いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Android-x86 4.4RC1をインストール(VMware編)

朝からもふり三昧(挨拶)。結構毛だらけ。

数日振りのもふもふ(*'▽') ... ... ... ... - id:shigeo-t - shigeo-t - はてなハイク

今朝のもふもふ(´∇`) ... ... ... - id:shigeo-t - shigeo-t - はてなハイク

 

そろそろWindows XPがなんちゃらというアクセスは減ってきたような気がする。このエントリは、題名から【Windows XPサポート終了対策】を外しておく。

Android-x86の4.4RC1がすでにに出ていたんだが、タイミング悪く前回(2014/02/04)エントリ【Windows XPサポート終了対策】PCへのAndroid-x86のインストール直後だったようで、まだ試していなかった。まずは動作確認でVMware Playerに入れてみる。

■関連エントリ

 

まずはISOファイルのダウンロードから。

Android-x86のダウンロードページ】

ISOファイルのダウンロードが終わったら、VMware Playerを起動しインストールしていく。

f:id:shigeo-t:20140518085520p:plain

ISOファイルを選択する。FreeBSDに誤検出される。

f:id:shigeo-t:20140518085724p:plain

仮想マシン名(V): がFreeBSDになっているので、それでよければそのままだが一応直しておいたほうが後々のため。

f:id:shigeo-t:20140518085903p:plain

修正する項目はないので、[次へ(N) >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518090020p:plain

そのままでよいので、[完了]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518090054p:plain

そのままISOからブートされ、Live CDかインストールかを選択する画面になる。今回はInstallationを選択。

f:id:shigeo-t:20140518090406p:plain

Create/Modify partitionsを選択し< OK >をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518090532p:plain

cfdisk画面になったら、下記の順で操作。[→][←][Enter]で操作可能。

  1. [New]で[Enter]キー
  2. [Primary]で[Enter]キー
  3. 21467.98KBをなんちゃらという表示になるので[Enter]キー
  4. [Bootable]で[Enter]キー
  5. [Maxsize]で[Enter]キー
  6. [Write]で[Enter]キー
  7. yes or no と聞かれるので yes と入れて[Enter]キー
  8. 下記画面になるので[Quit]で[Enter]キー

f:id:shigeo-t:20140518091015p:plain

このまま< OK >

f:id:shigeo-t:20140518091046p:plain

sda1はext3にする。

f:id:shigeo-t:20140518091117p:plain

< Yes >[Enter]キー。

f:id:shigeo-t:20140518091152p:plain

GRUBは無いと困ると思うので、< Yes >にして[Enter]キー。

f:id:shigeo-t:20140518091241p:plain

Yes >[Enter]キー。

f:id:shigeo-t:20140518091316p:plain

インストールはすぐ終わる(このThinkPad W520はSSDだし)。

f:id:shigeo-t:20140518091409p:plain

ここはRebootを選んだ方が成功率が高いと思う。

f:id:shigeo-t:20140518091449p:plain

最初のGRUB選択画面は一番上を選ぶか、放っておけば一番上で起動。画面サイズの設定方法はこのエントリ最後に書いている。設定の段階ではデフォルトで十分。

f:id:shigeo-t:20140518091701p:plain

f:id:shigeo-t:20140518091711p:plain

言語の選択だが、English(United States)からスクロール([ ↑ ],[ ↓ ]キー)していく。きちんと数えていないが体感としては[ ↑ ]キーのほうが早く日本語に辿り着くような気が。

f:id:shigeo-t:20140518091908p:plain

日本語までスクロールできたら、▶ボタンをクリック。マウスが使えるはず。

f:id:shigeo-t:20140518091957p:plain

f:id:shigeo-t:20140518092013p:plain

これまでとここの画面が変わった。VMwareで動かす時はすかさず[Skip]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518092105p:plain

なんか活きてるネットワークがセットアップに必要だよ(意訳)って言われるが、VMwareの場合は大丈夫なので[Skip anyway]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518092335p:plain

Googleアカウントを聞かれる。まあAndroid-x86を入れる人はここまで一度もAndroidGmailChromeを触ったことが無い人はいないはずなので、なんか手持ちのGoogleアカウントを入れる方がラク。ここで作るのは面倒なので準備しておいた方がいい。

f:id:shigeo-t:20140518092528p:plain

Googleアカウントとパスワードを入れて▶をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518092600p:plain

[OK]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518092620p:plain

f:id:shigeo-t:20140518092627p:plain

Google+へのアップグレード」という画面になる。後でもいいんじゃないの?(投げやり)。だってオレ、実名でアカウント作ってGoogle+開設したらGoogle様から「そんな奴はいない」ってメールが来て、某ITmediaに原稿料貰って実名で書いた記事のURLを「ほら実在するじゃん」と送ったのに結局Google+使えなくなったもん。あれはデキの悪いbotの処理だなw。Googleのくせに。

f:id:shigeo-t:20140518093037p:plain

まずは▼でスクロール。同意できるのであれば▶で先に進める。

f:id:shigeo-t:20140518093123p:plain

f:id:shigeo-t:20140518093136p:plain

タブレットの所有者の設定画面。Googleアカウントからデフォルトを引っ張っている。変更したければここで変更だが、まだ日本語入力は動かないと思うので注意。

f:id:shigeo-t:20140518093349p:plain

ようこそ!画面になる。[OK]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518093445p:plain

ここも[OK]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518093513p:plain

これでAndroid-x86が起動される。

f:id:shigeo-t:20140518093612p:plain

最初にやっておくのはスクリーンセーバーの抑止。「Settigs」アイコンを長押ししてデスクトップに出す。

f:id:shigeo-t:20140518093728p:plain

Settingsをクリックする。f:id:shigeo-t:20140518093825p:plain

「Display」をクリック。

f:id:shigeo-t:20140518093914p:plain

Sleepをクリックする。

f:id:shigeo-t:20140518094346p:plain

10 minutesになっているので、Never time outをクリックする。

f:id:shigeo-t:20140518094326p:plain

あとはネットワークが使えるかを確認。セットアップの段階で、Googleアカウントによるログインができているので問題ないはず。Google Playを起動してみればPlayストアの情報がネットワークアクセスで読み込まれるのでネットワークの導通状態がわかる。このまま使いたいアプリをインストールしていく。

f:id:shigeo-t:20140518094644p:plain

 

今回のインストールでは下記の通り。本来は実PCに入れるものなので、PC上で仮想化で使いたい人には不具合かも。文句あるならGenymotionでも使えば~?(投げやり)

  • 音は出ない(まだ色々やってみてはいない)
  • LINEもインストールできたよ。

 

解像度の設定は次の通り。デフォルトは800x600?の小さい画面。GRUBの画面で、起動するOSにカーソルを合わせすばやく[a]を押す。カーネルパラメタが追加できるのでスペースを入れてvga=xxxを入れてEnterを押す。あ、キーボードが101で認識されているので"="は”へ”のキー。1024x768であれば791。 

Android on x86: An Introduction to Optimizing for Intel® Architecture

Android on x86: An Introduction to Optimizing for Intel® Architecture

 
はじめてのAndroid開発環境構築

はじめてのAndroid開発環境構築