンツと考えるのもどうか。

十三宗派の特徴 13宗派一覧

 

一方神社本庁 | 各地の神社によると、やはり菅原道真公は特異である。他の神社・宮は元々神様を祀っているのに、道真公だけは学者・政治家である。まさに「死語コンテンツとなり」である。大喜利が成立しない可能性が出てきた。

お稲荷さまはおいしいコンテンツである。

京都桂茶屋 いなり寿司

京都桂茶屋 いなり寿司

 

 

 

ちなみに、生前からコンテンツで死後もコンテンツの石原裕次郎の場合、オフィシャルショップというべき小樽の石原裕次郎記念館は、2017年8月末に閉館予定であり、東京に移る予定である。

小樽 石原裕次郎記念館[yujiro-kinenkan.com]

石原裕次郎 青春DVD-BOX (初回限定生産・豪華アウターケース付き)

石原裕次郎 青春DVD-BOX (初回限定生産・豪華アウターケース付き)

 

 

意外と「死後コンテンツとなり」が難しい。道真公すごい。

ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納について掛取万歳的な世界を想像してしまったw

misc 言及した

ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納については、あれこれ話題になっているが、ふと掛取万歳的な世界を想像してしまった。

掛取万歳

掛取万歳

 
なごやか寄席 六代目 三遊亭圓生 掛取万歳/錦の袈裟/代脈 (MEG-CD)

なごやか寄席 六代目 三遊亭圓生 掛取万歳/錦の袈裟/代脈 (MEG-CD)

 

 

 

ZOZOTOWNの表記に倣って「ツケ払い」とするが、このような支払方法は特に変わったものではなく、企業会計でも「売掛金」「買掛金」として扱われるし、それこそ落語の演目になるようなものである。

 

掛取万歳は、下記のような演目である。

大晦日の長屋を舞台に、掛け金(ツケ)の回収=掛け取りにやって来る業者と、相手の性格に合わせた形で撃退しようとする主人公とのナンセンスなやりとりが展開される噺である。

掛取万歳 - Wikipedia

「ツケ払い」で滞納している若者が、取り立てに来る人に合わせて何かを演じるようになると、取り立て人に合わせて色々な文化に触れることになり、世代ギャップを超えて社会が文化的に豊かになるんじゃないかと。そんなわけはないけど。タイトルの話、「そんなわけはない」の一言で終わってしまったww

 

ZOZOTOWNは知らないので、調べながらダラダラ書いていく。

 

ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納問題は、その「ツケ払い」の対象が未成年ということなのかもしれないし、そうではないのかもしれない。インタビュー記事がある。

インタビューイ2人がいずれも専門学校生19歳男性というのは面白い。いずれも滞納期間はあるが支払いを行っている。

上限5万円なら、学生でも普通に支払える。でも、2カ月あると思うと、他のことにお金を使っちゃう。

通販で使うお金はバーチャルな感じ。買ってダメだったら、メルカリで売ればいいし。

 

 ZOZOTOWNは使っていないし、ZOZOTOWNの「ツケ払い」を使う積極的な動機もないので実態を知らない。そこでZOZOTOWN「ツケ払い」の督促についても記事から引用する。

2カ月の「ツケ」期間を何日か過ぎると、「GMO後払い」「GMOペイメントサービス」などの送り主から、SMSとメールで支払い確認のメッセージが届いた。ツケ払いの代金請求は、GMOペイメントサービスが決済代行をしている。

「注文した段階で、ハガキが届きました。滞納し始めてからは、1週間に1回くらいの間隔で、メールと一緒にまたハガキが届いて」

 ユーザ登録時の登録情報にもよるのかもしれないが、SMSとメールなら自動化できるので1通あたりのコストは大したことはない。一方Bさん向けのハガキというのは確実にハガキ代(印刷含む)+郵便料金が発生するので、コスト感はなかなかのものである。この手のものは圧着ハガキだったりするし。ハガキ送付対象滞納者がどの程度の確率で発生するのかわからないが。

