いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


正社員のYouTuberとは

こんなツイートが流れてきた。

 

ハローワークに出せる求人だとすると、正社員として雇用して固定給の給与を払えるだけの売上・利益があるということになる。下記の求人情報に社名があるので企業サイトを見たけど、動きがある割にデザイン的にはなんか古臭い。マウスオーバーでそんなところを動かしても感。ほかに本業が3つあるので、売上や利益はあるんだろう。

f:id:shigeo-t:20190711121106p:plain

 

賃金を見ると20万円ぽっきりである。手当の欄には何も無いので交通費も支給されないってことになる。出勤しなくていいなら別にいいけど、そんなわけはないだろう。

また、「歩合手当 *広告収入に応じて(上限なし)」とある。ほんとかよ。どの程度の歩合かは書いてないけどw

その代わり、時間外 なしが気になる。これって時間外労働が無いってこと?就業時間11:00~20:00だけってこと?

一方、企業サイトにあるWebエンジニアの募集では給与もこのハロワ案件よりも高いし、通勤手当支給だし、固定給でYouTuberやるよりWebエンジニアのスキルがあるならWebエンジニアで応募したほうがいいと思う。

 

あと、年間休日数は少ない。年間約52週なので完全週休2日で約104日。107日というのは、土曜日は月2回休みのようなので約78日、祝日は休めて29日ということか。2019年はちょっと令和元年で多いので2020年を見てみると祝日は19日なんだよな。お盆や年末年始などで付加的に10日くらい休めるということか。

 

結局、かつては動画を撮っても見てもらうためにはTV局に買ってもらうとか、CM枠番組枠を買うとかしか無かったけど、YouTubeならとりあえず再生してもらうことはできる。リーチできればだけど。動画の編集なども昔なら(機材の確保含め)編集プロダクションなどプロのみができる仕事だったのが、編集ソフトを使えればシロートでもそれなりにできるし、習熟すれば編集プロダクション顔負けの物もできるだろう。

 

この会社が何を目的として固定給YouTuberの募集をしているのかは、現在の本業を見てもわからない。まさかハロワに「求人出してください」って頼みこまれてネタ的に出したってことはないだろうな。まさか20万通勤手当無しで応募しないだろとかw

YouTuber教室 (マンガでマスター)

YouTuber教室 (マンガでマスター)

 
できるキッズ 親子で楽しむユーチューバー入門

できるキッズ 親子で楽しむユーチューバー入門