いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


REX-WIFIUSB2-BK買ったった その1

降圧剤効きすぎなんじゃないのか、たまにフラフラする(挨拶)。

 

こないだ面白そうな機器を見つけたので買ってみた。

4つの機能を1台に集約した超実用的なWiFi接続USBリーダー

 

正式な型名はREX-WIFIUSB2-BK。RATOC社製。パッケージの表面には4つの機能が書いてある。

 

内容物はこの3つ。本体、USB-microSD変換アダプタ、セットアップガイド。

 

モバイルバッテリー機能を持っているだけに、持った感じは重い。そういうわけで測ってみた。約200g。

 

裏面、側面、上面。裏面には諸元が貼ってある。側面には各ポート類。この逆面は省略したがAC100V用のプラグ(折りたたみ格納式)がある。そして上面には電源スイッチとランプ類と、AC100V用のプラグも見える。

 

セットアップガイドの表裏はこんな感じ。

 

最後はUSB-microSD変換アダプタ。USBのコネクタにはカバーが掛かっている。

 

この機器は最初4時間充電しろということなので、4時間充電した。

 

電源を入れてみた。セットアップガイドにはWindowsからのアクセス方法が書かれていない。というわけで、ThinkPad X200 Windows Vista Business 64bitからアクセスしてみる。

まず、アクセスポイント検索をする。そうすると、WIFIUSB2-なんちゃらが見つかる。

 

クリックするとネットワークキーを入れるダイアログが出る。

 

デフォルトの11111111を入力して[接続]を押すと、接続される。このLenovoAccess Connectionsの仕様でロケーション登録が続いて行われる。

 

REX-WIFIUSB2とThinkPad X200は問題なく接続できているので、REX-WIFIUSB2にLANケーブルを刺してインターネットアクセスしてみる。問題ない。少し時間を置いても切れることはない。

 

ということで今日はここまで。Windowsからは設定をいじれない。iOSAndroidに専用のアプリを入れる必要がある。

次回以降、iOSAndroidから操作して設定変更などをやってみたりする。面白そうだなと思った機能はこれから。

■続きは下記

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その2 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その3 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その4 - 自営(文筆業)にっき

REX-WIFIUSB2-BK買ったった その5 - 自営(文筆業)にっき