読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


RX100M3の弱点解消作戦

暗い朝に強く、花写真ではデジタル一眼に肉薄する能力があることが分かったRX100M3。

 

暗くても、わずかな光でねこ写真。これ写真よりも実際は暗い。

f:id:shigeo-t:20161230015756j:plain

花写真もなかなかである。これはバシャバシャ撮りまくったので、もう少し花のセンターにピントを合わせるべきだった。ちょっとピントが手前過ぎた。

f:id:shigeo-t:20161230020515j:plain

 

でも、オレ的にはRX100M3には2つ弱点がある。1つはツルツルで手が滑ること。

http://www.sony.jp/products/picture/original_RX100M3_img_02.jpg

DSC-RX100M3 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

ねこ写真は片手で撮ることが多いので、滑るのは非常に怖い。マットブラックでかっこいいんだけどね。HX9Vの時は、グリップ部分が最初から付いていた。

f:id:shigeo-t:20161230025913j:plain

 

もう一つは、充電。Multiと書かれている蓋を開けて、USB Micro-Bを挿す。この蓋が壊れそう。HX9Vのときは接続ポートに蓋は無かったので、気にせずに充電できたのだが、RX100M3の場合、ケーブルを挿している状態だと、蓋の付け根にずっとテンションが掛かっている。いつか壊れそう。

f:id:shigeo-t:20161230022845j:plain

 

そこで、アクセサリー図を見てみた。

f:id:shigeo-t:20161230023227p:plain

DSC-RX100M3 対応商品・アクセサリー | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

ツルツル問題については、アタッチメントグリップがあった。ただ、上の対応アクセサリー図には注があって、「※アタッチメントグリップ装着時には、ジャケットケースLCJ-RXFはご使用いただけません」とある。カメラケースは別途用意する必要がある。今のところ、カメラバッグに直で入れているので、ケースは問題ない。あと、HX9V用のケースにもギリ入る。きついけど。

 

そして、アクセサリーキットACC-TRBXを買えば、RX100M3にケーブルを挿さなくても充電可能になる。でも高い。Amazon Primeで7,480円。付属のバッテリーは1個。

ソニー SONY アクセサリーキット ACC-TRBX
 

 そこで互換品を試してみることに。Amazon Primeで1,807円。バッテリー2個付き。

 なんだよ、この価格差。よくわからないけど、

 

ポチって届いたのがこちら。

f:id:shigeo-t:20161230024802j:plain

 

箱の中身はこの2つ。グリップと使用説明書。

f:id:shigeo-t:20161230025239j:plain

付け方はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20161230025456j:plain

f:id:shigeo-t:20161230025739j:plain

付ける場所をきれいにする。

f:id:shigeo-t:20161230030449j:plain

グリップはこちら。

f:id:shigeo-t:20161230030604j:plain

f:id:shigeo-t:20161230030618j:plain

剥離紙を剥がす。

f:id:shigeo-t:20161230030719j:plain

そして装着。

f:id:shigeo-t:20161230031016j:plain

いい感じ。

f:id:shigeo-t:20161230031054j:plain

説明書には、装着後1日経過してから使用開始しろと書いてあるので、今朝はあまり持たないようにする。

 

USB充電器は随分コンパクトな箱。

f:id:shigeo-t:20161230031231j:plain

小さな箱にこれだけ入っている。

f:id:shigeo-t:20161230031544j:plain

互換品のバッテリーは2個。ケースに入っている。

f:id:shigeo-t:20161230031729j:plain

f:id:shigeo-t:20161230031740j:plain

 充電器は両面にバッテリーを挿す形。表裏わからないけど、片面はインジケーターが左、もう片面は右にある。

f:id:shigeo-t:20161230032145j:plain

 挿す方向が分からないのだが、充電器にもバッテリーにも極性が書いてあり、充電器は右が+、左が-。バッテリーの極性を合わせて入れるとバッテリーの裏面が見える形。正規品のNP-BX1も同じく裏面が見える形に挿入。

f:id:shigeo-t:20161230032706j:plain

USB Micro-Bは上に。

f:id:shigeo-t:20161230032829j:plain

電源を供給すると充電開始。充電時は赤、充電完了でグリーン。

f:id:shigeo-t:20161230032942j:plain

 

RX100M3のバッテリーの消費量からいうと、こんなにバッテリーいらないんだけど、上に書いたように本体にケーブル挿したくないんで、バッテリーローテーションしてみる。