いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


Windows Bridge for Classic Application すげえ

InkscapeWindows ストア対応していた。

f:id:shigeo-t:20180613123707p:plain

そこでThinkPad T430sには先にストアアプリを入れてみた。

f:id:shigeo-t:20180613123456p:plain

ごく普通にInkscapeである。ストアアプリっぽいところは無い。

f:id:shigeo-t:20180613123607p:plain

 

で、なんとな64bit版もmsiでインストールしてみた。

f:id:shigeo-t:20180613123843p:plain

細かい画面遷移は割愛するがデフォルトでインストール。

f:id:shigeo-t:20180613123938p:plain

インストール時間はmsiファイルの方が長い気がする。無事[Finish]。

f:id:shigeo-t:20180613124149p:plain

両方入った。起動してみる。アイコンはストアアプリが左、exeは右。

f:id:shigeo-t:20180613124613p:plain

アイコンは違うけど、アプリの方は見た目が全く同じ。

 

調べてみると、

既存のアプリをWindows 10 アプリに変換する Windows Bridge – Visual Studio 日本チーム Blog

Windows Bridge for Classic Application はこれまでの Windwos アプリを、ストアに登録できるようにパッケージしなおして、ストアに登録できるように変換してくれるシステムです。用意するのはアプリのインストーラーである msi ファイルのみ。あとは変換すればストアに登録できるパッケージ(AppX)を作ってくれます。

image

ということなので、msiファイルは同じでWindows Bridge for Classic Applicationで変換してストアに登録したのだろう。ストアにあるってわかっていればインストールも楽だし、バージョンアップもストア経由で来るし、一般のユーザにとってはいいことが多い。なんかすげえ。

Inkscapeパーフェクトガイド

Inkscapeパーフェクトガイド