いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


眠り方

今週のお題「眠れないときにすること」

 

会社員時代は帰りが遅くても朝はいつも通りということも多かったが、疲れて眠いのに神経が高ぶって眠れないことも多かった。怒りや心配ごとがあると確かに眠れない。さすがに徹夜とかだと眠るというより気を失うレベルで寝てるけど、それだと身が持たない。

sleep

 

そこで編み出したのが架空の話を作ること。自分が主役で、現実とは全く異なる人間関係・舞台背景でほどほどに活躍する話を作っていく。しかも続き物。なので週刊マンガ雑誌に載ってる長編マンガ的な話の展開、設定である。毎日毎日前日寝たところから続きを作る。

 

すぐに寝てしまう日もあるので無理に考える必要はないけど、大体何かしらあるので寝ようと思ったらこの話を考え始める。これによって現実社会における怒りや心配事が頭から追い出されてすっと眠れる。失敗する日も月1回くらいあるけど。

 

内容や分野は恥ずかしいから書かないけど、時代は現代。つまりオレが生きてきた時代。そしていくつかのマンガをミックスして話のベースを作り、そこに自分が主役として参加しそこそこ活躍する。参加しているオレはほぼ名前と身体的特徴しか同じじゃない。

ポイントは自分が活躍する話よりも「なんでそういう展開なのか」の部分をどんどん派生させて話を考えていくところ。いくつかのマンガをミックスして話のベースを作っているけど、元のマンガでも語られていないところ、登場人物やその設定が足りないところがある。そこを作りこんでいくと面白いし考えることが多いので現実の些事を頭から追い出すことができる。

 

あと、身も蓋もないけどちょっと酒飲んでる。会社員時代は外で飲んでくることもあったので家で飲まない日もあったけど、今は家飲みである。いや、あまり飲まない人から見ると「ちょっとか?」という量かもしれない。

 

昔はバーボンストレート+チェイサーが主だった。ヘンリーマッケンナが好きだったのだが、輸入元が変わったのかな、近隣の店で手に入りにくくなったのでジムビームになった。ボトルはこんな感じでラベルは直ペイント。貼ってない。

 

あと、自宅で食事することが多くなったので食中酒はワイン。昔は白が多かったのだが、この2年くらい赤にしてる。現在の主力はダンシングフレイム カベルネ ソーヴィニヨン。安い。うまい。

近くのスーパーで通常税別398円、月2回くらい週末2割引き。Amazonより安い。

 

どの程度の頻度で飲んでいるかと言えば、今年の飲んでいない日は3日だけ。ワクチン接種関係である。接種1回目は接種日当日だけ禁酒、接種2回目は接種日前日当日と2日連続で禁酒である。これで血液検査しても異常なしなので肝臓には恵まれている。

 

ここからは完全に余談。

酒は無くても眠れる。2000年後半から2001年年末まで完全に断酒してた時、上記の寝る前に考える話で眠れていたので実証済。2000年後半から2001年年末までの断酒の理由は体壊したとか酒で何か失敗したとかではない。あるショックなできごとがあり、それとは全く関係ない酒を断っただけ。2001年末はビッグな受注案件があり、祝いで飲み始めてしまい今に至る。

禁煙は2000年のゴールデンウイークに自宅帰省した日に車からタバコを降ろすのが面倒になってやめてそのまま。その時吸いかけの箱も残り3本くらいなので買った未開封の箱もそのまま。タバコは吸うのが面倒な世の中になったので前世紀に突然やめてそのままなのだが、酒は飲むのが入手以外は面倒ではないので飲んでる。タバコの場合吸う場所に行く、自宅などでは吸い殻の片づけ、変なタバコばかり吸ってたので買うのが面倒。本当に面倒になってやめた。

一人で飲むのが好きなので飲酒は面倒ではない。入手とパッケージの廃棄だけ。でもコロナ禍の昨今、誰かと飲みたい、どこかの店で飲みたい人は禁酒のチャンスじゃないだろうか。道端とかで飲んでる場合じゃないよ。