読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


プレミアム”フライ”とは

昨日2/24(金)は最初のプレミアムフライデーだった。

 

多くの人が書いたり気付いたりしているように、月の最終金曜日早帰りして消費を上げましょうって、どれだけ社会性無い奴のアイディアなんだよ。みんなまとまって休みましょうという発想そのものが破綻していることは、年末・正月やゴールデンウィーク、お盆時期の交通機関の繁忙を見ても明らか。もっとバラけて休むことができれば、キャパシティプランニングをもっと下げることができる。渋滞で貴重な石油資源を無駄にバラまくことも減る。

 

ほぼオフィスワーカーくらい、あとは大企業の工場くらいでしか実施できないプレミアムフライデーなんて、消費の拡大への寄与は限定的。そして、そもそも年末・正月やゴールデンウィーク、お盆時期に休めないインフラ(電力、鉄道、他)や小売り・サービス業は、やっぱりプレミアムフライデーにも休めない。休んだら消費落ち込むしな。彼らがきちんと休めることのほうが優先度高いんじゃないのか?

みんなきっちりプレミアムフライデーとかやったら、電気は来ないし公共交通機関も止まるし、徒歩帰宅か停電している会社に泊まるはめになる。もうね、アホかと。

 

という前置きはさておき、プレミアムなフライについて考えてみたい。

Fries

 

オレの場合思いついたのは、しばらく我慢していたCoCo壱の手仕込みシリーズである。早速食べに行った。

控えていたのは、2月上旬はイベントが立て込んでいて、寒い時期なので例年血圧が高め。「今日は血圧が高いので外出しない」という選択肢が無い上、ウチの開発中サービスが健康絡み。なにかあったらシャレにならない。

前回のカレーは12月25日、自分へのクリスマスプレゼント。通常CoCo壱は3週間おきと考えているが、2か月空いた。これはプレミアム感ある。味や値段の問題ではなく、時間というか食べる間隔がオレにとってのプレミアムである。

日本人の1日あたりの平均塩分摂取量
男性・・・・11.1g
女性・・・・9.4g

厚生労働省『平成25年国民健康・栄養調査結果の概要』

 

CoCo壱のサイトにはきちんと塩分量が載っている。

 ライス量「普通(300g)」の場合 エネルギー 1,469kcal
塩分 4.0g

同様にサラダやドレッシングの塩分量も分かる。ヤサイサラダは0g、昨日使用したごまドレッシング25ml当たりは0.9g。合計すると4.9gで、ふくじん漬(CoCo壱ではひらがな表記)を加えると、一食で1日あたりの塩分摂取量の約半分を摂ってしまうことになる。7辛だと塩分量は増えるんだろうか。

 

世の中ではどうだろう。検索してみた。

f:id:shigeo-t:20170225030721p:plainプレミアム フライ - Google 検索

1-2-3はシダックス、KFC、サンシャインシティだった。ORICONよ、「主婦に嫌煙されがち」じゃなく「主婦に敬遠されがち」だぞ。

KFCはダイヤモンド地下街(現ジョイナス)の店が無くなってから行ってないな。

 

もう少しスクロールしてみるとフライ(fry)ではなくフライ(fly)やフライトだったりするので省略。

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]
 

 ↑の映画とか。

f:id:shigeo-t:20170225031402p:plain

プレミアム フライ - Google 検索

とりから揚げ(フライ)はフライの仲間だけど、鮮魚刺身はフライじゃないと思うぞ。それよりも下の検索ワードに出てくるセブンプレミアムのフライは名前だけはプレミアムフライ感ある。セブンの店舗でも売ってるけどな。税込108円。