いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


オレの塩分摂取量は多いのか少ないのかが判明する2週間

右ひざ周りの筋肉が張ってる。階段の上り下りがキツい(挨拶)。

 

昨日自宅近くの病院に行った。先月開院だったような気がする。混んでいたら困ると思って9:00スタートのところ8:50台に行ったら、誰も待ってない。というか、オレが終わって帰るまでに一人しか来なかった。大丈夫なんだろうか。

 

市民病院では問診だけだったわけだが、胸部レントゲンと頭部のCTを連続で撮影。被曝しまくり。放射脳の言う通りなら死んでもおかしくない。

 

胸部レントゲンは一応咳が出るので胸に問題があるかどうかのチェック。問題なし。

 

CTだが、年末のCTと比べると出血の痕跡は相当小さくなっている。こちらも問題なし。

 

昨日も書いた通り血圧も問題ない。

 

ということで最大の課題はタナトリル、ナトリックスの副作用による咳。今回はわりとザックリ2つとも削ることになった。ただ、これで血圧が上がると困るので次回の通院は2週間という感じの様子見。残る降圧剤はレザルタスのみ。

f:id:shigeo-t:20140830081227p:plain

 

これで血圧が安定しつつ、咳が収まるとありがたい。てなわけで、タナトリル、ナトリックスはまだ数錠残っているけど今朝からレザルタスのみ。 ナトリウムを置換するナトリックスが無い状態で血圧が安定するかどうかがこの2週間のチェックポイント。

習慣薬箱

習慣薬箱

 
ピルケース 錠剤カッター 巾着袋・ピルケース付き (透明)