いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Office 2016インストールしたった(Windows編)

MicrosoftのOffice 2016が日本時間2015年9月23日にリリースされた。

弊社はBizSparkに入っているのですぐに使える。さっそくダウンロード~インストールしてみた。

ダウンロードは2.4GB、インストールは15分ほど。

過去のOffice 2016関連(Windows分のみ)

今回はインストールまで。機能、見た目の変更点はPreview版で見てきているので、大きな変更があれば後日書く。

ダウンロードはMSDNサブスクライバーダウンロード画面から

一般ユーザではなく、BizSparkで付与されているMSDNサブスクライバーダウンロードからのダウンロードである。x86 and x64という表記が見える。Professional Plusである。

f:id:shigeo-t:20150924030458p:plain

BizSparkについては下記。

ISOファイルのダウンロードは20分くらいで完了。

f:id:shigeo-t:20150924030601p:plain

インストール

実マシンは手元に2台。ThinkPad W520はOffice 2013で使っているMicrosoftアカウントが、BizSparkで使用しているアカウントと異なるため後回し。ThinkPad X220のWindows 10とOfficeはBizSparkでダウンロードしたもの。X220でインストールしてみた。

インストール前

Office 2013がインストールされている。

f:id:shigeo-t:20150924031115p:plain

ISOファイルのサイズ 

x64のみのOffice 2013は878MB、x86x64両方に対応しているOffice 2016は2.4GB。Office 2013 x64の2倍以上に大きい。というか2.7倍。単純にx86+x64で2倍と仮定すると、2013→2016で1.4倍に増えていると考えられる。

f:id:shigeo-t:20150924031425p:plain

インストールの開始

ISOをマウントするとsetup.exeがあるので起動。OSは、autorunを動作させない設定である。

f:id:shigeo-t:20150924031745p:plain

エラーが表示される。

f:id:shigeo-t:20150924031806p:plain

x86 and x64って書いてあるのに、普通にインストールしようとするとエラーになるのはどうかと思う。autorunなら選択できるんだろうか。

でもどこかにx64版のインストーラがあるはず。officeフォルダを開いてみた。

f:id:shigeo-t:20150924032030p:plain

setup64.exeがあった。これを起動する。

f:id:shigeo-t:20150924032116p:plain

プログレスバーの伸びは均等では無く3/4のところで長く留まり、CPUが100%に貼り付き(Core i5-2520M)、ディスクI/Oも多く出ていた。これだけISOファイルが大きくても、圧縮データが多いのだろう。15分ほどで完了。

f:id:shigeo-t:20150924032437p:plain

プロダクト キーの入力

スタートボタンを押すと目立つところにWord 2016があった。Word 2016を起動すると、プロダクト キーの入力ダイアログが立ち上がる。

f:id:shigeo-t:20150924032718p:plain

MSDNサブスクライバーダウンロードで取得済みのプロダクト キーを入力。[インストール(I)]が活性化されるのでクリックして先に進める。

f:id:shigeo-t:20150924032823p:plain

[同意する(A)]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150924033104p:plain

 これで完了。

スタートメニューを確認

アカウント情報を見てみた。Office Professional Plus 2016がライセンス認証されている。

f:id:shigeo-t:20150924033217p:plain

スタートメニューを開き、「最近追加されたもの」を展開。8つある。

f:id:shigeo-t:20150924033355p:plain

Office 2013は一つのフォルダに全部格納されていたが、Office 2016は個々にアイコンが置かれている。

f:id:shigeo-t:20150924033548p:plain

f:id:shigeo-t:20150924033551p:plain

あと、Office 2013も残ってるのだが、両方起動できるんですけど。

f:id:shigeo-t:20150924033554p:plain

 

「Office 2016」リリース 非365ユーザー向けは価格据え置きの139.99ドルから - ITmedia エンタープライズによると、Office 365ユーザなら無償でダウンロードできるらしい。どのプランでもダウンロードできるんだろうか。