読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


2016年血圧遷移まとめ

misc Data goods

2016年も一年間毎日血圧を測り続けた。総回数は868回。2015年の1,156回、2014年の2,917回に比べるとさらに減った。高い計測回があると動向を確認するため計測回数が増えるので、高い計測回が少なかったということでもある。

 

今回も前年に引き続き年間通しての遷移を見ておく。

例によってデータUP先のウェルネスリンクはデータの扱いが小学校5年生レベルなので自分でデータ処理する必要がある。 12か月分全て1つのExcelに集め、データ処理を行った。

まず1年分のExcelファイルをOneDrive上で公開したもの。

集計表は下記。上位10%を赤くマークした。

f:id:shigeo-t:20170111031039p:plain

毎月のMAX,MIN,最頻値,中央値,分散を集計した。2015年は上位3つをマークしたのだが、12か月で3つもマークすると少し塗りすぎなので、今回は上位10%とした。悪いほうの数字でいうと、9月に最高血圧の最大が出ているが9月全体で見ると最頻値も中央値も問題が無い数値である。次点は12月の150mmHg。一方で、最頻値は12月が最も高く、中央値は2月・3月・12月が最も高い。いずれも寒い時期で、寒い時期こそ血圧に気を付けるべきということが分かる。

最低血圧最高血圧よりも標準と比べて高め。5月に101mmHgが出ているが、これも5月全体では最頻値も中央値も問題ない。最頻値で最も高いのは7月、中央値で最も高いのは12月。暖かい時期で最低血圧が高いのは7月だけで、やはり概して高いのは寒い時期である。

 

つづいて上記2016年の集計表をグラフ化したもの。

f:id:shigeo-t:20170111032037p:plain

 

2016年全体の折れ線と散布図は下記のとおり。

f:id:shigeo-t:20170111032236p:plain

f:id:shigeo-t:20170111032327p:plain

散布図を見ると分かるように、朝は高く、夜は低い傾向である。1年間全体で最大値、最頻値、中央値、偏差、分散は下記の表のとおりである。

f:id:shigeo-t:20170111032625p:plain

やはり平常時、最低血圧最高血圧に比べてすこし高目という点は反省点。2016年は中央値(118,76)で顕著である。最低血圧を抑えていくことが今年の目標である。でも、どうやったら下がるんだろう。やっぱり酒減らすしかないか。

ウェルネスリンクが2017年12月末で終了。そのため、2017年分は12月分のデータまとめがこのままだとできない見込み。

OMRON以外にも視野を広げて次期血圧計の選定に入っているが、PCでデータ処理できるサービスとなると、あまりぱっとしたものがない。 

 

2016年各月のエントリは下記の通り。