いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Android-x86を試してみる(ThinkPad X200編)

地震、気付かなかった(挨拶)。

 

Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップの設定が難しくて、なかなかAndroid-x86を実PCで試すところまでいかなかった。その割にはiPhone5cを電子レンジに入れる余裕はあったりしたが。

 

結果から言うと、VMware Player上でAndroid-x86を動かしたときよりもいい感じ。すでに関連エントリ3つを修正したが、RD ClientからRD RemoteAppを直接起動できるようになったし。

 

今PCは2台しか持ってないので、ThinkPad X200のほうで試すことにした。2台ともSSDに換装したので換装前HDDが余っている。

DSC06837 

まずバッテリを外す。

DSC06839 

ThinkPadの利点の一つ。実にメンテナンス性がいい。ディスクを取り出すのはこのネジ一つ外せばいい。

DSC06841 

SSDを引っ張り出す。実はX200のほうがW520よりもいいSSDが入っている。同じIntel 520シリーズだけど、X200は480GBでW520は240GB。同じ480GB入れたかったけど、ヨドバシ横浜に買いに行った時に在庫切れだった。

DSC06843 

DSC06845 

ディスク用トレーの両側のゴムカバーを外し、4か所のビスを外すとSSDが外れる。間違えないように同じ向きにHDDを置く。

外した時の逆手順でHDDを取り付ける。

DSC06847DSC06849 

DSC06851 

 

インストールはDVDブートで行う。ダウンロードしたISOファイルをDVD-Rに焼いてある。ThinkPad W520のWindows 8で作ったが、昔と違って「ディスク イメージの書き込み」機能が標準であるので、WindowsにISOファイル→光学ディスク焼き付けが簡単。どのソフトだと失敗が少ないかとか悩む必要なく、ISOファイルを右クリックするとメニューが出てすぐに書き込みできる。Android-x86のファイルサイズは200MB強なのでCD-Rで十分だが、在庫切れだったのでDVD-Rになっている。

DSC06853 

電源入れてすぐにThinkVantageの青ボタン、F12の順で押すとBoot Menuが出る。USB CDを選ぶ。

DSC06855 

起動するとインストールメニューが出る。一番下のインストールを選ぶ。

DSC06858 

この後のインストール手順は【Windows XPサポート終了対策】Android-x86を試してみる(VMware編)と同じなので詳細割愛。

SSDに換装したときに抜いたままのHDDを使って、一番目のパーティションext3にしてインストールしたら、インストール直後は動くがリブートができない。ブート時OSイメージが無いとか言われる。そこで一度HDDを抜いて、ThinkPad W520にUSB接続し(USB-SATA変換器持ってる)、パーティションを全部消してからやり直したら問題解消。ThinkPad X200の場合、HDDに3パーティション持たせていて、2番目がCドライブ。MBR(マスターブートレコード)の都合で3パーティションだと狂ってしまったらしい。

 

実PCでAndroid-x86を動かすと、きちんとWiFiNICWiFiとして認識する。GbENICのほうも使える。Android-x86のバージョン4.3では日本語109キーボードがデバイスリストに無いので101キーボードとして設定されてしまうのが難点。101キーボードと109キーボードでは記号のキーアサインが違う。よく使う記号だと、@が[Shift]+[2]とか:が[Shift]+[;]とか、=が[^]とか。

あと、VMware PlayerでAndroid-x86を動かすと、GRUBvga=791とかvga=794とか指定しないと解像度が低い。でも実PCだとハードウェアスペック上限に自動設定されるのでラク。

リモートデスクトップ以外の動作では、TwitterクライアントでGoogle日本語入力が立ち上がらないくらいで、他のアプリでは特に問題ない。まだOSそのものはちょい不安定かも。

DSC06922DSC06924 

 

Playストアに接続してMicrosoft Remote Desktop(RD Client)をインストールする。RDS側で作成したRemoteApp公開の定義を、レジストリエディタでFQDN名で指定されている部分をIPアドレスに修正。参照先DNSが違うマシンでもIPアドレスでアクセスできるようになる。以前のエントリでAndroidだとうまくいかないと書いたやつ、複数の定義があり修正漏れがあった。Android/iOS用とPC用で違う定義を見ているようで、漏れなく修正したところRD Clilentから直接アクセスできるようになった。

remoteapp2 

「Remote Resources」にRD WebのURLを設定すると、RemoteAppで公開されているアプリのアイコンが表示される。上に書いたようにFQDN名問題は解消したのでサクっとつながる。オレオレ証明書の確認とか色々出るが割愛。

DSC06919 

接続が終わったらMS-IMEのプロパティを開き、半角カナを変換候補に加えるように修正。

DSC06909 

前に試した時は文字化けしていた半角カナ変換 、ThinkPad X200+Android-86では直接MS-IMEが使えるので文字化け無し。VMware PlayerでAndroid-x86を動かした時や、ThinkPad TabletでやったときはAndroid側の日本語入力が動いたんだが、なんで実PCでAndroid-x86だとMS-IMEで変換できるんだろう。もうちょっと追ってみる。まあ、問題ないのはいいこと(2013/11/09補足:物理キーボードがあるとMS-IMEを使う)。

DSC06900DSC06903 

リモートデスクトップにつないで解像度をチェック。ThinkPad X200の物理的な解像度は1280x800。リモートデスクトップだと1368x804。なんでだ?

DSC06905 

 

101キーボードの件とか色々あるが実PCだとなんか使えそうな気がしてきた。キーボードの件は【Windows XPサポート終了対策】キーボード誤認識対策 にて対策した。

なお、Android-x86で企業内ネットワークにつなぐことを想定した実験はAndroidでプロキシ設定 で実施している。

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 480GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW480A310

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 480GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW480A310