読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


認定もらえた

biz Tech

このアカウントは一応匿名で運営している。なにせ難読希少姓のせいで同姓同名がいない。特定されるとあっという間にあれこれ全部バレる。一般人としてはちょっと生きにくい。

 

ということもあって本件、非常に書きにくいのだが、今日は寝坊した上にネタ切れなので、これしかブログに書くネタが思い浮かばない。しかも裏でWindows 10 Insider Preview 14342のダウンロードが動いていて、非常にネットワークとPCが重い。

 

5月中旬に発表があるとされていた、神奈川県の企業向け支援事業に申し込んでいた。なにせ貧乏零細企業なもので。

 

昨日大学に行くために家を出たら、ドアから1.5mのところにあるビルの集合ポストに郵便物が。いつもならスルーすることが多いのだが、ちょっと気になって取り出してみると、県から大きい封筒が。急いで取り出して家に戻って開封。

 

よーく読まないと分からないが「認定」と書いてある。

f:id:shigeo-t:20160512045401j:plain

電車の時間も迫っているのでそのままカバンに入れ、急いで家を再出発。

 

大学に到着してからゆっくり見てみると、間違いなく認定されている。この事業補助金/助成金は出ないがいくつか支援してもらえるというもの。昨年春にITコンサル会社からITサービス会社に事業形態転換を図り、テストマーケティングをしたあと、先に資金調達をしようと昨年秋からいくつか補助金/助成金関係にチャレンジしていて、初の審査通過である。認定証にも県知事印がある。

f:id:shigeo-t:20160512050115j:plain

 

 補助金/助成金ではないので、資金調達は借入ということになり、自社で全リスクを取ることになるが、借りやすくなるし借入条件も良い。ありがたい。

 

冒頭でグダグダ書いたのは、今回の応募で認定されたのが弊社のみという点。この事業を探して調べるとウチしかいないので、こうやってボカして書いてもあっという間に特定できちゃう。例年は数社同時認定なのだが、ウチ一社だけってどういうことなんだろう。県としてはあまりお金を使う事業じゃないので、過去の認定事例を見てると「え、こんなのに出るの?」みたいなものも多々あったのに。

 

とは言え、些少ながらも皆様の税金を使って事業を立ち上げますので、ご報告。とっとと仕掛かっている特許出して、資金調達して動かなければ。補助金/助成金は出ないけど、報告義務はあるのでしっかり進めなければいけないし。

 

では、Insider Preview 14342のアップデート準備ができたので、このエントリはここまで。