いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


現在HWD15で使用している回線をTORQUE G03に機種変更するとどうなるのか試算した。

発売日を迎えたau TORQUE G03。発売直後の商品の場合、MNPだと店頭在庫とMNP予約番号(有効期間15日)取得の兼ね合いが難しい。MNPじゃなければ店頭在庫があるときに購入可能。auに契約を残しているHWD15の回線を機種変更で使用したらどうなるのかを考えてみた。

 

大ミス発覚

前回、なぜか180日を3か月と思い込んでいて、今計算すると6か月じゃんと愕然としている。すごい計算間違いだ。

 

ところで6月30日に下記の発表がされている。

 

対象となるお客さま

 

変更後のSIMロック

解除受付条件

 

実施時期

 

 

分割払いで機種を

ご購入いただいた

お客さま

 

機種購入日から

101日目以降

より手続きが可能

 

2017年8月1日

 

 

一括払いで機種を

ご購入いただいた

お客さま

 

一括払いの支払

確認後より

手続きが可能

 

2017年12月1日

 

 これから購入するので該当するのは②である。本日は7月2日なので約5か月後である。これって、実際にどのようになるかはまだ先行者がいなのでわからないが、端末だけを購入できると考えることもでき、そうするとMNPだの契約形態の変更などの面倒が無く、手っ取り早い。

 

SIMロック解除の受付条件を一部変更 | サービス・お手続きに関する情報 | auの※5の通り、『2017年8月1日から2017年11月30日までの期間は、機種購入日から101日目以降より手続きが可能です。』の101日とする。例えば今日7月2日に機種変更したら、101日目は10月11日。そんなわけで、4か月で計算した前回は大間違いではなくなった。ちょっと日割分の誤差はあるがそのままとする。

 

データ契約の現況など

HWD15は実際にはAmazonで購入したのでauの管理上は端末はHWD14を使っていることになっているが、まあそれはどうでもいい。HWD14にはクレードルが無く有線LAN接続ができないが、HWD15はクレードルで有線LAN接続できる。

 

しかしWiMAX2+の規制方法が変わったことから、宅内回線として使用しているWX01のほうのバックアップとしての位置付けは少なくなった。しばらくの期間ならルータじゃなくてもテザリングの設定の手間程度の話で済む。

 

7GBの上限があるWiMAX 2+ フラット for DATA(4年)契約になっていて、料金明細には、2016年12月~2017年6月まではハイスピードエリアオプション1,005円が無料となっている旨が記載されている。そのため、このままHWD15で使い続けた場合、想定する通常料金は6月までの4,404円から、7月以降は5,490円になる。1回線しか持っていないため、スマートバリューmineを適用できず、1,005円のプラスは避けられない。というか、auが勝手に半年間1,005円引いてくれていたという話である。

 

なお、WiMAX 2+ フラット for DATA(4年)はすでに新規契約はできず、2年契約しか残っていない。

また、この回線は契約期間は5年7か月目で、元々WiMAX 2+ フラット for DATA(4年)で開始したとすると、直近では解約時に解除手数料9,500円の対象である。5年7か月前になぜこの回線を契約したのか覚えていない。前職在職時だし、基本的には会社契約のDATA08を使えていたはずなのだが。

 

試算

MNPでの試算では、4か月間 誰でも割なしカケホデータ定額2(前回エントリではプランD)を選択した。今回もご利用料金シミュレーション|スマートフォン・携帯電話|auで試算。

前回試算通り、MNPならスマートバリューmineを付けられるのだが、機種変更だと対象契約が無いためスマートバリューmineを付けられず、誰でも割なしカケホデータ定額2を選択すると、結構高い。

  1. G03 一括で79,920円
  2. 毎月割 -1,665円×4で-6,660円
  3. カケホ 4,200円×4で12,800円
  4. データ定額2(2GB) 3,500円×4で14,000円
  5. LTE NET 300円×4で1,200円
  6. テザリングオプション0円
  7. MNP時にSIMロック解除手数料 3,000円

 

ここまでで4か月間は104,320円掛かる。そしてSIMロックを解除したら、G03はmineoのSIMを挿す形に変更、auの回線は元通りWiMAX 2+ フラット for DATAに戻す。端末購入無しでデータ契約に戻せるかどうかは不明。でもHWD14もHWD15も問題なく使用できるので、ここしばらくはこれ以上端末はいらないのだが。

 

  1. そのままデータ契約なら5,490円×4で21,960円
  2. 上記の通りG03にしている間は104,320
  3. 差額は82,360円

 

差額を見るとG03一括の購入金額79,920円に近い82,360円で手に入ることにはなる。このプランの実現性はデータ端末の購入無しでデータ契約に戻れるのか、G01かあと4か月使えるのかである。

 

また、この回線で7GB5,490円掛かるなら、期間経過後これをmineo Aプランシングルタイプ6GB(1,580円(税抜))/10GB(2,520円(税抜))あたりに替えるべきという案もある。それなら上記にプラス9,500円解約手数料とmineo側の手数料3,000円で済む。回線料金が下がるので、長期で考えると色々回収していける。データ通信のスピード的にはテザリングで確認済で、mineo Aプランはauと比べて特に遅くは感じないので、とっとと替えておくべきだったかも。

 

あれこれ計算していてどれがいいか分からなくなってきたが、宅内回線用はとくとくBBを選択して下記の申し込みは済ませている。久しぶりに開梱の儀が待ち遠しい。

【第3類医薬品】セロラBBスタイルPC250錠

【第3類医薬品】セロラBBスタイルPC250錠