読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ThinkPad P70をWindows 10とUbuntu14.04のデュアルブートにしようとしたけど、Ubuntu起動しない

Tech ThinkPad Windows 10 Linux

CUDAはWindowsでもLinuxでも動作環境を作ることはできるが、しばらくThinkPad P70で動作させ、将来的にはクラウドGPUインスタンスに移行するという計画になっている。

 

将来的にクラウドに移した際、GPUインスタンスではLinuxを使うことになるはず。AWSやさくらの高火力コンピューティングでは今のところはLinuxしか選べない。さくらの場合、安いほうでも1インスタンス85,000円/月。P70よりも何倍か豪華な構成だが、これを使い続けると10か月で今回購入のP70を超える。

P70を購入したのは、貧乏零細企業がコストを下げるためだったというわけである。

 

そんなわけで、開発環境としてはWindows + Visual Studioも使いつつ、動作環境としてはUbuntu 14.04を作りたい。プリインストールOSはWindows 10を選んだので1つはクリアだが、デュアルブートUbuntu 14.04を作りたい。

 

手順としては下記を参照し、空きパーティションを作成した。なお、PCIe-NVMe SSDUbuntu OS本体用10GB、ついでにデータエリア用としてHDDにも10GBを作成した。最悪SSDにインストールがうまくいかなくてもHDDにインストールできればいいやという考えでもある。


パーティション作成後、DVD-Rに焼いておいたUbuntu 14.04のインストールメディアでP70をブート。

上の参考にしたサイトの通り、ThinkPad P70はEFIなので黒いGRUB画面までは進んだ。ディスプレイが4Kなので文字が細かすぎて虫眼鏡が必要なレベルである。いや、虫眼鏡は使わずとも読めたが。乱視だけど老眼だけど近視ではないので。

f:id:shigeo-t:20160908024447j:plainf:id:shigeo-t:20160908024553j:plain

”Try Ubuntu with out installing”を選択し、外付けのDVDドライブはガシガシ動くんだが、画面は真っ黒のまま。何分待っても画面は真っ黒のまま。何度やり直しても真っ黒のまま。GRUBから先に進まないっぽい。

 

本来なら”Try Ubuntu with out installing”なのでライブCDとして動作するはず。しかし起動しない。最悪デュアルブートWindows 10環境は諦めてもいいのだが、UbuntuがライブCDとしても起動しないので、まだWindows 10は捨てられない。

 

うまくいかない要素としては、SSDのNVMe、HDDのRAID1、EFIなどが考えられる。海外の掲示板などで調べてみると、NVMeのドライバが必要とか、色々あるようだ。

 

そこでひとまずライブCDか、USBメモリブートを目指すことにした。

幸いUSB3.0 8GBのメモリは余っている。

 ThinkPad X220を使って、フルインストールブータブルUSBメモリを作ってみようと思う。しばらくはUbuntu14.04でいくことに決めているが、ひとまず動かすだけなら16.04でもいい。

 

まあ、逆にUbuntuを諦めるという作戦も無くはないんだが。今持っている他の環境とハードウェア構成が違い過ぎて、下記のような作戦は取れないし。