 

ビジネス的に考えれば、ZOZOTOWN側は一定の決済リスク/決済コストとして見込んでいるはずである。

 読んでみると、代金引換、コンビニ決済、クロネコ代金後払い、ツケ払いはいずれも手数料324円が発生する。

一方、クレジットカード、LINE Pay、ZOZOTOWNギフトカード、Amazon Payは手数料は無い。

 

やはり、決済コストとして手数料で賄う形である。消費税8%を抜いて300円ということになるのだろう。問題は決済リスクだが、ZOZOTOWNが負う形ではなくサービスを提供しているGMOペイメントである。リスクの「転嫁」である。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shigeo-t/20160228/20160228033052.png

 

サイトを見るとわかるが、9社ほどバナーが出ている。ZOZOTOWNやその運営母体である株式会社スタートトゥデイの名前はない。

未成年顧客がほぼいない、あの駅近くの雑居ビルの上の階に店舗を構える「ア」の企業って、利用者が後払いを選択するパターンは家族に内緒にするためなんだろうか。いや、逆にバレそうだが。

 

こうなってくると、滞納話の構造が違って見えてきた。注文時にZOZOTOWNとしては決済完了している。未成年でも「ツケ払い」OKにしたのはGMOペイメントとも言える。結局決済として受け付けるかどうかは、多分ZOZOTOWNからオーソリゼーションがGMOペイメント側に飛んだ時点で判断される。

 与信枠はZOZOTOWNとGMOペイメントで共有していない可能性もある。ZOZOTOWNとしてはオーソリ飛ばせばいいだけだし。

 

BuzzFeed Newsは「ツケ払い」の代金請求をしているGMOペイメントサービスにも問い合わせた。滞納が長期に及んだ場合はどう対応しているのか。グループ会社の広報から次のような回答があった。

「お支払が確認できない場合、支払期限後一定期間を経た後、債権を弁護士事務所に委託いたします」「必要な場合には法的処置をとる可能性がございます」

「1円も払ってないのに服が届く」 ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納する若者たち

 

弁護士に依頼ということは、サービサーに売り飛ばせるような債権ではないのだろう。 

サービサーが取り扱える対象債権は、「特定金銭債権」と定義される以下のような一定範囲の債権に限られています。
・銀行等の金融機関・貸金業者が有する(有していた)貸付債権等
・リース・クレジット債権等
特定目的会社(SPC)が流動化対象資産として有する金銭債権等
・法的整理手続中の者が有する金銭債権等
・保証会社(特定金銭債権に係る債務の保証を行うもの)・金融機関等が有する求償債権等
・いわゆるファクタリング業者がその業務として買い取った金銭債権
・その他、政令で定める金銭債権

したがって、サービサーは上記の特定金銭債権に該当しない債権について、債権管理回収業を行う(例えば売掛金の回収等)ことはできません。

弁護士もコスト的にめんどくさくなったら、少額訴訟にしちゃうんだろうな。日本全国津々浦々の債権回収なんてやってらんないし、訴訟にするのは本業だし、強制執行に移行してしまえば給与等を差し押さえできるし。少額訴訟されちゃう前に払った方がいいと思うよ、これ。

 

 

このZOZOTOWN「ツケ払い」滞納話、結論は奨学金のときと同じで、お金の教育が不足しているんじゃないかと。

 

この回答だとそのまま読むと、サイト上にチェックボックス1つ増やすだけのような気がするけど。

「ツケ払い」は同社が昨年11月から導入したサービスで、支払いを2カ月間先送りにできる。未成年者が親の同意なく利用できるため、一部で支払いの滞りなどが発生。SNSなどで、同社に対して対策を求める声が上がっていた。

同社広報に対策について尋ねた。同社によると、注文時の支払方法選択画面とヘルプページに「未成年者の方は保護者の同意を得たうえでご利用ください」の文言を表記していたが、確認する仕組みはなかった。

