いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


REX-WIFIUSB2-BK買ったった その5

今朝は起きた時の血圧は普通だったのに、着替えて散歩に出ようと思ったら上昇。イエローゾーンに入ったので散歩は中止。やはり前日の食べ物とか水分摂取量の問題なのかな。昨日は昼は外食だし、出歩いている間はあまり水分取れなかった(挨拶)。

 

■バックナンバーは下記

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その1 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その2 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その3 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その4 - 自営(文筆業)にっき

 

さてREX-WIFIUSB2だが、昨日出歩いている間、ずーと電源ONにして使ってみてバッテリの持ちを調べた。昨日の電源ON時間はおおよそ12:00~21:30。

使い方だが、出歩いている間の外部との接続はHWD14。接続図としては下図の感じ。バカみたいな接続図だがまあ実験なので。

f:id:shigeo-t:20140206095940p:plain

 

 ずっと電源ONしてはいたが、ルーターとしての稼働時間はトータル4時間程度。行先の大学では、図には無いがよその研究室設置の無線LANルータを上位につないだりしていた。よその研究室の無線LANルータが上の図の赤い部分に代わる感じ。有線LANは使わなかった。

 

また、大学についてiPhone5cを見たらバッテリー残量が75%だったので、REX-WIFIUSB2に接続し100%充電完になるまで充電を行った。

 

詳細のバッテリー残量を知る方法は無いようだが(その3その4で使ったWebの設定画面を一通り見た限り無かった)、電源ON中に電源ボタンをクリックすると残量を4つのLEDで通知する。

満充電したので12時時点では残量4、15時過ぎに大学に着いたところで残量は3。iPhone5cの充電を始めた時点も残量3、iPhone5cの充電を終えた時点では残量2、帰宅を開始した18:30以降では残量1。帰りの移動中はずっとWebアクセスしていたが、21:30に電源を落とすところまで残量1。

f:id:shigeo-t:20140205212453j:plain

 

そういうわけで、REX-WIFIUSB2のバッテリーは相当使える。カタログスペックで5,200mAhあるし。

こないだ思いついたのだが、停電が多い(地震とか台風とかの災害で停電)地域は家の無線LANルータもこのREX-WIFIUSB2にしておけばいいんじゃないだろうか?停電により家まで来ている有線のインターネット接続が切断されていても、スマホとかはこのREX-WIFIUSB2で充電できる。スマホ満充電1回分くらいは使えそうなので、通信手段の確保に役立つ。今のところ分からないのは、このREX-WIFIUSB2をAC100V通電したままにした場合のバッテリーの劣化度合い。あまり劣化しないようだったら、防災対策としてかなり使える。

ユーザーズマニュアルには、常時AC100V通電した時の注意事項について特に記載が無い。

 f:id:shigeo-t:20140206105128p:plain

バッテリ交換できないのは残念。一般的にUPS用バッテリーの場合、通常品で1∼ 3年、長寿命品では2∼5年なのでそれを目安にする感じかな?REX-WIFIUSB2は8,000円くらいの機器なので3~5年持ってくれれば十分。バッテリが死んでも液漏れが無ければ、無線LANルータとしては使い続けられる。

 

ちなみにずーと電源ONだったHWD14は全くバッテリーの残量表記が減らなかった。HWD14もモバイルバッテリーとして使う機能があるので、次はこちらを試してみる。

■バックナンバーは下記

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その1 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その2 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その3 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その4 - 自営(文筆業)にっき