読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


これは欲しいかも 頑丈スマホ「TOUGHPAD FZ-N1」指紋センサー搭載モデル

Tech Android

昨日移動中にはてブで見つけた。

パナソニック システムネットワークスは、頑丈設計の法人向けAndroidスマートフォン「TOUGHPAD FZ-N1」シリーズのラインナップに指紋認証センサーを搭載した新モデルを追加し、12月9日に発売する。価格は税別12万円前後。

た、高い。

 TOUGHPAD FZ-N1は、4.7インチディスプレイを装備し、防水・防塵、耐衝撃性能を備えたスマートフォン。これまで背面にバーコードリーダーを搭載したモデルが販売されてきたが、今回の新モデルではバーコードリーダーの代わりに指紋認証センサーが搭載された。

宅配業者とかじゃないんでバーコードリーダーはいらない。

搭載OSがAndroid 5.1.1で、チップセットクアルコムのMSM8974AB(2.30GHz、クアッドコア)、2GBのメモリ、16GBのストレージ搭載といった基本スペックは従来モデルと同様。無線LANIEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、BluetoothNFCもサポートされる。カメラは800万画素のアウトカメラと500万画素のインカメラを装備。バッテリー容量は3200mAhで、別売のチャージングカップかクレードルを使用すれば、空の状態から約2時間で満充電となる。

 NFCがあるなら、EdyモバイルSuicaWAONnanacoは動くはず。

モデルとしては、NTTドコモ網向けの「FZ-N1GDPAAZJ」とau網向けの「FZ-N1GKPAAZJ」の2つが用意され、それぞれSIMロックがかかった状態で販売される。通信方式はLTE/3G(HSPA/W-CDMA)/GSMに対応しており、VoLTEによる音声通話もサポートされる。同社によれば、ハードウェア自体は共通となっており、有償でSIMロックを解除することも可能。

別の記事も引用する。

ドコモ版「FZ-N1GDPAAZJ」とKDDI版「FZ-N1GKPAAZJ」の2機種をラインアップし、法人向けに販売する。ただしパナソニックストアから個人で購入することもできる。パナソニックストアでの価格は12万円台(税別)。

タイトルにもあるように個人でも買える。現状では、法人向けパナソニックストア、個人向けパナソニックストアのいずれにも、スマホのTOUGHPADの扱いは無い。上のリンクの法人向けサイトではタブレットのTOGUHPADの扱いはある。


さて、問題は現在死にそうなTORQUE G01。回線契約はmineoのAプラン。

mineoのG01の回線は1,579円/月(税込)。mineoのままMNPせずに端末だけ買い替えると、冒頭に「た、高い」と書いた端末代金が高く見えなくなる。

 

auに戻ってTORQUE G02にすると、

現在のmineoと同じデータ定額3(V)プランだと端末代金を含めて24か月の間7,195円/月。LTEプラン(V)+LTEフラット(V)だと7,781円/月。いずれも税込。

 

「TOUGHPAD FZ-N1」指紋センサー搭載モデルが12万円前後ということなので、仮に税込12万円として24か月で割ると6,000円/月。MNPせずmineoにステイすると合計7,579円/月換算となる。

mineoはAプラン(au回線)、Dプラン(docomo回線)がある。Dプランデュアルタイプ3GBだと1,600円/月(税抜)で、Aプランデュアルタイプ3GB1,510円/月(税抜)より90円/月(税抜)高い。しかし、au VoLTEの厄介さを回避するのであればA→Dのプラン変更はあり得る。 TOUGHPAD FZ-N1はドコモ版「FZ-N1GDPAAZJ」とKDDI版「FZ-N1GKPAAZJ」の2機種あるので、ドコモ版を選びたいような気もする。

 

OSはAndroid 5.1だが、時期は未定ながらAndroid 6.0へのバージョンアップを予定している。カメラはアウトが800万画素、インが500万画素で、夜間撮影用の高輝度フォトライトも備える。プロセッサはQualcommのSnapdragon 800(MSM8974AB)、メモリは2GB、ストレージは16GB。au VoLTEもサポートしている。

本体はSIMロックが掛かっているが、ドコモとKDDIの規定に基づき(購入後半年など)、SIMロックの解除はできる。MVNOSIMカードは(仕様上は使えるだろうが)動作保証はしていない。パナソニックストアでは端末単体を購入する形となり、SIMカードは別途契約するか、自前のものを使う必要がある。

個人でも購入可能、指紋センサーを搭載した4.7型「TOUGHPAD」が登場 - ITmedia Mobile

最初に見たASCIIだと「OSはAndroid 5.1.1」しか書いていなくって、おいおいAndroid 7.0も出ようかという時期にAndroid 5かよと思ったがAndroid 6対応予定ならまずは安心。

MVNO動作保証なしは少し心配。例えばmineoのDプランには、TOUGHPADはこれまでの機種を含めて載っていない。

でも、IIJmioではTOUGHPAD FZ-N1のタイプD(docomo回線)の動作確認が取れている。タイプAは動作確認に出てこない。

f:id:shigeo-t:20161125041512p:plain

テザリングも音声通話もOKである。多分大丈夫。

 

TORQUE G01がどこまで頑張ってくれるかにもよるけど、12月か1月に死にそうになったら、mineoでDプランに変更してTOUGHPAD FZ-N1ドコモ版「FZ-N1GDPAAZJ」かなあ。2月頭以降まで頑張ってくれたら、mineoからIIJmioのタイプDにMNPするかどうか考える。DプランとタイプDの月額は同じなので、手数料やなにかのキャンペーン割引とか総合的に足し算引き算してお得なほうにする。

いずれにしてもTOUGHPAD FZ-N1にするならau回線からはお別れになりそう。

パナソニック TOUGHPAD FZ-N1 (Android5.1/Data&Voice) K

パナソニック TOUGHPAD FZ-N1 (Android5.1/Data&Voice) K

 

バーコードリーダーモデル Amazonでも買える?

 

 あとは大きさ・重さだけど、TORQUE G01,G02とTOUGHPAD FZ-N1で比較してみる。あと、同じ4.7インチディスプレイということで現在使用しているiPhone 6sも比較対象とする。

  1. G01 68x136x13.5 182g
  2. G02 72x147x14.2 203g
  3. FZ-N1 74x156x18.3 255g
  4. iPhone 6s 67.1x138.3x7.1 143g

普段G01とiPhone 6sを併用していて、G01が圧倒的に小さくて軽いと思っていたが、これと、

 強化ガラス保護フィルムのせいだった。

サムネイルで見えているように少し幅が増えた上に、合計188gである。6g差でもわかるもんなんだな。それを考慮すると、FZ-N1-G01の73g差はかなり重い。ただ、幅は耐衝撃カバーを付けたiPhone 6sは約74mmなので、持った感じFZ-N1はiPhone 6sに近い感じ。まあ重いけど大丈夫だろう。

 

TORQUE G01をごまかしながら使いつつ、G02にするかFZ-N1にするか悩んでみようと思う。まあ、こういう端末を欲しがる理由は、こいつの強力なねこぱんちのせいです。

f:id:shigeo-t:20161125050520j:plain

f:id:shigeo-t:20161125050648j:plain