今後、親の同意があるかどうかをチェックする機能を設けるとしている。

 

チェックボックスひとつ増やしても、訴訟対策にはなるかもしれないけど、実効的にはあんまり意味無いよねwww

 取材中、Bさんは次のように話した。

利用規約なんて誰も読まないですよ。長くて、文字が多いし。重要なことはでっかく書いてほしいです」

「1円も払ってないのに服が届く」 ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納する若者たち

定点観測2

misc

前回は2016年12月17日から2017年2月11日だったが、今回は2017年2月17日から2017年4月17日まで。毎日ではないが、チャンスがあれば同じ場所から同じ風景を撮影している。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

 

 

前回はランドマークタワーだけだったが、今回は同時に撮影しているドックヤードガーデンの中央の橋とハードロックカフェの看板方面。開始日の2月17日はまだ日の出前の撮影だが、3月に入ったあたりで日の出の時刻くらいの撮影、その後は完全に日の出後の撮影である。

横浜(神奈川県)のこよみ 平成29年(2017) - 国立天文台暦計算室

年月日 方位[°]
2017/2/17 6:26 104.2
2017/2/18 6:25 103.8
2017/2/19 6:24 103.3
2017/2/20 6:23 102.9
2017/2/21 6:21 102.4
2017/2/22 6:20 102
2017/2/23 6:19 101.5
2017/2/24 6:18 101.1
2017/2/25 6:17 100.6
2017/2/26 6:15 100.2
2017/2/27 6:14 99.7
2017/2/28 6:13 99.2
2017/3/1 6:11 98.8
2017/3/2 6:10 98.3
2017/3/3 6:09 97.8
2017/3/4 6:08 97.4
2017/3/5 6:06 96.9
2017/3/6 6:05 96.4
2017/3/7 6:04 95.9
2017/3/8 6:02 95.5
2017/3/9 6:01 95
2017/3/10 5:59 94.5
2017/3/11 5:58 94
2017/3/12 5:57 93.5
2017/3/13 5:55 93.1
2017/3/14 5:54 92.6
2017/3/15 5:53 92.1
2017/3/16 5:51 91.6
2017/3/17 5:50 91.1
2017/3/18 5:48 90.6
2017/3/19 5:47 90.2
2017/3/20 5:45 89.7
2017/3/21 5:44 89.2
2017/3/22 5:43 88.7
2017/3/23 5:41 88.2
2017/3/24 5:40 87.7
2017/3/25 5:38 87.3
2017/3/26 5:37 86.8
2017/3/27 5:35 86.3
2017/3/28 5:34 85.8
2017/3/29 5:33 85.3
2017/3/30 5:31 84.8
2017/3/31 5:30 84.4
2017/4/1 5:28 83.9
2017/4/2 5:27 83.4
2017/4/3 5:26 83
2017/4/4 5:24 82.5
2017/4/5 5:23 82
2017/4/6 5:21 81.5
2017/4/7 5:20 81.1
2017/4/8 5:19 80.6
2017/4/9 5:17 80.2
2017/4/10 5:16 79.7
2017/4/11 5:15 79.2
2017/4/12 5:13 78.8
2017/4/13 5:12 78.3
2017/4/14 5:11 77.9
2017/4/15 5:09 77.4
2017/4/16 5:08 77
2017/4/17 5:07 76.6

 

それぞれ2枚/日、74枚あるので前回と同じく動画にした。まずは橋方面。

この橋はどらやきちゃんと一緒に渡ることが多い。

 

一方のランドマークタワーは前回の暗い時期とは異なり、朝焼けで赤いランドマークタワーの日もある。

 

今度はどらやきちゃんの生垣ダイブで作ってみようかな。これも撮影ポイントは大体同じだし。

f:id:shigeo-t:20170419035637j:plain