いろいろやってみるにっき

てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


安いサングラス買ってみた

このところしばらくサングラスは買っていなかったのだが、壊れてしまったので1本買おうと思っていた。

 

別の壊れたものを買い替える時に「そうだ、サングラスも」と思い出しポチってみた。

 

今までのサングラスはオークリー2本、Ray-Ban1本、adidas1本である。そうか6年ぶりか。

shigeo-t.hatenablog.com

shigeo-t.hatenablog.com

 

Ray-Banは実家から回収してきてしばらく収蔵していたのだが、オークリーの赤のレンズがダメになってきて、ここのところRay-Banを使ってた。そしてある日朝の散歩から帰ってきて、外そうと思ったら割れてしまった。もともとクラックは入ってたがこんな感じで壊れるとは。

f:id:shigeo-t:20200923093522j:plain

f:id:shigeo-t:20200923093524j:plain

 

オークリーはどうダメなのかというと、レンズの汚れが落ちない。水洗いしても落ちず、中性洗剤でも落ちず。朝の散歩の時はほとんど頭の上に乗っていて、どうしてもまぶしい時だけ掛けるという使い方なので、汗や髪の毛のせいかと思ってた。

f:id:shigeo-t:20200923093705j:plain

ところが運転の時にしか掛けてなかった白フレームのほうもダメになっている。汚れというより剥離という感じもする。運転の時には明るい時間帯はだいたい掛けていて、暗いトンネルとか夜間は頭の上という使い方。ほぼ毎朝の朝の散歩に使っている赤フレームよりも使用頻度が低いのに、なんか大変なことになっている。掛けてみると視線を遮る部分の荒れは少ないので赤フレームよりはマシなのだが。

f:id:shigeo-t:20200923094643j:plain

オークリーは替えレンズもあるようなのだが、正しいものを買わないと無駄金になってしまうので、確証を持てたら購入予定。

 

adidasは朝の散歩や運転の時には使いにくいので、あまり使われていない。問題は全く発生していない。こないだ使ったのはこの時。

shigeo-t.hatenablog.com

 

ということでサングラスが必要になったわけだが、朝の散歩をメインで考えるならカチューシャ代わりに頭の上に乗っている時間が圧倒的に多いので、高いやつじゃなくてもいいかと。もちろん、テンプルが長いものがいいのだがあまりないようなのでそこは終端がまっすぐならOKとした。今回のは1,850円とお安い。

もちろん、購入前にこちらのレビューを参考にした。値段なりなら問題ない。


Amazonから届いた時、ケースがそのままで入っていた。手持ちのサングラスケースよりもかなり大きい。

f:id:shigeo-t:20200923095000j:plain

f:id:shigeo-t:20200923095001j:plain

ケースにフックも付いている。

f:id:shigeo-t:20200923095530j:plain

開けてみる。

f:id:shigeo-t:20200923095638j:plain

出してみた。ケースが大きいのは本体+レンズ以外に4枚レンズが付いているから。

f:id:shigeo-t:20200923095713j:plain

f:id:shigeo-t:20200923095726j:plain

 

レンズにはフィルム状のものが貼られている。

f:id:shigeo-t:20200923095851j:plain

剥がした。

f:id:shigeo-t:20200923095946j:plain

テンプルの終端は曲がっていない。

f:id:shigeo-t:20200923100027j:plain

adidasと比べてみた。まあいいでしょう。

f:id:shigeo-t:20200923100125j:plain

TESTって書かれている紙を普通に撮影するとこうなのだが、

f:id:shigeo-t:20200923100247j:plain

偏光レンズ越しだと魚が見える。

f:id:shigeo-t:20200923100346j:plain

 

中に入っている紙はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20200923100203j:plain

レンズ交換の動画はコレ。


lenskoukan201904

 

偏光レンズは温存することにして、とりあえず一番濃いレンズに交換した。これから冬至に向かって朝の日の出がどんどん遅くなるので、それに合わせてどんどん薄い色のレンズに交換していき、次のお彼岸までにこの濃さに戻す予定の彼岸の今日。

 

今、車を持っていないので運転する機会はほぼないが、運転する時は偏光レンズを試してみる。