いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

https化に伴い、表示できなくなっているリンクについて修復中。
2018年から遡って修正し、2015年分まで修正完了。


万引き家族は助成金を貰う必要があったのか

色んな意味で話題を呼んでいる映画 万引き家族


是枝監督が文部科学大臣祝意を断ったことでも話題である。助成金を貰った以上、最低限のプロトコルとして「祝意を断る」はありえないと思うけどね。「金をくれた事にはありがとうと言う、でも政権批判はするよ」というのと、「金は貰った。だがお前とは口を訊きたくねぇ」は別物。反抗期の少年かよw国は親じゃねえww

 

是枝監督の直接の言としてはこう表明している。

 公権力とは潔く距離を保つ

 

この万引き家族文化庁助成金を貰って、フランス政府主催のカンヌ映画祭に出品してパルムドールを貰っている。おフランス政府はどストレートに公権力だよ。潔く距離を保つって、日本の公権力だとかおフランスの公権力だとか、峻別しないもんだろ。

 

さてどの程度の助成金なんだろう。なお、「声に出して呼んで」は仮題で、これが万引き家族

 

平成29年度 文化芸術振興費補助金による助成金 助成金事務手続の手引 のP17によると、

(5)収益納付額の算出
映画の収益とは、映画の製作及び利用のために製作者が支出した金額とそれにより得た収入の差額とします。
映画の製作及び利用に当たり製作委員会を組織している場合、共同製作契約に基づき各構成員が出資した金額の総額と各構成員に配分された金額の総額との差額を当該映画の収益とします。
収益納付額は、以下の算定式により算出し(千円未満は切り捨て)、総額は助成金交付額を限度とします。


①1年目
収益納付額 =(配分金総額 - 出資金総額)×(助成金の額 / 出資金総額)
②2~5年目
収益納付額 ={(配分金総額 - 出資金総額)×(助成金の額 / 出資金総額)}
- 前年度までに納付した額

ということで、助成金の全額を収益納付額で返納することになりそうである。

まず、カンヌ映画祭パルムドールを受賞したことで世界中から「買い付け」が殺到しています。

海外に作品を売るときは、基本は、「MG(ミニマム・ギャランティー)」という最低の契約料をもらいます。

そして、もしその国で想定以上のヒットになると、興行収入に比例した分け前ももらえるようになっています。

恐らく今回の「万引き家族」の場合は、MGだけでも2億円近くが入ると思われるので、大まかに制作費がその時点で回収できてしまうような規模だと推定されます。

 

オレもこの手の映画だと一桁億円の前半くらいの制作費かなと想像したので、まあそんなもんだろう。ここでようやくタイトルの話になるのだが、公式サイトによると

 製作:フジテレビジョン、ギャガ、AOI Pro.

とあるので、助成金を貰わなくても制作できるのではないか。天下のフジテレビジョンですよ。一桁億円前半の制作費くらい出せるし、助成金は使った金に対して出るものだからキャッシュフロー改善には大きくは寄与しないし。

 

平成29年度 文化芸術振興費補助金による助成金 助成金事務手続の手引を見ていると結構事務コストが重そうだし、5年間証憑の保存義務があったりで、めんどくさい感じ。収益が出なければ収益納付額も小さくなるので、映画が当たらなかった時のリスクヘッジにはなっているけど。

このような文化庁やその外郭団体の助成金って、もっと無名の監督とかお金集めも苦労するような映画に使われるべきではないか。何度も海外の映画祭に出品できる監督や、十数億円からそれ以上の制作費を使う大作は対象外にすべきだと思う。助成金って「助成」目的なんだから、そういうことだよね。

中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい

中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい

 

 

といったわけで、

 公権力とは潔く距離を保つ

というなら、 リスクヘッジのために公権力からの助成金を貰わなくてもいいのでは。