いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


【小ネタ】左利きだけど

ネタ切れである。五月病である(違う)。毎日書いていると時間の制約上こういうこともある。時間があれば書けるネタはあったりもするが。

 

そのため数年ぶりにはてブのトップから見て行って、なにか軽いネタは無いかと探してみた。

b.hatena.ne.jp

 

かなりスクロールして目に留まったのはコレ。

slib.net

 

ブコメを読んで先入観を持ってしまったら何も書けないかもしれないので、まず本文を読む。

「2.火の使用」を読んで驚いた。

筆者は左利きだが、火を扱うのに左手を使うと、熱が早めに身体に回り、体調が悪くなる事を発見している。例えば手で火をつけ、持ったまま楽しむ花火を扱う場合、左手でなく右手を使いがちである。また洋服にアイロンをかける際、左手を使うと、早めに熱が上半身に回り、疲れやすい。他方、右手にアイロンを持ち替えると、作業が途端に楽になり、長続きするのである。

 

えええ?オレも左利きだけどそんなこと感じたことない。ガンガン左手使ってる。というか、よほど制約条件が無い限り、刃物と火は左でしか扱わないことにしている。危ないからな。

 

そして最後で吹いたww

7.IT革命

なおこの文脈で注目すべきは、20世紀末からのIT革命だろう。手書きではなく直接PC等に、規格化されたキーボードで入力する習慣が広まったが、これは字が下手になりがちな左利きにとり、一種の救いである。

キーボードを使うのがIT革命だったのかw

日本語は別として、欧米系の言語ではコンピュータが普及する以前からタイプライターが発達、普及していたんだけど。