いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


BizSparkの期限が終了しそうな気がしたので調べてみた

2年前、BizSparkに申請し認可された。そして昨年はなんか延長手続きをしたような気がする。そして今年は延長手続きの案内が来ていないのでちょい不安に。 

  

BizSparkの紹介を簡単に。

Microsoft BizSpark - マイクロソフト スタートアップ支援

f:id:shigeo-t:20170717235417p:plain

Microsoft BizSpark はマイクロソフトが提供するスタートアップ支援のプログラムです。起業の際に役に立つ、マイクロソフトのソフトウェア、開発ツールやクラウド環境などを 1 年間無償で利用できます。設立 5 年未満のスタートアップ、もしくは法人化を目指す起業家が対象です。

5名までは追加可能で弊社は現在3名のエントリになっている。オレと社員の人と技術顧問をやって頂いている博士研究員である。

 

MSDNサブスクリプションにサインインすることはあっても、BizSparkサイトにサインインすることは滅多に無いのだが、ちょっと確認のためにサインインしてみた。

 

なんかページ構成が変わっていて、Page Not Foundになってたwwサインインしなさすぎw

 

なんとか探し当てて情報を見てみると、こんな感じ。社名の一部はマスク。

f:id:shigeo-t:20170717232900p:plain

 

おや?来年の7月8日まであるぞ。確かに最初の申し込みを書いたBizSpark申し込んだった - いろいろやってみるにっきでは3年と書いているが、メールを掘り起こしてみると昨年2016年7月1日に延長申請要求が来て、延長が認可されている。今年は延長申請要求が来ていなくて心配になって調べ始めたのだが、来年7月8日まで利用可能なら、今年は延長申請はいらないってことか。

 

Microsoft BizSpark - マイクロソフト スタートアップ支援を見ると下記の記載がある。もしかすると今のライセンス状態は、昨年の延長申請でBizSpark Plusに加入したことになっているのかも。

BizSpark Plus は BizSpark のご提供内容に加えて、最大 120,000 ドル (1,200 万円)相当の Microsoft Azure を 2 年間無償でご利用できるプレミアム プログラムです。
*BizSpark Plus はのご提供には審査が必要です。

 

Azureも使えているし。

 

ちょっと安心した。しかし全員分は必要ないかも知れないが、MSDN サブスクリプションは引き続き持っておいた方がOSやミドルウェアなど色々お試し出来てお得。 


 そこで来年7月以降のために、MSDNサブスクリプションライセンスの購入を調べてみた。PR記事が見つかった。ちょい古いが。

Microsoftのソフトウェア統合開発環境である「Visual Studio with MSDN」は、量販店や大手EC、メーカー直販などで販売されている1年間サブスクリプション付きの「Professional」エディションで14万円程度かかります。

 しかし、実は2年間サブスクリプション付きの「ボリュームライセンス」なら、1年あたりのコストが1年契約に比べ約半分になることをご存じでしょうか? 

http://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1411/18/tm_1411_msdn_01.jpg

 

BizSparkについてくるAzure分は無いが、あれこれOS/ミドルウェアについては正規ライセンス状態で使用できるので、金額そのものは高いけどお得感はある。来年は6月に思い出すようにしようと思う。 さらに調べてみると下記ブログがもっと新しい情報で詳しい。