いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


mineoの5分かけ放題サービスのメールが目に留まったので検討してみた

オレもmineoに回線を持っているが、通話は他の回線/方法(Docomo契約のiPhoneIP電話サービス)に全て振り替えたので、mineoでは通話料がほぼ発生しない。問題は母親である。

 

以前にも調べたがやたらと通話料が多い月がある。

 

前回は一度通話定額30にしたものの、回数で見た方がいいのではないかと思い直し解除した。

請求データは契約以来全て参照できるのだが、通話明細は今年2月までしか振り返ることができない。その少ない通話明細で見ると、通話が多い月は回数が多く通話も5分で収まっていない。まあ高齢とはいえ女性だからねえ、話をしだすと長い。

オレと会話しているときも5分で収まらなくて、通話記録を見て「チッ」と思うことがしばしば。どちらから掛けても携帯ならオレ持ちだから。

 

請求された通話料を見てみると、2015年6月から今年4月までの23回のうち通話定額30の設定金額を超えること11回、通話定額60の設定金額を超えること10回。実際には20円/30秒だが40円/1分で概算計算(小数点以下10進数のまま)をすると、60分越えは8回。

f:id:shigeo-t:20170628040608p:plain

こんなに分散していると、やはり通話定額30/60はいずれも適用しても効果は限定的である。逆効果の可能性もあるギャンブルである。

 

では今度の5分かけ放題サービス、どんなサービスなのか。マイネ王に詳しい説明があった。記事の日付は2016/12/07。3月から開始。気付いていなかった\(^o^)/

https://img.king.mineo.jp/system/magazine_section_images/images/000/000/044/810/fullsize_image.jpg?1481001411

 従量料金半額じゃないですか。これなら母のように電話を使う月は回数も多く一回一回長いけど、使わないときは全然使わないというパターンにぴったり。

 

ただし専用アプリ要。仕組みは楽天でんわと同じパターン。

https://img.king.mineo.jp/system/magazine_section_images/images/000/000/044/811/fullsize_image.jpg?1481001433

図では相手先が携帯電話になっているが、5分かけ放題サービス | mineo(マイネオ)を見ると固定電話に掛けることも可能。

これって5分かけ放題だけに価値があるわけじゃなく、従量料金も半額。

 

以前図を描いたはずと思って探したら、楽天でんわのエントリじゃなくLINE電話のエントリにあった。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shigeo-t/20140325/20140325165030.png

  

5月の連休時に気づいていればこのサービスに切り替えたのだが。母には設定は無理。電話帳/アドレス帳もオレが登録しているくらいなので。

 

こちらを見ると特番は「0063」なので、アプリじゃなくて電話帳/アドレス帳いじるか。電話を掛けるアプリと電話を受けるアプリが別って、オレの母には難しそうだし。

 

0063ってC&W IDC(現ソフトバンク系)だねえ。 マイネ王にはどこかは書けないって書いてあったけど。 mineo運営元のケイ・オプティコムってこれで3キャリア制覇だな。