読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Amazonプライム・フォトに何かわからない写真・ビデオ以外のファイルがアップロードされたら

Tech Windows 10 Tool

<追記 2016/07/26>

このエントリの方法だと遅いので、ディスクアクセスが速い方法を書いた。

</追記>

 

Amazonプライム・フォトで何かわからない写真・ビデオ以外のファイルがアップロードされたら、無料の5GBをあっという間に食いつぶす可能性がある。Amazon プライム・フォトの過去のエントリはこのエントリ末に

 

謎の大容量ファイル3.7GB

実際の状況がコレ。

f:id:shigeo-t:20160423032301p:plain

これでもアップロード中にエラーメッセージが出たら、分かる範囲で探して消したのだが。ビデオはAmazon Cloud driveに接続して、無料ではないビデオを探して消せばOK。

f:id:shigeo-t:20160423032515p:plain

Windowsのピクチャフォルダから、Amazon Cloud Driveツールで全部アップロードしたのだが、ツールでもWebでも検索ができない。ツールにはアップロードとダウンロードしか機能がない。

f:id:shigeo-t:20160423032907p:plain

Webの方も、ひとつひとつフォルダを開いては消す、といった操作しか無い。検索窓はあるにはあるが、ワイルドカード検索はできたりできなかったりする。

f:id:shigeo-t:20160423043905p:plain

存在するはずのmovファイルを見つけてくれない。

f:id:shigeo-t:20160423044225p:plain

 

Windowsエクスプローラーから謎ファイルを探して消したい

そこで、WindowsAmazon Cloud Driveをマウントする方法を探した。先にヒットしたのはOS X用。

 Windows用を引き続き探したら存在した。

麗の小屋 - WebDAV Client CarotDAV - 

f:id:shigeo-t:20160423034309p:plain

CarotDAVは複数のクラウドドライブやftpサイトに接続でき、このCarotDAVがWebDAVのサーバにもなってくれる。インストール版と、ポータブル版があるのでお好きなほうを使う。今回はポータブル版を使ったのでインストールは割愛。

WebDAVの説明はこちら。簡単に言えば、Windowsならエクスプローラーからフォルダ・ファイルとして扱える。あと、WebDAVは遅い。

あとWebDAVは遅いのだが、プロキシの自動検出をOFFにすれば少しは改善する。

Cheerfull days - Windows7でWebDAVが遅い問題の解決法

 

CarotDAVでAmazon Cloud Driveに接続

早速CarotDAVでAmazon Cloud Driveに接続してみる。起動するとこんな感じ。英語だが、分かればそのままで大丈夫。日本語化したものもあるようだが、なんか怪しい感じだったのでこのままいく。

f:id:shigeo-t:20160423034852p:plain

メニューの[File]─[New Connection ▶]─[Amazon]を選択。

f:id:shigeo-t:20160423034957p:plain

「Connection Settiog」ダイアログが表示されるので、「Setting Name」に何か名前を入れる。日本語を試してみたらエラーになったので、半角英数で。

f:id:shigeo-t:20160423035126p:plain

次に、[Authorize]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160423035227p:plain

「OAuth Authirization」ダイアログが開く。リンクをクリックする。

f:id:shigeo-t:20160423035402p:plain

 ブラウザにAmazonへのサインインが表示される。サインインする。

f:id:shigeo-t:20160423035457p:plain

 ブラウザの別タブ(あるいは別ウィンドウ)にOAuth Authorization Codeが表示される。この赤枠内のコードをさっきの「OAuth Authirization」ダイアログにコピペする。

f:id:shigeo-t:20160423035621p:plain

コピペするとこんな感じ。[OK]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160423035702p:plain

「Connection Settiog」ダイアログのAccess Token」「Token Secret」に●が埋まったら成功。[OK]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160423035854p:plain

これでCarotDAVにAmazonへの接続設定ができた。接続できるかどうか、Amazon Cloud Driveアイコンのあたりをクリックしてみる。

f:id:shigeo-t:20160423040026p:plain

開くとアップロードしたフォルダが並んでいる。

f:id:shigeo-t:20160423041330p:plain

 

CarotDAVでWebDAV接続

WebDAVの設定はここから。[Tool]─[Enable WebDAV Server]を選択する。

f:id:shigeo-t:20160423040407p:plain

✔が入ったらWebDAVが使える。

f:id:shigeo-t:20160423040441p:plain

通常は見る必要は無いのだが、接続情報は[Tool]─[Setting]の「DAV Server」タブにある。このIPとPortを使用する。

f:id:shigeo-t:20160423040515p:plain

WebDAVで接続するため、エクスプローラーを開く。リボンの「ネットワークドライブの割り当て」を使う。エクスプローラーを開いたときにこのアイコンが出ない場合、エクスプローラーでPCか何かを選択するとリボンが切り替わって表示される。

f:id:shigeo-t:20160423040655p:plain

「ネットワークドライブの割り当て」ウィザードが表示される。先ほどの接続情報を@でつないで入力。

f:id:shigeo-t:20160423041020p:plain

 接続されるとこのような感じでフォルダが表示される。

f:id:shigeo-t:20160423041056p:plain

 今回はamazonという名前にしたのでamazonというフォルダ名である。開いてみる。

f:id:shigeo-t:20160423041219p:plain

 

謎の大容量ファイル探し

さてここからである。少し探ってみると、謎の3.7GBの正体はm2tsファイルがほとんどだったようだ。m2tsはビデオフォーマットなのだが、amazonでは単なるファイル扱い。なんで何がこんなに容量を取っているのかわからなかったが、これなら納得である。複数のフォルダに分かれて入っているので検索して一気に削除すればすぐに終わる、と思ったのだがWebDAVは遅かった。ここまで数時間掛かる。WebDAVも遅いけど、Amazon Cloud Driveも遅いんだろうか。単なるファイル置き場だったら遅くて安いディスクシステムという可能性はある。なんせ写真なら容量無制限でタダだし。

f:id:shigeo-t:20160423041647p:plain

容量を見てみる。

f:id:shigeo-t:20160423041709p:plain

ビンゴ。これを消せば謎の大容量ファイルのほとんどが消える。

f:id:shigeo-t:20160423041803p:plain

そしてこのメニューのスクリーンショットを撮っている間にエクスプローラーが応答しなくなった。また数時間かけてやり直しである\(^o^)/。

Amazon Cloud Drive Desktop 【Windows版】 [ダウンロード]

Amazon Cloud Drive Desktop 【Windows版】 [ダウンロード]

 

CarotDAVは他のオンラインストレージも接続できるので、ちょっと使ってみようと思う。

Amazon プライム フォト関係エントリ

過去エントリはこちら。