いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


DroolsのためにDocker for Windowsを試してみた

 Drools Ver.7動作環境を作りたくてインストールをしてみたものの、GuvnorはVer5を入れてマイグレーションツール入れろみたいなところでうまくいかずに引っかかっていた。Dockerコンテナで提供されるならそれでいいじゃんということになり、大学の研究室に置いているThinkPad W520が調子悪くなっていたこともあり、OS再インストールしてVMware環境ではなくHyper-V環境にしてDocker for Windowsを入れた。

 

W520のVMware PlayerはNATでもデバイスが死んでいてネットワーク使えない状態だった。いろいろやってみたのだが復活しない。

 

自宅のThinkPad W530は法人口座用のIEが動くWindows 7や、特許庁関連アプリが動くWindows 8VMware Player上で動かす事情があるので、コンフリクトしやすいVMwareHyper-V混在環境にしたくないという事情もある。

 

Docker for Windowsは下記の@ITの説明でパーフェクトだった。通常ならこの手の手順でも不足分があるのでスクリーンショットを撮ったりするのだが、スクリーンショットを撮っていったらオレのほうが手抜きになってしまった。

 

まずはDocker for Windowsのサイトから。


今回はStable channelを選択。 

f:id:shigeo-t:20170905164830p:plain

 

 実行するとインストールが始まり、それほど時間がかからずに終わる。そしてスクリーンショットを貼っていたブログの書きかけを保存する間もなく、間違えて押した再起動ボタンに従ってWindows再起動。再起動後はDockerが動いている。 

f:id:shigeo-t:20170905164803p:plain

 Docker IDを作成してサインインする。

f:id:shigeo-t:20170905165435p:plain

 いやDocker ID前に作ったはずなんだが、覚えていなかったので再作成。

f:id:shigeo-t:20170905165541p:plain

 

 サインインするとPowerShell画面が起動される。早速コマンドをチェック。

f:id:shigeo-t:20170905165849p:plain

 Hyper-V マネージャーも見てみた。

f:id:shigeo-t:20170905170019p:plain

 @ITの記事に従ってhello-worldをお試し。 

f:id:shigeo-t:20170905173156p:plain

 @ITの記事通りubuntu bashを起動すると普通にbashとして使える。

f:id:shigeo-t:20170905173236p:plain

 

ここでようやく目的のDrools。トップ画面の下方にこんなのがある。赤枠はオレが追加。

f:id:shigeo-t:20170908145245p:plain

 

今回はいずれもShowcaseじゃないほうを選択。 

https://hub.docker.com/r/jboss/drools-workbench/

f:id:shigeo-t:20170908144110p:plain

実行してみた。あっさり成功。

f:id:shigeo-t:20170908144159p:plain

 

 

DroolsのIntroductionを見るとAPサーバのWildFlyDroolsが入っていて、Usageのコマンドで動かせとなっている。

https://hub.docker.com/r/jboss/drools-workbench/

f:id:shigeo-t:20170908151209p:plain

動かしてみる。Windows ファイアウォールのブロック画面が出る。[アクセスを許可する(A)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20170908151423p:plain

PowerShellのほうはエラーなし。

f:id:shigeo-t:20170908151534p:plain

Droolsにアクセスしてみる。Usageに書かれていた

  http://localhost:8080/drools-wb

をブラウザのURL欄に入れる。

http://localhost:8080/drools-wb/kie-drools-wb.jspにリダイレクトされ下記のログイン画面が出る。

f:id:shigeo-t:20170908153154p:plain

https://hub.docker.com/r/jboss/drools-workbench/ の続きを見るとadminでWildFlyのユーザとロールを作成しろと書いてあった。ログインできないwめんどくさかったらshowcaseのほうを使えと書いてある。ええ、そうします。

 

というわけでやり直し。イメージ一覧はこんな感じ。省略したけどKIE ServerもPull済み。

f:id:shigeo-t:20170908154326p:plain

jbossの二つをrmする。

f:id:shigeo-t:20170908154937p:plain

 

今度はdroolsのshowcase版をpullして実行。

https://hub.docker.com/r/jboss/drools-workbench-showcase/

f:id:shigeo-t:20170908155635p:plain

 DockerのMobyLinuxVMが死んで治らないのでDockerをアンインストールして再インストールしたり、うまくログインできなかったり、いろいろあったがなんとか動いた。

f:id:shigeo-t:20170908164226p:plain

 

 Dockerのほうは書籍があるけど、

Docker実践ガイド impress top gearシリーズ

Docker実践ガイド impress top gearシリーズ

 

 Droolsのほうは日本語の書籍が無いのでWeb頼り。というか英語の書籍もVer6だったり。

Mastering Jboss Drools 6 for Developers

Mastering Jboss Drools 6 for Developers

  • 作者: Mauricio Salatino,Esteban Aliverti,Mariano Nicolas De Maio
  • 出版社/メーカー: Packt Publishing
  • 発売日: 2016/03/31
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る