いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


複数拠点のミーティングにはZoomをお勧めする(Windows編)

先日弊社のリモートワーク環境について書いたが、今までZoomについてはちゃんと書いていなかった。

 

 

ZoomはSkypeよりも操作性がいいし安定してつながる。今回は料金プランとWindowsアプリについて。

 

料金プラン

Zoomのトップページはこちら。ブログカードは英語になっているが日本語で表示されるはず。

f:id:shigeo-t:20180811093349p:plain

価格はこちら。弊社はまだ基本のパーソナルミーティング 無料でまかなえている。通常だと大学の研究室に3名集合し、一人松山市の自宅からなので「無制限の1対1ミーティング」を使用している。今週は大学の事務関係が夏休みということもあり、各自自宅で「グループミーティングは40分まで」を使う。

f:id:shigeo-t:20180811094237p:plain

基本の + を開いてみる。

f:id:shigeo-t:20180811095100p:plain

f:id:shigeo-t:20180811095205p:plain

f:id:shigeo-t:20180811095250p:plainf:id:shigeo-t:20180811095315p:plain

 というわけで必要十分である。

 

インストール

ミーティングを開催するためには1人はZoomをインストールし、アカウントを作る(サインアップする)必要がある。

インストールはこちらから。

f:id:shigeo-t:20180811093438p:plain

この他、Windowsで使えるのはOutlookプラグインChromeFirefoxプラグインなどがある。

 

インストーラがダウンロードできたら起動する。

f:id:shigeo-t:20180811093942p:plain

すぐにインストールは終わる。

f:id:shigeo-t:20180811094046p:plain

 

ミーティング開催

ミーティングに参加するには[ミーティングに参加]をクリックする。今回はミーティングを開催するので[サイン イン]をクリック。

f:id:shigeo-t:20180811095625p:plain

 サインアップはすでに済んでいるものとしてサインインすると、このような画面に変わる。

f:id:shigeo-t:20180811095925p:plain

[ビデオありで開始]あるいは[ビデオなしで開始]をクリックするとミーティングを開始できる。たとえば[ビデオありで開始]をクリックすると、このようになる。左下はサインインした利用者名である。

f:id:shigeo-t:20180811100248p:plain

カスケードされているダイアログの[コンピュータでオーディオに参加]をクリックすると、自分で開催したミーティングに参加できる。

f:id:shigeo-t:20180811100614p:plain

 

招待

色々な招待手段はあるが、下部中央左の招待アイコンをクリックする。メールで送ることができる。

f:id:shigeo-t:20180811100901p:plain

また、左下の[URL のコピー]をクリックするとリンクがコピーできる。

 

また、[招待のコピー]をクリックするとメール本文と同じような内容がクリップボードにコピーされる。

Zoomミーティングに招待されました。Zoomミーティングに招待されました。
PC、MacLinuxiOS、またはAndroidから参加する:https://zoom.us/j/877123657 
またはiPhoneワンタップ:    米国: +16465588665,,877123657#  or +14086380986,,877123657# または電話: ダイヤル:        米国: +1 646 558 8665  or +1 408 638 0986  ミーティングID:877 123 657 利用可能な国際番号:https://zoom.us/u/dpHQB1gwt 

 

ミーティングのIDは(このミーティングを終了してしまうと無くなるのでそのままにしているが、)877123657である。参加者は https://zoom.us/j/877123657 をクリックして参加する(クライアントアプリが無ければダウンロード後に開始)か、クライアントを持っているのであればミーティングIDをクライアントに設定すれば参加できる。 

 

弊社の場合はURLをSlackに貼ることで参加している。オレのiPadで参加してみた。上が開催者のオレ、下の縦長がiPadのオレである。iPadではサインインしていないのでマシン名になっている。

f:id:shigeo-t:20180811102149p:plain

 

画面の共有

画面の共有はウィンドウ単位と画面単位などがある。複数のウィンドウを共有するなら画面単位、単一のアプリ画面だけ共有するならウィンドウ単位がいいだろう。Zoomのウィンドウの下にマウスカーソルを持っていくとZoomのタスクバーが出るので、画面共有アイコンをクリックする。

f:id:shigeo-t:20180811102443p:plain

ポップアップするウィンドウはこんな感じ。マルチディスプレイなら共有できる「画面」は複数である。また、iPhone/iPadの共有はAirPlayを使用するようだ。これは別の回に試してみる。

f:id:shigeo-t:20180811102805p:plain

 

共有している画面の上にはこのようにタスクバーが出る。自動的に格納されるので、必要な時はマウスを画面上部に持っていくと再表示される。

f:id:shigeo-t:20180811102940p:plain

 

アプリのウィンドウを共有した場合は、そのアプリウィンドウが緑の枠で囲まれ、あとは画面の共有と同じである。

f:id:shigeo-t:20180811103151p:plain

 

ミーティングの終了

Zoomウィンドウの下に出るタスクバー右の[ミーティングの終了]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180811103412p:plain

自分が開催したミーティングでも退出だけも可能。このダイアログにあるようにホストを割り当てする。終了するときは[全員に対してミーティングを終了]をクリック。

f:id:shigeo-t:20180811103321p:plain

 

設定

Zoomの設定は多岐にわたるが割と分かりやすい表記である。右上の[⚙ 設定]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20180811095925p:plain

 

一般

f:id:shigeo-t:20180811103957p:plain

オーディオ

f:id:shigeo-t:20180811104019p:plain

ビデオ

f:id:shigeo-t:20180811104038p:plain

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

 

C270は安くて必要十分な能力のWeb Camである。

 

レコーディングしています

f:id:shigeo-t:20180811104054p:plain

アカウント

f:id:shigeo-t:20180811104204p:plain

統計情報

全体

f:id:shigeo-t:20180811104247p:plain

オーディオ

f:id:shigeo-t:20180811104306p:plain

ビデオ

f:id:shigeo-t:20180811104322p:plain

画面の共有

f:id:shigeo-t:20180811104335p:plain

接近性

f:id:shigeo-t:20180811104403p:plain

キーボードショートカットをスクロールしてみた。

f:id:shigeo-t:20180811104421p:plain

f:id:shigeo-t:20180811104442p:plain

f:id:shigeo-t:20180811104501p:plain

f:id:shigeo-t:20180811104516p:plain

インスタントメッセージング

f:id:shigeo-t:20180811104534p:plain

フィードバック

f:id:shigeo-t:20180811104546p:plain

 

まとめ

操作は難しくないので、ショートカットを覚えていなくてもマウス操作で簡単に操作できる。機能も多いがミーティングを開催して、参加してもらって、画面の共有ができれば普通のミーティングでは問題ないだろう。

 

本もあるのか。

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座