いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Amazonプライム・フォトを試してみる その1

Amazonプライム・フォトがサービスインした。さっそく、使い始めてみた。プライム会員なら追加料金なしの容量無制限。3,900円/年は安い。間違いない。値上げしないでね。

 

プライム・フォトという名称だが、左上に表示されているロゴはamazon cloud driveである。下のスクリーンショットにあるように、アクセス方法としてWebとモバイルアプリ、PCのデスクトップアプリの3種類がある。

f:id:shigeo-t:20160123030519p:plain

ずっと名称は併用で進むようだ。最初の画面にもあるようにドキュメントなど全てのファイルを格納できるようなので、「フォト」じゃないんじゃないかと思う。併用されているということは、Cloud Driveという名前で作っていたものを急に「プライム・フォト(場所によっては中点無しのプライムフォト)」という名称で発表したのだろう。

【2016/01/24追記】名称併用の件は、ヘルプを見て解消した。詳しくは下記。

【追記おわり】

PCでデスクトップアプリ

PCのデスクトップアプリは、リンク先プライムフォトで一番右の【PC用にダウンロード】をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160123031058p:plain

インストーラは AmazonCloudDriveSetup.exe という名称で848KBである。容量が小さいのですぐにダウンロードが終わる。早速起動する。[インストール]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160123031317p:plain

ダウンロードが始まる。

f:id:shigeo-t:20160123031357p:plain

そのままインストールに進む。うちの環境ではインストールに進むまで3分ほどダウンロードしていた。

f:id:shigeo-t:20160123031515p:plain

インストールは数秒で完了。セットアップ画面が表示される。

f:id:shigeo-t:20160123031626p:plain

モバイル用のThinkPad X220で設定したのだが、Windowsの標準フォルダから対象を選ぶようだ。【フォルダーをアップロード】をクリックしてみた。

f:id:shigeo-t:20160123031941p:plain

104GBもある。いきなり192MBの動画をアップロードし始めた。

f:id:shigeo-t:20160123032046p:plain

右上の「環境設定」アイコンをクリックしてみた。設定はこれしかない。

f:id:shigeo-t:20160123032130p:plain

104GBアップロードしていると大変なことになるので、一旦[アップロードを中止する]をクリックして止めた。右下にこんな通知が表示される。

f:id:shigeo-t:20160123032707p:plain

PCでWeb

上記の通知をクリックすると、ブラウザにAmazon Cloud Driveが表示される。ブラウザのタブ名称はAmazon Cloud Drive、ウィザードは「プライムフォトへようこそ」。

【それでは始めましょう】をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160123033220p:plain

デスクトップアプリのダウンロードに進むが、すでにダウンロード済なのでスキップ。続いてはモバイル用のメッセージ送信画面。SMSでスマートフォンにメッセージを送ってくれる。

ウィザードに表示されている名称、こちらはCloud Driveである。

f:id:shigeo-t:20160123033348p:plain

スマホは2台あるので2回送った。【完了】をクリックする。Eメールも送れるが割愛。

f:id:shigeo-t:20160123033843p:plain

なんか知識を得たらしい。【終了】をクリックする。

f:id:shigeo-t:20160123033934p:plain

X220でのアップロードは中止したのでCloud Drive上にはファイルが全くない。

f:id:shigeo-t:20160123034431p:plain

この画面にちょっとスクリーンショットの画像ファイルをドロップしてみた。このように通知が表示される。

f:id:shigeo-t:20160123034535p:plain

追加された画像ファイルは、このようにベタにタイル表示される。

f:id:shigeo-t:20160123034715p:plain

Androidでインストール~設定

さきほどSMSで送ったメッセージを開く。こちらは「Croud Drive Photosのアプリ」と書かれている。残念ながらリンクになっていなくてタップしても開かないw。

SMSメッセージを送ってきた電話番号を見て、アメリカにも川崎(市外局番044)あるのかなとかバカなことを考えてしまった。

f:id:shigeo-t:20160123035022p:plain

自力でGoogle PlayAmazon Photos - Cloud Driveアプリを探した。[インストール]をタップする。

f:id:shigeo-t:20160123035240p:plain

[同意する]をタップする。

f:id:shigeo-t:20160123035709p:plain

インストールが終わると、デスクトップ上にこのようなアイコンが作成される。 

f:id:shigeo-t:20160123040034p:plain

タップするとすでにAmazonにサインインしている端末(Kindleアプリ使ってる)だからか、このようにサインインした状態で表示される。PCのほうは様だったけど、こちらはさん付けである。

f:id:shigeo-t:20160123040148p:plain

ダイアログ表示される。[OK]をタップする。

f:id:shigeo-t:20160123040331p:plain

 すでにPCやiPhoneからアップロードした写真がタイル表示された。

f:id:shigeo-t:20160123040424p:plain

左側を右にスワイプするとメニュー表示される。[設定]をタップしてみる。

f:id:shigeo-t:20160123040544p:plain

Android版はPCよりも設定項目が多い。スクリーンショットを撮った状態はデフォルト。モバイルルータを持ち歩く時や、公衆Wi-Fiなどに自動接続設定している端末は、「充電中のみ」もONにしたほうがいいだろう。そうしないと写真やスクリーンショットを撮る度にアップロードが発生するので、バッテリーが意外と早く減るということもありうる。

f:id:shigeo-t:20160123040616p:plain

下にスクロールして残りを表示させてみた。

f:id:shigeo-t:20160123040752p:plain

戻ってみると、先にセットアップしたiPhoneのほうからどんどん写真がアップされている。

f:id:shigeo-t:20160123041346p:plain

Androidのほうも自動でアップロードが始まる。

f:id:shigeo-t:20160123041445p:plain

 

長くなったので次回へ

PCのデスクトップアプリ、Web、Android版アプリと使ってきた。ここまでで十分長くなったので、iOS版アプリについては次回にする。

ここまでの注意事項。ほぼ並行して作業していたのだが、最初のアップロードは端末内の写真を全て送る。そのため、iPhone 6sとAndroidのTORQUE G01が並行でアップロードを始めたら、かなり帯域を食うことになってしまった。双方数GBの写真が格納されているので、アップロードもGB単位。Wi-Fi接続時に限定する設定はできるが、それでも注意要。

繰返しになるが、モバイルルータを持ち歩く時や、公衆Wi-Fiなどに自動接続設定している端末は、「充電中のみ」もONにしたほうがいいだろう。そうしないと写真やスクリーンショットを撮る度にアップロードが発生するので、バッテリーが意外と早く減るということもありうる。

iPhoneAndroidからのアップロードは、日付単位でベタに表示される。日付指定で参照はできる。整理をするためには「アルバム」を使うことになりそう。

容量無制限なので、回線に問題が無ければアーカイブ先としてとても便利である。

 

下記はiOSAndroidWindowsOS XAmazon Photos,Amazon Cloud Driveアプリである。アプリは全て無料。

Amazon Photos

Amazon Photos

  • AMZN Mobile LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料
Amazon Cloud Drive

Amazon Cloud Drive

 
Amazon Cloud Drive Desktop 【Windows版】 [ダウンロード]

Amazon Cloud Drive Desktop 【Windows版】 [ダウンロード]

 
Amazon Cloud Drive Desktop 【Mac版】 [ダウンロード]

Amazon Cloud Drive Desktop 【Mac版】 [ダウンロード]