読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Disney Mobile SH-02GやF-01HでTeamViewer QuickSupportを動かしてみた

Tech Android Windows 10 Tool

新たな端末が増えたのでTeamViewer QuickSupportの動作確認をしてみた。今回増えたSH-02GとF-01Hが対象である。

 

過去の接続確認

手持ちの端末で確認を行っているので、TORQUE G01などで実施している。

 

SH-02G

TeamViewer QuickSupportをインストールし、起動する。

f:id:shigeo-t:20170104031619p:plain

右上のアイコンをタップし、「詳細」を見てみる。

f:id:shigeo-t:20170104031934p:plain

SH-02GのTeamViewer QuickSupportの「使用中のID」を、PC側TeamViewerのパートナーIDに入れ、[パートナーに接続]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20170104030709p:plain

SH-02G側のTeamViewer QuickSupportにポップアップが出るので、[許可(A)]をタップする。

f:id:shigeo-t:20170104031400p:plain

SH-02GのTeamViewer QuickSupportはこのような表示になる。

f:id:shigeo-t:20170104031418p:plain

PC側のTeamViewerはこのような表示になる。タブに「リモートコントロール」が無い。リモートコントロールはできないようだ。

f:id:shigeo-t:20170104030910p:plain

「アプリ」タブを見てみる。なんかワラワラプレインストールアプリがある。

f:id:shigeo-t:20170104031006p:plain

「プロセス」タブを見てみる。やはりワラワラプレインストールアプリが動いている。

f:id:shigeo-t:20170104031032p:plain

ミラーリングできないので、SH-02G側のTeamViewer QuickSupportの右上の×アイコンをタップして接続を終了。

f:id:shigeo-t:20170104031650p:plain

Google PlaySHARP用のQS Add-onを探すが、SHARP用は無いようだ。というわけで、SH-02Gはリモートコントロールできないということで終了。Windows 10の「接続」アプリとのMiracastに続き連敗。

f:id:shigeo-t:20170104031234p:plain

 そういやこのSH-02G、液晶面に細かい傷多数と、大きくガッチリ傷が複数入っているから安かったんだ。いまさら遅いけど、普通のスマホは保護フィルムは貼ったほうがいいかも。

 液晶面に傷が入るようなストラップ使っていたんだろうな、ディズニーモバイルだもんな。

 

F-01H

TeamViewer QuickSupportをインストールし、起動する。

f:id:shigeo-t:20170104041842p:plain

 右上のアイコンをタップし、「詳細」を見てみる。

f:id:shigeo-t:20170104041918p:plain

 F-01HのTeamViewer QuickSupportの「使用中のID」を、PC側TeamViewerのパートナーIDに入れ、[パートナーに接続]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20170104030709p:plain

F-01H側のTeamViewer QuickSupportにポップアップが出るので、[許可(A)]をタップする。

f:id:shigeo-t:20170104042237p:plain

PC側のTeamViewerはこのような表示になる。タブに「プロセス」が無い。一方で、SH-02Gの時には無かった「リモートコントロール」がある。RAMは53%でSH-02Gの79%に比べるとかなり空いている。

f:id:shigeo-t:20170104040412p:plain

そして上記の状態の時には、F-01HのTeamViewer QuickSupportはこのような表示になっている。[今すぐ開始]をタップする。

f:id:shigeo-t:20170104042506p:plain

PC側のTeamViewerは「リモートコントロール」タブに切り替わる。F-01Hの画面がミラーリングされている。F-01H側も同じ画面になっており、TeamViewer QuickSupportはバックグラウンドになっている。

f:id:shigeo-t:20170104040438p:plain

F-01H側の操作はTeamViewerで表示されている。

f:id:shigeo-t:20170104040507p:plain

PC側で左クリックすると、人差し指で指しているアイコンが表示されるが、操作はできない。この指差しアイコンはF-01Hでも表示されている。あれ?操作できないんだったっけ?

f:id:shigeo-t:20170104043400p:plain

リモートコントロールで□から右上に↗(環境依存文字なので表示できない端末あるかも)が出ているアイコンをクリックしてみる。F-01Hが1ウィンドウに収まる。左クリックしても操作できないことは変わらない。

f:id:shigeo-t:20170104044048p:plain

「アプリ」タブに切り替える。そんなにプレインストールアプリはてんこ盛りではない。

f:id:shigeo-t:20170104040533p:plain

F-01HでTeamViewer QuickSupportを表示すると、「画面の共有は有効です」という表示が出ている。というわけで、Windows 10の「接続」とのMiracast接続に続き連勝である。

f:id:shigeo-t:20170104044435p:plain

TeamViewerでつながった状態でMiracast接続を試みる。

f:id:shigeo-t:20170104044739p:plain

ここ

f:id:shigeo-t:20170104044804p:plain

Miracastの接続操作をF-01Hで行うと、PC側は下記ポップアップが出ると同時に、

f:id:shigeo-t:20170104045017p:plain

TeamViewerではメッセージが出ているが、F-01Hの幅でカットされている。

f:id:shigeo-t:20170104044956p:plain

今度はF-01Hを横向きにしてチャレンジ。今度はメッセージを全部読める。2つの画面共有は同居できないようだ。

f:id:shigeo-t:20170104045513p:plain

メッセージ部分をトリミングする。Miracastの接続操作によってQuickSupportの接続が停止されている。

f:id:shigeo-t:20170104045628p:plain

 

今回はここまで。