読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


mineoで2016年はどの程度節約できたのか

母の回線+端末をmineoにMNPしたのは2015年5月16日、オレのTORQUE G01をMNPしたのは2016年1月1日。2016年は完全に2回線がmineoにいたので、そのままauだった場合との節約額を計算してみた。

 

契約・支払い状況は下記の通り。この項は税別。

  • 母の契約はAプラン デュアルタイプ(データ+通話) 500MB 1,310円/月
  • 母の契約はmineo安心パック 550円/月
  • MNP時にLUCEを割賦購入し支払中 1,512円/月
  • オレの契約はAプラン デュアルタイプ(データ+通話) 3GB 1,510円/月
  • 通話はいずれも国内20円/30秒
  • SMSは送信1通30円

 

比較対象は、MNOau。この項は税別。

  • 母の回線はスーパーカケホ+LTE NET+データ定額1-スマートバリューmineで4,400円/月(通話をLTEプランでLTEフラットにすると高いので、スーパーカケホにした。500MBプランは無いのでミニマムのデータ定額1で計算)
  • 端末はBASIO2で900円/月(36回分割)
  • オレの回線はスーパーカケホ+LTE NET+データ定額3-スマートバリューmineで5700円/月

 

全請求金額をmineoのサイトで調査し、税込で計算してみた。端末は別で考える。節約額は各月の差額を全部足したので/年である。オレ、全然電話使っていないじゃんということがバレバレだが、mineoにMNPしてからはiPhone(docomo契約)で電話を掛けている。iPhoneはカケホーダイライトプランなので、掛け放題。mineoで20円/30秒払うのはもったいない。9月に発生している通話料は8月通話分。母からの電話への折り返しで掛けたのだが、9月に法事で帰省した時に母のスマホの電話帳をいじって、オレの携帯電話番号をmineoの番号からdocomoの番号に変えておいた。以降、iPhoneに掛かってくるようになったので、mineoでは通話料0にできる。

f:id:shigeo-t:20170114033337p:plain

 

ちょっと細かいので最大値、中央値、節約額のみを抜粋する。

f:id:shigeo-t:20170114033524p:plain

 

すごいな。63,241円も節約できた。mineo請求額は今のところ過去の全請求額を遡ることができるが、通話は半年しか遡れなかった。その半年のトレンドで見ると、一通話あたり10分くらいが多そう。実はスーパーカケホだと5分超で加算が発生する。それほど通話回数は多くないので、カケホにするほうが高そう。そこで、auで5分を超えた通話料分は無視した。なので、実はもう少し節約できている。

 

あと端末代金だが、月額で見るとLUCE1,512円[税込]とBASIO2 972円[税込]だが、分割回数が異なり、LUCEは24回で総額36,288円[税込]、BASIO2は36回で34,992円[税込]。mineoのほうが全期間で1,296円高い。母の分の回線使用料節約額は2016年だけで見ても6,502円なので十分まかなえている。

 

 昨年はこんな感じ。

 

そして喫緊の課題はこれ。バイブレータは完全に不安定(表現がおかしい)。バイブレーションは弱く、動作したりしなかったりである。バッテリーの方は、残量30%から40%くらいでサドンデスする。メモリ効果状態かもしれない。サドンデスした後、再起動を掛けようとすると残量0~1%くらいの表示で充電開始しないと再起動不可。

でも、バッテリードクターを入れたら少し持つようになった。

バッテリードクター(電池節約&充電管理&スマホ最適化)

バッテリードクター(電池節約&充電管理&スマホ最適化)

 

 

TORQUE G01は2014年夏に購入したので、2年半よく頑張った。まあ、バッテリー交換不可の端末なのでこんなもんだろう。で、次の機種だがそれはまた後日。ただ、FZ-N1は消えた。

NFC積んでいるからイケると思っていたが、公開された詳細の製品仕様ページに衝撃の一文が。

※11Type A、B、FeliCaに対応。おサイフケータイには対応していません。

 

なんで対応していないんだよ。Edyはなんとかなりそうだけど、SuicananacoJAL/ANAも使えないと困る。今、TORQUE G01のおサイフケータイアプリに登録されているのはこれだけある。

f:id:shigeo-t:20170114045502p:plain

 

Edyチャージというアプリがある。

 楽天Edyが、NFC搭載のAndroidスマートフォンアプリ「Edyチャージ」の提供を開始しました。おサイフケータイに対応しないスマートフォン(NFC搭載必須)からアプリを通じてEdyカードの残高確認やチャージなどが行えます。

 記事を見ると、Apple Payっぽいアプリのようだ。Android Payも今のところEdyだけだし、喫緊の課題に対応するためにはFZ-N1は諦めざるを得ない。