読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


横浜みなとみらい水陸両用バス

misc

今朝6:30、日本丸メモリアルパークに行くと、水陸両用バスが航行したり走行したりしていた。2艘というか2隻というか2台というか、グレー無地とカラーリングされたものが水上に。

f:id:shigeo-t:20160727111617j:plain

f:id:shigeo-t:20160727111645j:plain

こないだ、そろそろ開始っぽかったので調べていて、2016/7/27からということは知っていた。

 

見ていると、まずはグレー無地のほうが先に上陸。

f:id:shigeo-t:20160727111920j:plain

f:id:shigeo-t:20160727111927j:plain

f:id:shigeo-t:20160727111945j:plain

f:id:shigeo-t:20160727111959j:plain

f:id:shigeo-t:20160727112057j:plain

続いてカラーリングされたバスも上陸。今度は動画で。上陸する前の加速がすごい。

なんか、最後のほうで地上係員の人が「一瞬シューっと出たけど…」と言っていたのは、上陸した後、車体に水を掛けるようだ。上陸場所の運河は汽水域なので錆止めということだろうか。

 

バスへの乗降はタラップから。タラップは電動で出てくる。動画は間に合わず、写真のみ。

f:id:shigeo-t:20160727112731j:plain

f:id:shigeo-t:20160727112736j:plain

 

カラーリングされていない方は、ポインターをバスにしたような感じだと思った。

1/24 ウルトラセブンシリーズ TDF PO-1 ポインター

1/24 ウルトラセブンシリーズ TDF PO-1 ポインター

 

 

本件の横浜市港湾局のページはこちら。大人3,500円小学生以下1,700円は、観光的にはそんなもんかなという価格。地元民が足に使うという金額ではない。

  横浜市港湾局 横浜港水陸両用バス

車両デザインはくじらをモチーフにしている。海水~汽水域鯨だな。