読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


サンダルの裏が逝ったので直してみた

misc goods

9/28の朝、朝の散歩からの帰宅途中、左足裏前足部中央に痛みを感じた。帰ってきてサンダル裏を見るとこんな感じ。足は切れたりしてはいないけど2日くらい痛かった。痛いので厚手の靴下で靴も選ぶことに。

f:id:shigeo-t:20161003031655j:plain

黒いソールから中層の赤い部分を通り越し、黒のアッパーが見えている。トータル10mmとすると、最も薄い部分は4mm程度か。減るのが早いというのもあるが、舗装に砂利が乗っててもガシガシ歩いていたので、ソールに刺さった感は何度もあった。写真上左上にも小石が刺さっている。前のサンダルと違って、歩いていて小石が挟まることが無かったので、気にせずに歩いていたのがいけなかったか。

 

一方の右はこんな感じ。左ほどのダメージは無いが、もう少しで上の黒いアッパーに届きそう。触ってみた感じ、最も薄い部分は6mmくらい。

f:id:shigeo-t:20161003032412j:plain

 

というわけで、9/29と9/30は予定よりも早めにランニングシューズで朝の散歩へ。ねこぱーんちは速い左のフック。

f:id:shigeo-t:20161001043751j:plain

 

左のかかとも赤い層が見えている。

f:id:shigeo-t:20161003032713j:plain

右は出てない。

f:id:shigeo-t:20161003032813j:plain

やはり左足が利き足だからなんだろうか。

 

このサンダルは1,000円ちょっとと安いので、Amazonの注文履歴を探って同じものを買おうかと思った。

しかし、色違いサイズ違い1点しか残っていなかった。手元のサンダルはL。サイズ違いにはチャレンジする気にはなれない。

 

革靴ならともかく、安いサンダルなら自分で修理だろうと、色々調べてみた。サンダルも靴の補修材でなんとかなりそうなのだが、ネットでは各商品の特性が分からない。そんなわけで東急ハンズに行って、4種類ほどを見比べてみた。熱を加えるタイプ、合成ゴムタイプなどがある。

15分ほど店頭で比較した結果、最もこのサンダル補修に合いそうな下記の商品を選んだ。24時間掛かるタイプだが、チューブから出して盛るだけなので、仕事は簡単。

量が少ない20mlタイプにした。400円ちょっと。量が少ないこともあって一番安い。

 

サンダルの裏を洗って干して1日。もっともダメージがある部分だけでなく、かかとなどもついでに修繕することにした。そこで刺さっている小石も除去。ラジオペンチで挟んで取り出した。

f:id:shigeo-t:20161003035142j:plain f:id:shigeo-t:20161003035151j:plain

小石と言いながらも割とダメージが大きく、アッパーにも影響出ていた。

f:id:shigeo-t:20161003035404j:plain

ほかの小石も抜く。最初の小石よりは小さい。

f:id:shigeo-t:20161003035600j:plainf:id:shigeo-t:20161003035610j:plain

もっと細かい石はそのまま埋めることに。

 

説明はこんな感じ。ピンぼけだけど撮り直さないw。使用不可な素材が書かれているが、ケイパのソールはポリエステル。名前は似ているけど、ポリエチレンでもポリプロピレンでもないので、セーフ。

f:id:shigeo-t:20161003040115j:plain

今回はサンダルで中央部なのでこんな手の込んだ修繕はしない。

f:id:shigeo-t:20161003040109j:plain

 

 さっそく盛っていく。先端はキャップの反対側で穴を開ける。

f:id:shigeo-t:20161003041028j:plain

附属のヘラで盛る。左足の前足部はこんな感じ。一番薄いので、逆に少し盛り上げ気味にした。上の写真にあるように小石のところも、小石を抜いて塗った。

f:id:shigeo-t:20161003041211j:plain

左のかかとは、アッパーまで穴が届いていたので、こちらも少し多目に盛った。

f:id:shigeo-t:20161003041413j:plain

 右の前足部はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20161003041613j:plain

 右のかかとと、上の写真で小石を抜いた部分にも盛った。

f:id:shigeo-t:20161003041822j:plain

 

このまま24時間乾燥である。しかし10/1朝は雨。乾いてはいたのだがお預け。10/2に朝の散歩で試してみることに。出発前はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20161003042331j:plain

朝の散歩では7kmほど歩くのだが、帰ってきてチェックするとこんな感じ。特に問題なさそう。歩いた感じも違和感ない。硬さが合わないということもない。

f:id:shigeo-t:20161003042502j:plain

f:id:shigeo-t:20161003042514j:plain

f:id:shigeo-t:20161003042524j:plain

f:id:shigeo-t:20161003042537j:plain

f:id:shigeo-t:20161003042558j:plain

 

というわけで、サンダル復活である。なかなか気に入るスポーツサンダルが無い中、延命できたので良しとする。

f:id:shigeo-t:20161003043522j:plain

紙やすりや、かかと修繕用のガードとなるプラ板も附属していたのだが、未使用である。

 今回は黒を使ったが、50mlタイプならブラウンやクリアもある。