いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Google 翻訳の「音声を聞く」機能が地味に素晴らしい

空港で帰りの便も遅れるというアナウンスを聞いて、暇が増えたので忘れないうちに書いておこうと思った。

本日は、英語で10分ちょっとプレゼンしなければならなかったのだが、スピーキングについては全く自信がない。

 

そんな時、論文を英訳するときにも使ったGoogle 翻訳に、「音声を聞く」アイコンがあったことを思い出したのだった。

 

英文はできているので、Google 翻訳に英文を入力する。

f:id:shigeo-t:20160121161957p:plain

そうすると右側に和訳が表示されるわけだが、今回はそっちはどうでもいい。元の文である英文の下のほうに「音声を聞く」アイコンが表示される。

f:id:shigeo-t:20160121162325p:plain

これを一度クリックすると読み上げてくれるわけだが、発音が怪しい単語やイントネーションが怪しい部分を聴くには読み上げスピードがちょと速い。そこでもう一度聞きなおそうとしたら、ゆっくり読み上げてくれるではないか。この親切機能は知らんかった。これには少し感動した。

その時の操作は、

  1度目のクリック:≪通常速度の読み上げ≫

     ↓

  (聞き取れなかったので読み上げ途中にクリック):≪読み上げ停止≫

     ↓

  3度目のクリック:≪ゆっくり読み上げ≫

である。色々やってみたが、  

  1度目のクリック:≪通常速度の読み上げ≫

     ↓

  (最後まで読み上げ)

     ↓

  2度目のクリック:≪ゆっくり読み上げ≫

     ↓

  (最後まで読み上げ)

     ↓

  3度目のクリック:≪通常速度の読み上げ≫

     ∫

 

といった形でサイクリックになっている。more slowlyって言わなくてもゆっくり読み上げてくれたので、自信がない部分が分かりやすくなって助かった。

 

まあプレゼンは、発音はともかく(そっちも問題ありだが)、イントネーションまでは練習しきれなくてグダグダだったんですけどね。プレゼン時間は設計通り。今度はちゃんと練習できるように余裕を持ちたい。 

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

 
日本語で覚えるネイティブの英語発音【CD無】

日本語で覚えるネイティブの英語発音【CD無】