いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


CCCが面白いデータを公開していたので分析をしてみた(平成26年商業統計編) #CCC

今回も初回/2回目の年齢別データを上回る相関は無かった。「分析してみた」なんてタイトルを付けたのを後悔している。まだまだデータ探しは続きそう。 

今回のデータの出所は政府統計の総合窓口 GL01010101から。商業統計で検索した。データは『平成26年商業統計』。「平成26年って平成で言うといつだっけ?」「落ち着け」という会話になる人がいると思うので書いておくと、平成26年は2014年。

下のExcelデータはCC BY NC SAということで、その範囲内でご自由にお使い頂いて結構。Excel Onlineからダウンロードできるはず。Excel Online表示部分の右下最も左のアイコンがダウンロードアイコン。

 

結果は冒頭に書いた通りで、全ての表で弱い正の相関が並ぶ。

第3-1表と第3-2表は「都道府県別、東京特別区政令指定都市別、産業分類小分類別の事業所数、従業者数、年間商品販売額及び売場面積」である。

第10-1表から第10-5表は「都道府県別、産業分類小分類別の事業所数、従業者数、年間商品販売額、構成比及び増減率」だが、増減率は平成26年/平成24年比で今回は意味なさそうなので削除した。

 

第3表も第10表も前半は卸売業なので、実際の販売の場ではTカードとの直接の関係は無い。 第3表は第3-2表、第10表は第10-3表以降がTカードが出てきそうな小売業である。

 

第3-2表のほうだが、面白いのは「604 農耕用品小売業」だけが「事業所数」「従業者数」「年間販売額」「売場面積」の全てで相関が無い。Tカードと関係なさそうな小売業は他にもあるのだが、農耕用品だけはしっかり結果が出ている。

 

相関ありなのは「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」の「従業者数」「売場面積」の2つ。56各種商品小売業を見てみると、「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」の説明は下記の通り。

衣,食,住にわたる各種の商品を小売する事業所で,その事業所の性格上いずれが主たる販売商品であるかが判別できない事業所であって,従業者が常時50 人未満のものをいう。ただし,従業者が常時50 人未満であっても衣,食,住にわたらない事業所は主たる販売商品によって分類する。


○百貨店・デパートメントストア(従業者が常時50 人未満のもの);ミニスーパー(衣,食,住にわたって小売するもの);よろず屋(衣,食,住にわたって小売するもの)

これってコンビニ?でも平成26年商業統計速報(卸売業・小売業)(PDF)によるとコンビニエンスストアは「581 各種食料品小売業」らしい。でも小規模な食品スーパーも581に入りそう。大規模なスーパーだと「561 百貨店、総合スーパー」に分類されるし。となると569は小規模な総合スーパーとかそんな感じだろうか。

 

「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」で相関がある従業者数を比較する。「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」の全国計は24,193人、「581 各種食料品小売業」の全国計は640,906人。581は569の26.5倍の人員規模ということになる。

売場面積で比較すると「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」の全国計は1,261,881㎡、「581 各種食料品小売業」の全国計は16,460,775㎡。581は569の13.0倍の広さということになる。

年間商品販売額で比較すると、581(12,875,672百万円)は569(660,015百万円)の19.5倍。また事業所数では581(20,109軒)に対して569(2,202軒)で9.1倍であった。

 

第10表のほうでも傾向は同じ。弱い相関が並ぶ中、全く相関が無いのは「604 農耕用品小売業」。同じようなデータで見ているので当然だが。相関ありなのも同じく「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」の「従業者数」。「従業者数の構成比」でも相関がある。

 

今回の結果では、小売業全般で見ると弱い正の相関があるが、「569 その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)」にのみ正の相関があり、こういう業態が多い地域ではTカードが普及しそうということが分かる。その店でTカードが使えるかどうかは分からないが。

 

そういや、TSUTAYAのビデオレンタルは「609 他に分類されない小売業」なんだろうか。弱い相関しかないけど。

 

平成26年 商業動態統計年報

平成26年 商業動態統計年報

 

11,190円より中古品の出品だそうで。紙だと検索性悪いし、データとして使えないから要らんw。ISBN番号持ってるんだなこういうのも。