いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


はてなハイクは増田と同じような ● になって生き残るのか

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

はてなハイクはてラボのサービスに移行した。

本日、はてなハイクについて、はてなの実験的サービスを展開するはてラボhttp://hatelabo.jp/ )のサービスとして位置づけるよう変更いたしました。

また、はてラボのサービスへの変更と同時に、はてな匿名ダイアリーなどに導入して高い効果を挙げているスパム対策のための認証ツール「はてラボ人間性センター」を導入いたしました。「はてラボ人間性センター」については以下の記事をご覧ください。

- http://labo.hatenastaff.com/entry/2016/12/01/115210

 

(中略)

 

はてラボのサービスへの変更後も、引き続きはてなハイクの運営を続けてまいります。今後とも、はてなハイクをどうぞよろしくお願いいたします。

本日、はてなハイクについて、はてなの実験的サービスを展開するはてラボ( ...... - はてなハイク - Hatena Haiku - はてなハイク

 

はてラボに移行したということはそのうち消え去るのかと思った。

Haiku Days

Haiku Days

 

 

こないだも不具合を見つけたけど、騒ぐとはてなハイク廃止とか言い出しかねないので黙っていることにしたのに。

 

が、よく考えたらはてな匿名ダイアリーは、ずっとはてラボで運営されているのだった。匿名だけにアレな感じの投稿が多いけど。

 

そしてはてラボに移行とともにはてラボ人間性センターが導入された。はてなハイクのトップを見に行ったら、昔と同じような大喜利会場の賑わいが戻っていた。オレがはてなハイクを使い始めた頃のスピード感はまだまだだと思うが。

 

大喜利会場なら3,000円/日*1払って大喜利ができるCASHが最新。

 

 

もしも魔法が使えたら、クイズ認証みたいなダサい方法じゃなく魔法でスパム除けする。実際には機械学習を使うけど。ついでに様々な要望も魔法で実現(無理矢理お題につなげたw)する。

 

はてなハイクが無くなったらはてなを続ける理由の半分が無くなるので、Pro(有償ってこと)で使っているはてなブログを他社ブログサービスに移すかも。未だにhttps化しないせいで検索流入落ちているし。 

*1:お札とかiPhoneとかの画像を送っても2万円という評価額で、金を返すか物を送るかしないと2か月以降15%の手数料。20,000円の15%は3,000円。日利なので……