いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


オールアースwwwww

このツイート経由で知ったオールアース住宅。

http://4.bp.blogspot.com/-XpWLQ0zHp9U/VufYPb-vKoI/AAAAAAAA420/tpEMm5p25vkIH5jh7KnmGqsdblHSlGHyA/s800/denjiha.png

 

電磁波と健康については総務省がまとめており、WHOのファクトシートへのリンクもある。 

  総務省 電波利用ホームページ | 周知・情報

情報量の多いページだが、繰り返し出てくる表現はこれ。

 Q.7 基準値を超えない強さの電波でも、長期間浴び続けた場合には、健康へ悪影響が生じるのではないでしょうか?
A.7 熱作用を生じない強さの電波でもがんが発生するなど、健康への悪影響を示唆する報告があります。しかしながら、それらは別の研究者らによる再現実験等で再現されておらず、科学的に確立した証拠としては認められていません。WHOも、現在の国際ガイドラインの値を超えない強さの電波により健康に悪影響を示すという明確な証拠はないという見解を示しています。 

 

個人差はあると思うが、一般には国際ガイドラインの値を超えない電波/電磁波で健康被害はほぼ無いのだろうと思う。

ポイントは量や数値の問題である。福島への風評被害でもそうだし、豊洲の問題でもそうだが、この手の騒ぎを起こす人たちの最大の問題は、「量」「数値」の問題であることを理解できないこと/「量」「数値」の問題を情緒にすり替えることである。

 

そこにこのオールアース住宅である。

今まで知らなかったが、トップページには「オールアース住宅施工 累計2000棟 2016年5月現在」の文字がある。まあ、自分の家を建てるにあたりどう予算配分するかはどうでもいい。国際ガイドラインの値を超えるなら対策も必要かも。それで安心なら好きにすればいいんじゃねーの。まあ、家の中では電磁波防げ、電車は安全ですとかすごくおかしな話ではある。

 

ただ、ウソで商売するのはいかん。アース工事さえしてもらえればいいというご都合主義である。

 

FAQの「土地について」を見てみる。ちなみにオレは小学校6年生時にアマチュア無線電話級(当時)の免許を取得している。というわけで、小学生でも勉強すればわかる範囲の話である。なお、コールサインは失効したままであるw。何時間も無言でいてもなんともない人間に、知らん人と会話したりするアマチュア無線は合わないのだったww

1) 検討している土地から8,5mの公道を挟んで大きい電波アンテナがあるお宅がありました。このようなお宅の近くは電磁波はどうなのでしょうか?また、小学校が高圧線から100m離れていないので子供が心配です。

回答の一部引用はこれ。あと、ピリオドとカンマを使い分けできないのは、小学3年生以降の勉強不足だと思う。

写真を拝見したところ、アマチュア無線のアンテナかと思います。この電波は360MHz~500MHzの間の周波数帯で、特に身体への影響については心配しなくて大丈夫です。高圧線は低周波ですから、このくらい近いとちょっと心配ですが、高周波については問題ありません。小学校の付近の高圧線についても、100m離れていれば大丈夫です。

写真が無いのでなんとも言えないが、市中の一般家屋の屋根や庭に立っている大きいアンテナはたいていアマチュア無線である。そして、そのアンテナは長波~短波(ここがポイント)である。そして、アマチュア無線に割り当てられた周波数帯は下記の通りである。

  アマチュア無線の周波数帯 - Wikipedia

見るとわかるように、360MHz~500MHzの間の周波数帯で、そんな広い幅では割り当てられていない。この中では該当するのは430MHzのみ。そして430MHzはUHF帯(極超短波)である。

 

アマチュア無線の場合、許可されている範囲で色々チャレンジする人がいるので一概には言えないが、一般には430MHz帯はハンディ機で使用する。UHF帯ということは今の地デジで使用する周波数の電波である。そのため、屋外に大きなアンテナを立てても地デジアンテナ程度で、目立つような大きなアンテナにはならない。

素子数を増やして長くしたアンテナを使っても、アンテナの幅は地デジ用UHFアンテナと大きさは大差ないので、普通の人が見ても「地デジ用UHFアンテナかなあ」である。ふつうはこういうロッドアンテナを使う。

 

ちなみに地デジの場合は470.357857MHz~709.927857MHzである。430MHz帯で八木アンテナの例はGoogle画像検索で。一般の人が「あの大きいアンテナは何」と思うような大きいアンテナは無い。

  430MHz アンテナ 八木 - Google 検索

 

そしてアマチュア無線の大きいアンテナは上にも書いた通り多くは長波~短波。例えばこの個人の方のページである。

 http://jsc-iso.up.n.seesaa.net/jsc-iso/image/HIR_0040-thumbnail2.JPG?d=a1

 

電磁波の健康被害を考えるなら、健康被害を煽るような変な本やサイトを読んだりするより、上で紹介した総務省 電波利用ホームページ | 周知・情報や、その先にリンクされているWHOのファクトシート(和訳もある)を読んでから考えたほうがいい。

 

オールアースのFAQのページでは内容がいい加減なので、また突っ込むかも。予告としては次はこのページあたり。回答の最初の一行からウソ書いてるw

 

これについては実験済である。