読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


次々襲い来る罠

misc Tech biz Tool

こんなに何度も罠に嵌まるとは思わなかった。

 

5月19日木曜日午前。特許明細書の修正も終わったし、練習がてらまず商標登録からやろうかなと取り掛かる。

 

商標のほうは特に何も書いていなかったので、「かんたん願書作成」を使って作成することに。

  電子出願ソフトサポートサイト

  ↓ 

出願人のところで「識別番号」というのが出てくる。

  ↓

調べてみると、特許庁に申請して取得しなければいけない。

  ↓

郵送だと2週間くらい掛かるらしい(´・ω・`)

  ↓

おいおい、今でもちょいスケジュール押しているんだぞ、2週間待てない。でも個人番号カードの入手できるのは来月13日。約3週間後。 

  ↓

電子証明書を買えば、すぐに識別番号を入手できそうだ。

  ↓

法務省:電子証明書取得のご案内 を読んで、専用ソフトウェアを入手、申請書や申請ファイルを作成(ミーティング中)。

  ↓

ここでミーティング終了。行ったり来たりしていると窓口時間が終わってしまうので、木曜日はここで終了。いそいそとα7IIを買いにヨドバシへ。

  ↓

朝、電子証明書取得の専用ソフトウェアで作成した申請書PDFを印刷。フォーム部分しか印刷されない。申請内容は結局全て手書き

  ↓

社印を押印した申請書と、申請ファイルをDVD-Rに焼きこんで法務局へ。

  ↓

速攻で印紙を購入。6か月分で4,300円也。4,000円という印紙があった。

  ↓

窓口を探すが、館内に掲示されている案内表示には「電子証明書」の文字がない(´・ω・`)

  ↓

申請窓口で聞いてみると、「ここですよ」ということだったので、申請書、法務局印鑑カード、DVD-Rを提出。

  ↓

「15分くらい掛かります」ということなので、待つ。

  ↓

10分くらい経過後、呼ばれたので受け渡し窓口に行くと、住所が登記だと”○丁目○番○号”だけどオレが書いたのは”○ー○ー○”。「直しておきますね~」と言われ、待機業務に戻る。

  ↓

さらに5分くらい待ったあと、電子証明書発行確認票の受領と、法務局印鑑カードとDVD-Rの返却。

  ↓

これで電子証明書が発行できるはず。

  ↓

甘かった。住所の表記の変更のせいで、ダウンロードがエラーになる。

法務省:電子証明書取得のご案内

  ↓

住所表記を法務局での変更内容と同じに変更して申請ファイル、鍵ペアファイルを再作成。

  ↓

なんとか証明書ダウンロード成功。4,300円無駄になるかと思った。

  ↓

特許庁から識別番号を入手しようと、ダウンロード済のインターネット出願ソフトをインストールしようとするが、何度やってもこれ。

f:id:shigeo-t:20160521041342p:plain

[いいえ(N)]を押すと下のウィザードに戻るが、[次へ (N)>]を押すとこのダイアログ。完全にループする。

  ↓

調べてみると、Windows 10のサポートは7月。遅いよ、特許庁。いや正確には独立行政法人工業所有権情報・研修館

  ↓

仕方ないのでWindows 8.1 Enterprise 64bitの最新をダウンロード。入っててよかったBizSpark。

  ↓

5Mbpsほどのダウンロード速度だったので、時間は掛ったがWindows 8.1ダウンロード完了。簡易インストールでVMを作成する。

  ↓

VMware Toolsが入っているのに、カーソルがVMにロックされる。通常ならホストOSとゲストOSでマウスカーソルは自由に行き来できる。VMware Toolsを入れ直しても直らない。操作性悪い( ;∀;)

  ↓

インターネット出願ソフトのインストールに取り掛かるが、指定通りのJava 8のJREを入れてもエラーになる。

  ↓

メッセージを見ると32bit版を入れろと出ているが、Java 8の32bit版にたどり付かない。

  ↓

ムカついたので、バージョンは合わないがJava 7のJREを入れてみると、ようやくインターネット出願ソフトのインストールが進み、完了した。

  ↓

インターネット出願ソフトを起動するが、この画面にたどり着くまで一苦労。

f:id:shigeo-t:20160521042804p:plain

  ↓

なんとか識別番号を入手。

  ↓

かんたん願書作成で商標登録文書を作成するが、類似群コードの入れ方が分からない。なくてもいいんだろうか。発明協会に聞いてみようっと、   でこれはこれで保留。

  ↓

問題は手数料。

  商標登録料金とその納付方法(PDF)

オンライン手続きの場合の納付方法は、予納制度、電子現金納付制度、口座振替制度。最後の口座振替制度は難易度が高そうなので、電子現金納付制度を選択。Pay-easyで払える。Pay-easyなら税金や年金関係の納付で毎月使っている。

でも、……

f:id:shigeo-t:20160521044847p:plain

えーと、土日またぐから月曜日の12:00以降じゃないとダメじゃないですか(´・ω・`)。かんたん願書作成では、仮で予納制度での納付にしてセーブ。

  ↓

予納制度を調べてみる。

特許印紙は集配郵便局で売っているらしい。特許印紙を購入し、予納書に貼って特許庁に郵送である。郵送ということは当然郵送料が掛かるし、予納書が到着して登録されるまでは出願できない。めんどくさい(´・ω・`)。もう、ぜったいPay-easyにする。余分な金も手間も掛からず、法人口座から簡単に納付できる。

  ↓

というわけで、出願は月曜午後まで完了しないことが確定。

 

4月末に色々発明協会で教えてもらったときに、すぐに商標の登録だけでも仕掛かっておけば、

 

 

多分連休に掛かってもっと難航したと思う。自分が悪いところも多々あるが、それも含めてトラップが多すぎる。

栄工業 トラップ改良型ゴム付 1号 YK21

栄工業 トラップ改良型ゴム付 1号 YK21

 
思考のトラップ 脳があなたをダマす48のやり方

思考のトラップ 脳があなたをダマす48のやり方