読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


macOS Sierraにした

Tech Mac

大学の研究室に設置のMac mini Server、OS X El CapitanからmacOS Sierraにアップデートした。今回からOS名はOS XからmacOSに。OS名の変遷は、Mac OS→バージョン10.0からOS Xに→10.12からmacOSである。

バージョン10の前半はネコ科の大型動物であったが、10.9のMavericksカリフォルニア州の地名となった。

 

macOS Sierraは2016/9/21にリリースされている。リモートでアップデートしようかと思ったのだが、ちょっとした手違いがありリモート操作ができなかったため、研究室に行ったついでにアップデートを実施した。

 

作業時間だが、ダウンロードは約6分、インストールは約62分。トータルでは約68分だった。ダウンロードサイズは4.77GBである。

 

ダウンロードからインストール

App Storeをチェックすると、★おすすめのトップにmacOS Sierraが来ていた。

f:id:shigeo-t:20160928040651p:plain

バナーではなくアイコンのSierraの【ダウンロード】をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160928040757p:plain

研究室は100Mbps以上出るので、ダウンロードは約6分で終了。インストーラが起動される。[続ける]をクリック。

f:id:shigeo-t:20160928041115p:plain

使用許諾に同意する。

f:id:shigeo-t:20160928041406p:plain

インストール先ディスクを決める。

f:id:shigeo-t:20160928041517p:plain

残り時間は相変わらず全く役に立たない。最初から「残り約1分」である。

f:id:shigeo-t:20160928041631p:plain

しかし、残り約1分のまま再起動画面までは約11分。

f:id:shigeo-t:20160928041721p:plain

[再起動]をクリックすると何度か再起動が掛かる。例によって残り時間は全くあてにならない。

f:id:shigeo-t:20160928042258j:plain

 

インストール完了

インストール完了後、確認してみるとSierraにアップデートできている。ダウンロード開始から約68分、インストール時間だけで見ると約62分だった。

f:id:shigeo-t:20160928042558p:plain

macOS Sierraのアップデート内容は下記の通り。

f:id:shigeo-t:20160928042957p:plain

f:id:shigeo-t:20160928043004p:plain

サイズは4.77GBである。

f:id:shigeo-t:20160928043031p:plain

情報を見てみる。なんか表示が変わったような気がする。

f:id:shigeo-t:20160928044058p:plain

f:id:shigeo-t:20160928044103p:plain

f:id:shigeo-t:20160928044111p:plain

f:id:shigeo-t:20160928044120p:plain

f:id:shigeo-t:20160928044131p:plain

Siriのアイコンもできていた。Mac miniってマイク付いて無かったような。マイク無いと使えないじゃんね。

f:id:shigeo-t:20160928044233p:plain

 

ついでにインストールUSBメモリも作成

VMware PlayerやVMware ESXi上でもEl Capitanが動いているような気がするので、インストールUSBメモリを作っておくことにした。

USBメモリを適当にフォーマットしておく。フォーマットはディスクユーティリティを使用する。LaunchPadの「その他」の中にある。

f:id:shigeo-t:20160928043914p:plain

上のインストールで使用したインストーラは消えていた。もう一度ダウンロードする。ダウンロードするとインストーラが起動されるが、適当にKillしておく。

 

フォーマットが済んだら、同じく「その他」の中からターミナルを起動する。コマンドは下記の通り。適当にフォーマットした時、ボリューム名はSierraにしておいた。

 

/Volumes/SierraのSierra部分がフォーマット時のボリューム名である。

    sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Sierra/ --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app

f:id:shigeo-t:20160928044329p:plain

USB3.0USBメモリだったのだが、終了まで約20分掛かった。

f:id:shigeo-t:20160928045333p:plain

 マウントされているので開いてみると、インストーラUSBメモリ内に作成されている。

f:id:shigeo-t:20160928045548p:plain

 

というわけで、特に問題なくアップデートもインストールUSBメモリも作成完了である。

ところでどんどん肥大化していたOS Xだったが、macOS Sierraは4.77GB。もしかすると頑張ればDVD-Rに焼けるんだろうか。と思ったけど、ちょっと足りなそう。毎回USBメモリ使うのは面倒なので、頑張れApple

 くずかご欲しいな。

Mac Pro MD878J/A 3.5GHz

Mac Pro MD878J/A 3.5GHz

 
macOS Sierra (English Edition)

macOS Sierra (English Edition)