いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ウチのトランスポンダー16(ND16)不調の原因判明

これまで、スカパー!のトランスポンダー16(ND16)の映りが不安定だった。

ところがちょっと棚の上の模様替えをしたら少し改善した。動かした機器はホームスマートフォンの親機。そこで、さらにホームスマートフォンの親機を移動させたらND16は完全に安定した。それがこの場所。

f:id:shigeo-t:20151104032155j:plain

 現在のND16は高い受信強度で安定している。

f:id:shigeo-t:20151104032249j:plain

ホームスマートフォンの充電台付親機を、BS/CS110アンテナ線の引き込みをしているスキマケーブルに近づけてみる。

f:id:shigeo-t:20151104032442j:plain

するとこんな感じで受信強度が一気に下がる。

f:id:shigeo-t:20151104032538j:plain

ホームスマートフォンとはPanasonic VS-HSP200Sである。

機器諸元は下記の通り。

ホームスマートフォン VS-HSP200S 詳細(スペック) | ファクス/電話機 | Panasonic

一部抜粋する。 

  • 無線通信方式  1.9GHz TDMA-WB
  • 内蔵無線LAN  規格:IEEE802.11 b/g/n準拠
            伝送方式:OFDM方式、DSSS方式
            周波数範囲/チャンネル:2.4GHz~2.5GHz/1~13ch
    データ転送速度:IEEE802.11b/g/n:最大11Mbps/最大54Mbps/最大65Mbps
    アクセス方式:インフラストラクチャモード
    セキュリティ:WPA/WPA2(暗号化方式:TKIP/AES、認証方式:PSK)、WEP(64bit/128bit)

充電台付親機は、コードレス子機とは1.9GHz帯、カラーモニター子機とは2.4GHz帯で通信する。上の写真のように親機を近づけるとND16の受信強度は大きく下がる。そこで切り分けを行うことにした。

まず2.4GHzを発信している機器を近づけてみる。REX-WIFIUSB2である。

発信している状態で近づける。 全く変わらない。

f:id:shigeo-t:20151104035111j:plain

今度はコードレス子機。

f:id:shigeo-t:20151104035154j:plain

こちらも変わらない。

f:id:shigeo-t:20151104035215j:plain

しかし、子機の通話ボタンを押して親機と常時通信状態にすると、

f:id:shigeo-t:20151104035257j:plain

受信強度が落ちた。

f:id:shigeo-t:20151104035324j:plain

犯人は1.9GHz TDMA-WBだった。DECT準拠方式ってやつ。同軸ケーブルならきちんとシールドされているので、同じように近接させても影響は受けない。ところがスキマケーブルのところだけは、DECT準拠方式に対するシールドが弱いようだ。 

 模様替え以前は、このスキマケーブルと充電台付親機の距離は直線で1m程度。不安定で視聴は無理だった。最初の模様替えでは1.2mくらいに離した。たまに乱れるけど視聴可能なレベルになった。あるときふと思いついて、かっこ悪いけど一番上の写真の場所に親機を移したら完全に安定。直線で1.5mくらい。

 

ちなみに、TV裏などに通話状態の子機を当ててみたけど、特に受信強度に乱れは無し。

 

ND16問題でお悩みのみなさんも、もしかすると割と新しいコードレス電話で使われている1.9GHz TDMA-WB(DECT準拠方式)かも。それならシールドが弱い部分から、コードレス電話関係を離せば安定するはず。