いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


愛車遍歴 ―その1―

自分の車についてもボチボチ書いていく。

 

 

今回は2台。最初の車と2台目について。

  

大学3年の時に兄の友人から7万円で5代目コロナ2000GTハードトップのシルバーが最初。

大学3年次に2年次までの札幌から神奈川県某所に校舎が変わり、兄が同居しようというので横浜に。学校遠かったw。なお、2歳上の兄は新卒で都内某所に通勤。そっちも遠かったはず。

ある日兄と雑談してたら、兄の友人が車を売りたがっているという。当時兄は免許なし。で、オレが格安で譲ってもらった。この車は大学に行くときとかに乗ってた。

f:id:shigeo-t:20200212144117p:plain

色は違うけどこんなデザインだった。

 

エンジンは18R-GR。グロス140ps。そんなにあったんだ。GRのRはレギュラーガソリン仕様。箱根ターンパイクで息切れした思い出。キャブレター式だしな。ソアラにブチ抜かれた。

 

オレが春休みで実家に帰っている間、兄は交通事故で入院。2か月くらい入院する結構な大怪我だった。そうなると兄の収入で半分以上賄われていたマンションの家賃が払えない。兄も新卒で入社1年くらいのペーペー。長期入院では欠勤になってしまう。とりあえずギリまで在社して退職。オレは5月に大学のそばに転居。磯子の病院は駅から遠かった。

 

覚えていないのはこの車の駐車場をどうしていたか。横浜のマンションのそばは高くて借りられなかったはず。路駐したまま春休みとかに実家に帰って切符を切られないはずもない。多分大学のそばに住んでいる中野君のアパートそばの駐車場を借りていたと思う。そのアパートの空き部屋に越したので、その時点で車とアパートが近かったのは覚えている。そしてこの車は大学4年の途中で車検切れになりおさらば。

 

大学のそば(一駅先だけど)に引越ししたことで、やはり同じアパートに住む村田君に紹介して貰えたアルバイトが、タイヤのテストドライバー。とは言っても学生にバイトさせる内容なので、決まったコースを既定の時間内で走れという距離を稼ぐだけのもの。8時間で320km。車は同時に複数台走っていて、いずれもレンタカーなのだが乗用車から2tくらいのトラックまで。トラックはコースが違ったが乗用車は全て同じコース。帰ってきたらこの仕事を請け負っていた運送会社の中にあるスタンドで給油。たまに指示書でタイヤのローテーションがあったが、ほとんど当たらなかったのはラッキー。

 

オレが乗っていたのは数回を除きソアラの2800GTのホワイト。当時ナンパできまくりの車である。助手席足元、後部座席足元に砂袋積んでいるし、厚木を出発して静岡の山の方を走っているけどな。しかも、オレは早朝4時からのシフトを好んで乗っていたので、まあ人はあまり歩いてないw。4時からのシフトのいいところは渋滞が無いので気分よく走れるところ。

f:id:shigeo-t:20200212144811p:plain

 

この車は5M-GEU、170ps(グロス)。当時の車としてはそこそこパワーがあった。

しかしである。いつもの山道のコーナーが連続している区間を走っている時、後ろからブチ抜かれた。AE86レビンである。時効だからはっきり書くけど、ソアラも制限速度を超えてたけど、AE86はそれ以上である。ソアラはパワーでは勝つけど、コーナーが多いと的確に減速しなきゃいけないから軽いAE86のほうが優位。オレの腕では追いつけなかった。

 

この車では最初の日に会社を出てすぐに左足でフルブレーキを踏んでしまっていきなり止まった。その時が生まれて初めてのAT車だった。早朝で回りを走っている車がいなくて良かった。しばらくは左足はフットレストから動かさないように神経を配ってた。

