いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Amazonプライム・フォトを試してみる その2

続きである。初回はPC、Web、Androidのインストールと設定まで。

今回は、現在の状況から。

Android機はmicroSDに入っている写真がアップロードされていなかった

f:id:shigeo-t:20160124035149p:plain

タイル表示されているのでスクロールしてみたが、なんか写真が少ない。メニューを出して[端末]を選択する。

f:id:shigeo-t:20160123040544p:plain

端末内のフォルダが表示されるが、microSDのフォルダが選択されていなかった。状態としては、Twitterフォルダと同じ表示。現在はアップロードを指示したので、写真が表示されているが。縦に3点の記号をタップするとメニューがこのように出る。アップロードを選択すると手動でアップロードが始まる。

このmicroSDは確かBRAVIA Phone U1から使っているはずで、相当古い写真があると思うんだが、それがアップされていない。

f:id:shigeo-t:20160124035524p:plain

ストレージはこんな感じ

Web画面で自分の名前のところをクリックしてプルダウンすると、このようにメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20160124040528p:plain

[ストレージの管理]をクリックする。下記のようにストレージプランが表示された。まだスマホからしか写真をアップしていないため、写真は2GBしかアップされていないようだ。青いアイコンの[プランを変更する]をクリックしてみた。

f:id:shigeo-t:20160124040554p:plain[プランを変更する]をクリックすると、下記のようにストレージの価格が表示される、

f:id:shigeo-t:20160124040847p:plain

前回の名称の謎、Cloud Driveとプライムフォトやプライム・フォトが混在していることがなんとなくわかった。プライムの詳細についてはこちらをクリックしてみた。

プライム・フォトは、プライム会員向けの特典です。プライム会員であれば、これまでにAmazon Cloud Driveに保存した写真だけでなく、これからアップロードする写真を好きなだけ保存できます。

カメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存できます。また、ドキュメント、動画など写真以外のファイルの保存先として使用できる5GBの無料ストレージも使用できます。

プライム・フォトは、Amazonアカウントにログインするだけで、どの端末からでもファイルにアクセスできるサービスです。 Cloud Driveのモバイル端末用写真アプリとして、無料のAmazon Photosアプリがあり、Amazon App StoreGoogle PlayApple App Storeからダウンロードできます。Fireタブレットであれば、Cloud Driveがあらかじめインストールされています。

専用のAmazon Photos無料アプリをダウンロードすれば、自動に保存したり、写真を撮ったその場で FacebookTwitter、LINEなどで家族や友人と共有することも可能です。

写真以外は5GBなのか。「動画など写真以外のファイルの保存先として使用できる5GBの無料ストレージ」ということなので、動画は写真に含まれない。PCのほうからアップロードする前にこのヘルプ見ておいてよかった。デフォルトで全部アップする対象になってたので、あっさり5GB越えである。PCのほうからは写真中心に設定しよう。数TBあるから相当アップロードに時間が掛かるんだろうな。

名称が混在していることもこれですっきり分かる。

iOS版のインストールと設定

Android機よりも先にインストールしていたのだが、こちらのほうはWebのウィザードから送ったSMSが使えた。きちんとリンクになっている。

f:id:shigeo-t:20160124042102p:plain

開くとURL SchemeApp Storeに遷移する。

f:id:shigeo-t:20160124042529p:plain

f:id:shigeo-t:20160124042525p:plain

インストールが終わったので、アプリを開いてみる。[OK]をタップする。

f:id:shigeo-t:20160124043112p:plain

Android機はサインイン状態だったが、こちらはサインイン前。サインインする。

f:id:shigeo-t:20160124043351p:plain

【続行】をタップする。

f:id:shigeo-t:20160124043453p:plain

[OK]をタップする。

f:id:shigeo-t:20160124043559p:plain

「写真をインポート中」になる。

f:id:shigeo-t:20160124043642p:plain

PCからアップロードした分が表示された。

f:id:shigeo-t:20160124043723p:plain

左側をタップし右にスワイプするとメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20160124043918p:plain

[設定]をタップすると設定項目が表示される。Android用よりも少ない。この下はバージョンとサインアウトしかないので割愛。

f:id:shigeo-t:20160124044104p:plain

一番上の[ストレージを見る]をタップするとこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20160124044222p:plain

「自動保存はオンです」という表示になり、どんどんアップロードされ始めた。

f:id:shigeo-t:20160124044514p:plain

iPhone5cからiPhone 6sに機種変してから、朝のお散歩の写真はiPhoneで撮っているので、猫写真ばかりである。

f:id:shigeo-t:20160124044927p:plain

デスクトップにはこんなアイコンができている。

f:id:shigeo-t:20160124045333p:plain

まだ続く

まだ全部触り切れていないので、残りは次回に。↓も使えるんだろうか。

アップル Lightning - SDカードカメラリーダー MD822ZM/A

アップル Lightning - SDカードカメラリーダー MD822ZM/A

 
アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A

アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A