いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Amazon FireTV Stickのネットワーク速度下限値を探る

無事に動いたFireTV Stickだが、色々な接続を試してみている。まずはネットワーク。

 通常の回線は7~8Mbps出ているWiMAX2+規制時のWX01。これは全く問題ない。対して遅い回線は、現在電波が弱くなって数100kbpsから1Mbps台しか出ていないWiMAXのHWD15。 

まずHWD15に接続すると、ネットワークエラーになることもある。下限に足りていないのだろう。うまく動いたとしてもホーム画面表示だけで数10秒掛かる。

ストリーミングのプライム・ビデオ動画を見ている際は、自動的に画質を落とすようだ。

f:id:shigeo-t:20151103022557j:plainf:id:shigeo-t:20151103022621j:plain

通常であれば違和感なく表示されている画面が、回線速度が遅い時はもやっとぼやける画質になる。動きが多い場面ほどぼやけ方が激しい。写真は最初が通常画質、次が劣化画質。

また、こういうアラートが表示される場合もある。

f:id:shigeo-t:20151104025927j:plain

 

そういうわけで、FireTV Stickが必要とするネットワーク速度の下限としては、1Mbps台といったところだろう。ただし動画はたまに動きが多い場面で画質が劣化する。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 WiMAXの電波は弱くなる前なら1~3Mbps台だったので、FireTV Stickで実用できたのだが、電波が弱くなってからは実用できない。ウチに限って言えばこれが何を意味するかというと、数番組/日見るだけでWiMAX2+の3GB/3日制限をあっという間に超えるということ。WiMAX2+のほうは今月分ですでに15.85GB。2日で15GBだと月間でどんなに使うんだろうか。

 

そんなわけで、ちょっと思い立ってこのエントリを書きながら、HWD15を家の中の色んな場所に設置して速度を測ってみた。安定的に1.3~1.5Mbps出る場所が見つかった。HWD15で立つアンテナの本数は0から1本と変わらないのだが。1.3Mbps~1.5Mbpsの時にFireTV Stickのプライム・ビデオ動画を観ると、ほぼ画質劣化は無し。これなら、FireTV StickはWiMAXでいける。FireTV Stickでプライム・ビデオ動画を観ながら速度を測ると0.8~1Mbpsくらい。定常状態では500kbpsくらい使っているようだ。

なお、アンテナ2本立ったりする場所もあるが、窓から遠いとスピードが出ない。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2プラス HWD15 レッド  HWD15SRU

Wi-Fi WALKER WiMAX 2プラス HWD15 レッド HWD15SRU

 

 ということで、とにかく動けばいいなら500kbps、安定稼働の下限ということなら1.3Mbps~1.5Mbpsで決まりである。