いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


「お客様は神様」って自分のほうから言う奴はほぼ貧乏神

貧乏神も神様といえば神様である。

 

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」の一番列車が1日午前11時40分、多くのJR関係者や鉄道ファンらに見送られながら上野駅13番ホームから発車した。一番列車は東北や北海道などを周遊する3泊4日の旅で、乗客は途中駅で下車して周辺観光も楽しむ。地域おこしのきっかけとしても期待されている。

 

午前11時すぎ、最高76倍の抽選を通った34人が、ホームに新設された専用エントランスを通って乗車した。乗車前には列車をバックに記念撮影する姿も見られた。

 

2人利用で1人90万円の「デラックススイート」に夫婦で滞在する東京都の速見哲さん(65)は「1年前にサラリーマン生活を終えた記念です。ひのき風呂が楽しみです」。妻の久子さん(61)も「この日を待ちに待ちました。本当にわくわくしています」と話した。

 

 

豪華寝台列車トランスイート四季島は、豪華と名乗るだけあって数10万円もする。で、こんなツイートが。

それこそ新車発表会ならともかく、一番列車である。大金払った乗車客を邪魔者扱いして撮影する撮り鉄なんて、JRからすれば客じゃないだろ。そういう奴らから見て感じ悪いのは結構なことじゃないか。乗客を守る正しい対応と言える。

 

  いや、あんたたちは四季島の客じゃないから。客じゃないのに客扱いを求めるってモンスターノットカスタマーとでも呼べばいいのか? 

イラストでよくわかる 日本の神様図鑑

イラストでよくわかる 日本の神様図鑑

  • 作者: カワグチニラコ,古川順弘(テキスト)
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 以前、「お客様は神様」のルーツは調査済。