いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


もう30日は来ない

いつかはこうなることは分かっていた。

 

いつ作ったのか忘れたが、手元のOMCカードがある。ローソンがダイエー傘下だったとき、ローソンでの支払いはカードでいいよということだったので作ったのだった。どんな時でも、オレの行動原理が「めんどくさい」であるということがよく分かるw

  OMCカード - Wikipedia

旧・株式会社オーエムシーカード時代から発行されていたカードであり、その原点は1978年にダイエーのハウスカードとして発行開始された「ダイエーメンバーズカード」である。1983年には「オレンジメンバーズカード」と改称され、頭文字を取った「OMC」(Orange Member's Card)が通称となっていた。

ローソンがダイエー傘下から外れたあとは、しばらく死蔵していた。コンビニのほうはおサイフケータイで支払えるようになったし。しばらくして引越によってダイエーが徒歩圏内になったので、ほぼダイエーだけで使用するカードに復活。

 

ダイエーだけで使う理由はこちら(2016/03/07リンク先変更:OMCカードが対象から抜けている)。

http://www.daiei.co.jp/topics/kansyaday/images/kansyaday.jpg

毎週日曜日、5%OFF。20日30日も5%OFF。

f:id:shigeo-t:20160218033056p:plain

実は売場によっては木曜日も5%OFFである。そして5%OFFだけじゃなく、ポイントも溜まる。そして引用したバナーにあるように2月28日(日)でOMCカードご優待デーは終了。うるう年とは言え今月は2月。30日は来ない。

 

OMCカードは元々ダイエー系だったカードであるが、ダイエーは現在イオングループだし、OMCカードの発行元であるセディナダイエー系ではなくなっている。

  セディナ - Wikipedia

ダイエーの経営再建に関連し、ダイエーの有利子負債の圧縮のため、他のクレジットカード会社等へ売却されるのではないかという憶測が広がっていた中、2007年7月に三井住友フィナンシャルグループとの提携が発表され、ダイエーの保有していたオーエムシーカード株が三井住友銀行に売却された結果、2008年2月にダイエーは親会社ではなくなった。

 

イオンにはイオンカードはあるし、WAONもやっている。すでに系列関係が無くなったOMCカードが優待の対象であることは謎だった。

  セディナ - Wikipedia

ダイエーでのご優待デーの特典やハートポイントサービスは「OMCカード」や当社が発行・提携しているカードで券面にOMCロゴが入ったカードが対象であり、「セディナカード(セディナゴールドカード・クラシック・ファースト・Jiyu!da!・パス・SMBC JCB CARDはOMCロゴ入りのため特典対象)」「セディナクオークカード」「セディナCFカード」では受けられない。なお、この特典は2014年5月30日より、イオンやイオンスーパーセンターで開催されている「お客様感謝デー」開催時でも同様の特典が受けられるようになった。

イオン系でも優待があったのか。行かないから知らなかったけど。これも終了なんだろうか。早速ぐぐったら、やってたけど同じく2月末日で終了である。

イオン各店舗での5%割引サービスは、2016年2月末日をもちまして、終了となります。

イオンが好きになる本―もう化学は、つらくない! (ブルーバックス)

イオンが好きになる本―もう化学は、つらくない! (ブルーバックス)

 

 今回の措置で、イオンはますます嫌いにww

 

というわけなのだが、イオンカードを作る気はないが、5%OFFは維持したいし、どうしたものか。OMCカードはいよいよ使い道が無くなったので退会予定。いいシステムを持っていたんだけど。これがあるから使用先をダイエー系列だけに絞っていたし、小銭用の財布に雑に入れておけた。

  セディナ - Wikipedia

 オーエムシーカードでは「ファルコンTM」という名称の不正利用検知システムを国内のカード業界で初めて導入した。


これはいわゆる人工知能を応用したもので、まずカード利用者の通常の利用パターンを学習し、次に店舗側から与信照会のあった商品の利用額や購入物品・購入店などの内容に関する分析を行ない、それが通常の利用パターンとどれだけ離れているかを0~999点の得点で表すシステムである。この点数が高いほど不正な利用である確率が高いと見なされ、店舗側には確認のための連絡が入り、本人確認が電話によってカード会社と直接行われる場合がある。不正利用検知に使われるアルゴリズムなどは部外者による悪用を避けるため、非公開とされている。

買い物に行くスーパーはダイエーだけじゃないんだけど、ダイエーの方が5%OFFじゃなくても他のスーパーよりも圧倒的に安いものがある。来月からはそれを買いに行くと、自動的にイオンカードの5%OFFを見ることになってムカつくということになる。どうしたものか。

 

 2016/0307追記

ドキュメント ダイエー落城

ドキュメント ダイエー落城

 
ダイエーを私に売ってください。

ダイエーを私に売ってください。