また、カセットテープ交換しようとして事故りそうになったり(単独)、同時に走っていたソアラの2000ccと到着間近でバトルになったり、バイトを紹介してくれた村田君が大雨の日にFFコロナで前を走っていて、信号のところで車をスリップさせて横にするところを目撃したり、大雨の時に細い山道(といっても静岡の県道)の下りでブレーキングしたらスリップして崖から落ちそうになったりと色々あった。

 

またこのバイトをやはり同級生の西君に紹介して、「コースが分からない」というので同乗してはいけないのに(人の重さ分の砂袋積んでるし)、しょうがないなあと会社近くでクラウンロイヤルサルーンツインカム24にピックアップしてもらって同乗していったのだが、静岡県道の特に何もないストレートで西君は追い越しを掛け、車をスピンさせて車は半回転して進行方向と逆向きに運転席側が側溝に。西君のスタートは12時、オレがソアラに乗るのはその日はたまたま20時。どうしても20時までにバイト先に戻らなければいけない。運よく通りかかったUNIC搭載の空荷のトラックに助けていただいた。西君はそのまま事故ったクラウンのところに残留。トラックの人は富士市の会社に戻るところでオレは富士駅まで。事故ったのが15時台だったのだがなんとか電車とバスでバイトに間に合った。あの車、晴れてドライターマック(乾いた舗装路)であんなに簡単にスピンさせるとかどんな運転してるんだよ。相当無茶なステアリング操作をしたに違いない。その時オレはカセットテープを交換しようとして下を見てたから分からなかった。自分のバイトで通った時にはクラウンは撤去済だった。

 

 2台目は会社に入社した年度の明けて正月過ぎたしか2月。寮で同室の和田君と雑誌で調べて横浜から浦安の中古店まで買いに行ったAE86 スプリンタートレノGTVのホワイト。和田君は当時ありがちな赤黒のトレノGT APEX。イニシャルDが流行ってからは白黒が流行りだったのだが、当時は赤黒の方が流行りだったように思う。まあ、オレのGTVみたいに白黒じゃないホワイトって意外と少ない。

我々が浦安まで行ったのはAE86が欲しかったから。もちろん、AE86が欲しかったのはバイトの時にソアラ2800GTでブチ抜かれたから。そしてデザイン的にはリトラクタブルヘッドライトのトレノが好み。好み通りの車を見つけることができた。

 

そして寮生は1年目は車を持ってはいけなかったのだが、ちょっとフライングしたw

 

エンジンは4A-GEU、130ps(グロス)。

よく回るエンジンだった。当たりだったのかもしれない。

 

ノーマルタイヤ+チェーンでスキーに何度も行ったし、冬以外の帰省時には車で帰ったり、テニス部の練習に出るために葛西から横浜まで往復したり、楽しかった。あまり山坂道は攻めなかったけど、やはり山坂道ではソアラよりもはるかにラクだった。

この車、メーターはGT APEXみたいなデジタルではなく普通の針式のメーター、パワステではないが車重が軽いので問題なく操作できる。

 

当時の車なので時速100km/h超えるとキンコンキンコン鳴る。うるさいのでぶった切って緑色の電球をつないでおいた。

 

一度、リヤタイヤのサイドウォールを傷付けたみたいでバーストさせた。すぐ近くにコンビニがあったので駐車場に押して入れ、テンパータイヤに交換。近くのオートバックスに行ってピレリのP700に交換。ホイールはADVANなのになw。そういや、交換前のタイヤは覚えていない。ADVANではなかった。

 

3つめの寮である葛西寮の時、ついに床から浸水するように。最初に浸水していることに気づいたのは法事で綾瀬市のお寺に向かうために雨の東名を走っている時、なんか運転席の床がぐちょぐちょ。葛西って当時の車はすぐに錆びるのよ。結構潮が飛んでくる。ボディがしょっぱい(舐めるなw)。その他は快調で直すかどうか迷ったのだが、よく晴れた日に次の車を買いに行って下取りにw。AE86トレノGTVはトータル4万km超乗った。

 

ということで、自分の車よりバイトの車の記述が多いような気もしないでもないが、今回はここまで。