いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


TestFlightの外部テスター登録

TestFlightのテスター登録、Webで調べるとiTunes Connectを使うことになっている。しかし、2018年8月現在はApp Store Connectを使用する。

f:id:shigeo-t:20180825093145p:plain

 

サインインするこのようなメニュー画面が表示される。

f:id:shigeo-t:20180825093408p:plain

 

iTunes ConnectでTestFlightのテスターを登録していた時は「ユーザと役割」に進んだ。しかし、App Store Connectでは「ユーザと役割」にTestFlightの文字は無い。

f:id:shigeo-t:20180825093620p:plain

 

例えばこのQiitaの記事。「Sandbox テスター」の前に「TestFlight ベータ版テスター」がある。

 

https://camo.qiitausercontent.com/a119f2835b91bf9278d112a4cad63e4d08b7e0d5/68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f38353138322f64643731303938362d626264622d313062302d373361322d6439626365393434376663652e706e67

 

App Store Connectでは「マイ App」に進む。弊社の例では2アプリ入っている。今回はアプリ登録部分は省略。

f:id:shigeo-t:20180825094010p:plain

 

TestFlightでテスター登録したいアプリを選択する。左から3番目に「TestFlight」がある。

f:id:shigeo-t:20180825094204p:plain

 

「TestFlight」を開く。「ビルド」「App Store Connectユーザ」「外部テスター」が並ぶ。多分かつての「内部テスター」は「App Store Connectユーザ」ということである。

f:id:shigeo-t:20180825094713p:plain

 

弊社の場合は外部テスターをすでに登録しているのでグループが存在する(赤い囲み部分)。

f:id:shigeo-t:20180825094835p:plain

 

今回はすでに登録されている外部テスターグループではなく、新規に登録する例とするため、「新規グループ ⊕」をクリックする。このようなダイアログが出る。グループ名を設定する。

f:id:shigeo-t:20180825095100p:plain

仮でグループ名は「external」とした。ダイアログには[テスターを追加]があるので、このままテスターを追加する場合はこの[テスターを追加]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180825095721p:plain

 

CSVからも一括登録できるようだが、これは一度登録するとCSVを出力できるので、そのフォーマットを見た方がいいだろう。最初はこのまま「⊙ 新規テスターを追加」を選び[次へ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180825095650p:plain

 メールアドレス、姓、名のセットで追加する。

f:id:shigeo-t:20180825100117p:plain

例えば1行書き込みすると3行目が増えるので、どんどん追加できる。

f:id:shigeo-t:20180825100419p:plain

これで[追加]をクリックするとこのようなダイアログに変わる。[終了]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180825100511p:plain

この状態では利用可能なビルドが無い。「ビルド」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180825100612p:plain

「ビルド」では「ビルドを追加してテストを開始」がクリッカブルである。クリックしてみる。

f:id:shigeo-t:20180825100714p:plain

今回は省略したアプリのビルド登録が終わっていれば、選択可能なビルドがあるはず。ビルドを選択して[追加]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180825100931p:plain

ビルドが追加された。「テスター」をクリックして戻る。

f:id:shigeo-t:20180825101113p:plain

ステータスが変わって「招待済み」になっている。このあとはテスターを追加すればどんどん招待される。

f:id:shigeo-t:20180825101321p:plain

f:id:shigeo-t:20180825101504p:plainからのメールが到着し、中に

f:id:shigeo-t:20180825101604p:plainボタンがあるはず(ボタンは最初だけ)。

 

CSVファイルに出力してみる。右側の赤枠で囲んだダウンロードアイコンをクリックするとCSVファイルがダウンロードされる。

f:id:shigeo-t:20180825101807p:plain

CSVファイルなのだが素直にExcelで開くと文字化けする。UTF-8なのでVS Codeで開いた。「名」「姓」「メールアドレス」の順に並んでいる。CSVファイルから一括で登録するのであれば、このフォーマットで作ればよいはず(やる気なしw)。

f:id:shigeo-t:20180825101936p:plain

 

あと、外部テスターの追加、削除などは見ればわかるはず(やる気なしw)。

 

機能追加されたのでこのエントリを追加。

 

iOS/macOSプログラマのためのXcode時短開発テクニック

iOS/macOSプログラマのためのXcode時短開発テクニック