いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Windows Admin Centerの機能 その5

前回までのあらすじ

苦労してWindows Admin Centerを立てたら、なかなか有用だったので機能紹介の5回目。

 

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

目次

 

レジストリ

レジストリエディタ(regedit.exe)と同じ機能である。リモートでも操作できるので非常に有用である。Windows ServerとWindows 10で相違点は無い。

表示

起動するとどのキーも選択していないのでこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20201126095938p:plain

1つキーを選択してみるとこのようになる。

f:id:shigeo-t:20201126100110p:plain

表示項目としては「名前」「種類」「データ」の3つ。

 

機能

機能としては常に活性化されている[+値の追加]と、値を選択しないと非活性状態の[変更][削除]の3つ。

また左のキー側には[インポート][…]があり、[…]をクリックすると[エクスポート][新しいキー][名前の変更][削除]がプルダウンする。

 

インポート

[インポート]をクリックすると右にインポートダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126100634p:plain

 

エクスポート

[エクスポート]をクリックするといきなりエクスポートを開始。通知が出る。

f:id:shigeo-t:20201126100743p:plain

また「名前を付けて保存」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126100829p:plain

新しいキー

[新しいキー]をクリックすると「新しいキー」ダイアログが表示される。選択しているキーの下に作られる。

f:id:shigeo-t:20201126100923p:plain

 

名前の変更

[名前の変更]をクリックすると選択しているキーをデフォルトとした「名前の変更」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126101014p:plain

 

削除(キー側)

キー側の[削除]をクリックすると「レジストリキーの削除」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126100959p:plain

 

値の追加

[]をクリックすると「値の追加」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126101247p:plain

 

変更

変更をクリックすると、現在の値をデフォルトとして「変更」ダイアログが表示される。名前も変更可能である。

f:id:shigeo-t:20201126101435p:plain

 

削除(値側)

値側の[削除]をクリックすると、「レジストリ値を削除」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126101558p:plain

 

検索

上で非常に有用と書いたが、キーや名前や値の検索機能は無い。自分で階層を下げて行く方法のみである。

該当キーが分からず検索しながらチェックしたり変更したりということは、今まで通りレジストリエディタを使うしかない。

 

ローカル ユーザーとグループ

基本的にはWindows ServerとWindows 10では同機能である。グループポリシーエディタgpedit.mscとも、設定のアカウントともコントロールパネルのユーザーアカウントとも異なり簡易的な機能に見える。

なお、Active Directoryドメインコントローラーになっているマシンでは下記の表示である。

f:id:shigeo-t:20201126102249p:plain

 

表示

ユーザー

開いた時点ではユーザータブが選択されている。

f:id:shigeo-t:20201126103744p:plain

ユーザータブでは「名前」「フル ネーム」「説明」が表示される。

グループ

グループタブを選択するとこのような表示になる。

f:id:shigeo-t:20201126103515p:plain

グループタブでは「名前」「説明」が表示される。

また、グループを選択すると下に詳細が表示され、ユーザーが一覧される。

f:id:shigeo-t:20201126104717p:plain

機能(ユーザー)

ユーザーの機能は常時活性化されている[新しいユーザー]と、ユーザーを選択すると活性化する[メンバーシップの管理][ユーザーの削除][パスワードの変更][ユーザーの編集]がある。

f:id:shigeo-t:20201126103942p:plain

 

新しいユーザー

[新しいユーザー]をクリックすると、「新しいユーザーの追加」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126104050p:plain

 

メンバーシップの管理

[メンバーシップの管理]をクリックすると、「メンバーシップの管理」ダイアログが表示される。どのグループに参加するのかを設定変更できる。

f:id:shigeo-t:20201126104202p:plain

 

ユーザーの削除

[ユーザーの削除]をクリックすると、「ユーザーの削除」ダイアログが表示される。Administratorって削除できるんだっけ?試してみる勇気はないw

f:id:shigeo-t:20201126104248p:plain

 

パスワードの変更

[パスワードの変更]をクリックすると、「パスワードの変更」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126104434p:plain

 

ユーザーの編集

[ユーザーの編集]をクリックすると、「ユーザーの編集」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126104601p:plain

 

機能(グループ)

グループの機能は常時活性化されている[新しいグループ]と、グループを選択すると活性化する[グループの削除][グループ名の変更][グループの編集]がある。

f:id:shigeo-t:20201126104918p:plain

 

新しいグループ

[新しいグループ]をクリックすると、「新しいグループの追加」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126105451p:plain

 

グループの削除

[グループの削除]をクリックすると、「グループの削除」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126105614p:plain

 

グループ名の変更

[グループの変更]をクリックすると、「グループの変更」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126105718p:plain

 

グループの編集

[グループの編集]をクリックすると、「グループの編集」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126105809p:plain

 

