読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


特許庁からはがきと封筒が届いて驚いた

misc

夕方、集合ポストを見たら、大きな封筒が入っていることに気づいた。取り出してみると、特許庁からの封筒(デカい)と、圧着はがき。

f:id:shigeo-t:20160527040049j:plain

 

はがきのほうは識別番号通知だから、ああこないだ苦労して獲得した識別番号なんだなとわかる。

f:id:shigeo-t:20160527041238j:plain

 

 問題は大きい封筒のほう。A4がピッタリのサイズではなくてA4で余裕があるサイズの封筒。出願になんかミスがあったかとドキドキ。中身は予納番号通知だった。A4の紙が2枚。

f:id:shigeo-t:20160527041355j:plainf:id:shigeo-t:20160527041412j:plain

お、おうっていう感じ。予納番号使わねえよ。がんばって電子現金納付できるようにしたから。電子現金納付はPay-easyで払うんだけど、払ったら数十秒後には納付済になるんで、それを確認してすぐに出願を済ませた。

この電子現金納付にも、罠があったんだけど詳細は割愛。

インターネット出願ソフトで、「電子現金納付専用パスワード」と「電子現金納付者カナ氏名」を登録します。

設定があちこちに分散して置いてあるって、どういうことだよという話。

 

 

まだ出願審査請求書とかいろいろあるし、それに先立って減免制度(ウチみたいな零細企業の優遇措置)の届け出も必要だけど、まあぼちぼち進めますわ。

技術者・研究者のための特許の知識と実務―特許出願・権利化業務の実際

技術者・研究者のための特許の知識と実務―特許出願・権利化業務の実際

 
特許出願のてびき 平成26年改正対応 第37版

特許出願のてびき 平成26年改正対応 第37版