いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


シャワーから水漏れするようになった

シャワーから水漏れするようになった。こんな感じである。

f:id:shigeo-t:20180824080304j:plain

シャワーヘッド側ではなく、受けのコネクタ(でいいのか?)部分にクラックが入っている。実際に漏れているのは一か所だが、もう一か所クラックがあることが確認できた。しかも日曜日くらいになんかおかしいと思ったら漏れがあるのを発見し、水曜日にはもうこんなに勢いよく漏れるようになってた。

 

最初はコネクタの交換を考えた。しかし経験上、この手のコネクタを交換するのは道具が必要で手間がかかる。コネクタ自体は割と自由に動くが、簡単に抜けないようにしているわけで、そのパッキンとか金具とかの部分を一度取り外して、コネクタを交換してまた取り付け。めんどくさい。それに足りない工具があると工具代が高くつく。

 

次は水に強いタイプの接着剤とかパテ類で埋めようと思った。

ボンド 接着パテ 水まわり用 ホワイト 60g #28321

ボンド 接着パテ 水まわり用 ホワイト 60g #28321

 

でもよく考えてみると、そういう工作をするよりもホース丸ごと交換の方が手っ取り早い。接着剤とかは買っても余るし。

 

水栓のところを見てみると、簡単に交換できる形状。そこでメーカーを調べようと思ったが、読み取れるのは水栓の裏のシールだけだった。鏡で反射させて撮影。水垢ついててごめんなさい。普段水栓の裏まではキレイにしていないのがバレる。年1から2回くらいしか裏側の磨きはしないんで。

f:id:shigeo-t:20180824082117j:plain

 

ともかく型名でINAX製と判明。現在は大正義LIXILLIXILのサイトで調べてみると、この型名の水栓の交換部品としてシャワーホースは出てこない。しかし、LIXILはシャワーホースのコネクタ形状の規格は1つのようなので、安心して買える。いくつか候補を挙げた。いずれも既存の樹脂製コネクタではなく金属製のコネクタ。

富士屋ホテルの営繕さん  建築の守り人 (LIXIL BOOKLET)

富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人 (LIXIL BOOKLET)

 

 

シャワーヘッド付きで2,800円。

ホースだけで3,100円。なぜシャワーヘッドが無くなると高くなるのか。

 ホースだけ。防カビでちょっとお高く3,145円。浴室乾燥のせいかほぼカビは発生しないけど。

 

最初シャワーヘッド付き2,800円で注文を入れたら日時指定できず。金曜日になると受け取りできない可能性があるので3,100円の奴に変更。

 

こんな感じで届いた。

f:id:shigeo-t:20180824083814j:plain

 

コネクタ部は金属。

f:id:shigeo-t:20180824083846j:plain

 

交換は簡単。水栓側とシャワーヘッドを交換してすぐに完了。水を出してみるとなんか勢いが違う。

f:id:shigeo-t:20180824083923j:plain

 

問題のクラックはこちら。左側に2か所ある。

f:id:shigeo-t:20180824084043j:plain

 

というわけで、あっさり修繕完了。人生でシャワーホース交換したのは初めてだな。