記憶域

記憶域を開いた時点ではディスクタブを表示する。”ストレージ移行サービスを使用して、サーバーとファイル共有を Azure または Windows Server 2019 に移行します。”が上部に表示されており、[詳細情報]をクリックすると、下記のページに飛ぶ。

docs.microsoft.com

Storage Migration Service を使用すると、Windows Server または Azure にストレージを簡単に移行できます。 WindowsLinux のサーバー上のデータをインベントリし、そのデータを新しいサーバーまたは Azure virtual machines に転送するグラフィカルツールを提供します。 また、記憶域移行サービスでは、サーバーの id を移行先サーバーに転送するオプションも用意されています。これにより、アプリとユーザーがリンクまたはパスを変更することなくデータにアクセスできるようになります。

ほう。試してみようかな。ただし移行元は下記。

移行元サーバーでは、次のいずれかのオペレーティングシステムを実行する必要があります。

 

表示

ディスク

記憶域を開いた時点ではディスクタブを表示する。

f:id:shigeo-t:20201126110036p:plain

「番号」「名前」「正常性」「状態」「オンライン」「未割り当て」「容量」の7個。

ディスクを選択すると、下部に詳細が表示される。

f:id:shigeo-t:20201126110855p:plain

詳細にはボリュームタブとプロパティタブがある。ボリュームタブでは、「名前」「ドライブの種類」「正常性」「状態」「ファイルシステム」「空き領域」「サイズ」7項目である。

f:id:shigeo-t:20201126111145p:plain

プロパティタブでは、「フレンドリ名」「容量」「ディスクから起動」「ファームウェアバージョン」「起動可能」「クラスター化」「高可用性」「オフライン」「読み取り専用」「スケールアウト」「システムディスク」「位置情報」「モデル」「パーティション」「オフラインの理由」「操作状態」「正常性の状態」「パーティションのスタイル」「パーティションのスタイル」「パス」「シリアル番号」「署名」「サイズ」「一篇のID」が表示項目である。

f:id:shigeo-t:20201126111348p:plain

パーティションのスタイル」「パーティションのスタイル」は誤りではなく、実際に同じ項目名が並ぶ。

f:id:shigeo-t:20201126111917p:plain

 
ボリューム

ボリュームタブを選択すると、ボリュームの一覧が表示される。

f:id:shigeo-t:20201126110753p:plain

「名前」「ドライブの種類」「正常性」「状態」「ファイルシステム」「空き領域」「サイズ」の7項目で、ディスクタブ側でディスクの詳細のボリュームタブと同じ項目である。

ボリュームを選択すると下部に詳細が表示される。

f:id:shigeo-t:20201126112415p:plain

「名前」「正常性」「空き領域」「サイズ」「アロケーションユニットサイズ」「重複除去モード」「ドライブ文字」「ドライブの種類」「ファイルシステム」「ファイルシステムラベル」「パス」「操作パス」「一意のID」「クォータあり」「BitLockerの状態」「暗号化の割合」の16項目である。

 

機能

ディスク

常時活性化しているのは[VHDの作成][VHDのアタッチ]の2つ。ディスクを選ぶと[オフライン]にするが活性化する。オフラインにすると、[オフラインにする]だった部分に[オンラインにする]が表示され活性化されている。

f:id:shigeo-t:20201126113046p:plain

さらにこの状態でも非活性なのは[ボリュームの作成][ディスクの初期化][VHDのデタッチ]の3つ。

f:id:shigeo-t:20201126113213p:plain

VHDのデタッチはVHDを作成したりアタッチしたりする必要があるのは想像できる。[ディスクの作成][ディスクの初期化]は未フォーマットディスクを接続した時にでも活性化するのだろうか。

コントロールパネルのディスクの管理よりも不便なような気がする。

f:id:shigeo-t:20201126113506p:plain

[VHDの作成]をクリックすると、「VHDの作成」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126113958p:plain

 

[VHDのアタッチ]をクリックすると、「VHDのアタッチ」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126114021p:plain

 

[オフラインにする]をクリックすると、当該ディスクがオフラインに切り替わる。

[オンラインにする]をクリックすると、当該ディスクがオンラインに切り替わる。

 

ボリューム

ボリュームタブを開いた状態では全機能が非活性である。ボリュームを選択すると[フォーマット][サイズ変更][ボリュームのプロパティの編集][削除]が活性化する。全て活性化するのは外付けディスクや内蔵でも追加のボリューム。システムディスクは[フォーマット][削除]が非活性のまま、勝手に作られている数100MBの隠しボリュームは[ボリュームプロパティの編集]のみ活性化する。

 

 [フォーマット]をクリックすると。「ボリューム(ドライブレター:)のフォーマット」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126114323p:plain

 [サイズ変更]をクリックすると。「ボリュームのサイズ変更(ドライブレター:)」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126114759p:plain

 [ボリュームのプロパティの編集]をクリックすると。「ボリュームのプロパティの編集」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126114850p:plain

 [削除]をクリックすると。「ボリュームを削除する」ダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20201126114929p:plain

 

長くなったのでまた次回。 

ひと目でわかるWindows Server 2019

ひと目でわかるWindows Server 2019