読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Qrio Smart Lock使ってみた

Tech goods Android iOS

サムターンの形状が合わず(現在は対応版サムターンホルダー発売済)、使っていなかったQrio Smart Lock。大学の研究室で使ってみた。

一年間使わずにいたわけか。

 

研究室のサムターンの形状は、同梱のSタイプのサムターンホルダーが合致した。

f:id:shigeo-t:20161019040004j:plain

 

取り付け後はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20161019040126j:plain

ウチの会社は10/17から社員が増えたので(サラッと書くなw)研究室の鍵を増やしたかったのだが、ホームセンターで複製してもらった鍵が動かない。コピーのコピーはダメなことがあるとは合鍵作成依頼時に言われるのだが、本当だった。そこで、緊急避難的に物理的な鍵の代替として設置。

 

設置は社員の人にやってもらったので作業途中の写真は無し。標準の付属品だけで設置完了。

 

TORQUE G01をオーナーキーとした。AndroidアプリをGoogle Playから入れ、添付のセキュリティーコードあるいはシリアルキーのバーコードを読み取り、Qrio Smart Lock本体と通信しながら設定する。アプリはこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20161019041745p:plain

下部の鍵アイコン、赤っぽいほうが施錠、水色のほうが解錠。長押しをすることで物理的に鍵が回る。

f:id:shigeo-t:20161019041751p:plain

f:id:shigeo-t:20161019041803p:plain

f:id:shigeo-t:20161019041808p:plain

f:id:shigeo-t:20161019041813p:plain

f:id:shigeo-t:20161019041824p:plain

 

最初の画面の「キーシェア」をタップして、鍵をシェアしたい相手にアプリからメールを送ると鍵をシェアできる。iPhoneにシェアメールを送る。iPhone側はシェアされただけなので設定項目も少なくこんな感じ。アプリはApp Storeから。

f:id:shigeo-t:20161019042317p:plain

f:id:shigeo-t:20161019042322p:plain

f:id:shigeo-t:20161019042327p:plain

シェアされたキーは有効期限付きにもできるし、無期限にもできる。また、オーナーキーもシェアされたキーも「手ぶらで解錠」ができる。これは便利だ。

 

幸い、研究室のマスターキーを保管している教授に会うことができ、マスターキーを借りることができたので、研究室の鍵問題は解決。Qrio Smart Lockは撤去した。

 

動作も確認でき、便利そうなのでサムターンホルダーをポチった。本体はAmazonで売っているのだが、サムターンホルダー等のQrio社製作のアクセサリはQrio社のサイトでしか買えない。

Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) Q-SL1 - Qrio Store

 

あと付属の電池は2個、本体には4個入れられる。4本にしたほうが長期間使えるので、電池もAmazonでポチった。

TOSHIBA CR123AG 2P カメラ用リチウムパック電池

TOSHIBA CR123AG 2P カメラ用リチウムパック電池

 

 

それぞれ届いたら、本社wで使用しようと思う。