いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【失敗】Qrio Smart Lock【やってもた】

独居なので鍵は自分しか持っていない。前みたいに入院とか色々あると、誰かに家に入ってもらわなければいけないことも出てくるかもしれない。甥姪は数10分で来れる場所に住んでいるので、そういうことをお願いすることもあるかも。前の入院はたまたま着替えを持って帰省している時だったので、特に問題は無かったのだが。

 

そんなわけで、クラウドファンディングで開発されたQrio Smart Lockを買ってみた。Qrio Smart Lockは簡単に言えば、サムターンの上に被せてスマートフォンからサムターンの開閉操作をできるという仕組み。

スマホから操作できるので、いつも使う人間以外にテンポラリでも鍵を発行できる。

 

タイトルの【失敗】【やってもた】だが、サムターンの形状。

f:id:shigeo-t:20150909030549j:plain

面付き箱錠タイプというらしいが、ここまでしかチェックしていなかった。このタイプはサポートされる。問題はサムターンの形状。

実際にサムターンに噛ませる部品(サムターンホルダー)はサムターンに合わせて選択可能。ウチのサムターンは上の写真のように楕円なのだが、3つとも直線のサムターンで厚みが違うだけ。確認が甘かった。

f:id:shigeo-t:20150909031004j:plain

というわけで、すぐに装着できないので、何か工作を考える。この部品のデータが公開されれば3Dプリンタという手もあるんだろうが、まだそこまで進んでいないようなので外付けする方向性で考えている。

 

順番は逆になったが、開梱した写真を順に載せていく。Qrio Smart Lockは、箱からきちんと機能的にデザインされている。プチプチと白の外装を外す。

f:id:shigeo-t:20150909031802j:plainf:id:shigeo-t:20150909031910j:plain

開けると一番上に封筒が入っている。封筒にはリファレンスガイド、オーナー登録カードなど。

f:id:shigeo-t:20150909032108j:plainf:id:shigeo-t:20150909032340j:plain

f:id:shigeo-t:20150909032117j:plainf:id:shigeo-t:20150909032329j:plain

ちなみにハードウェア部分の説明は上の内容物の絵だけ。

 

ハードウェア・付属物一式はこのように無駄なくキレイに格納されている。

f:id:shigeo-t:20150909032734j:plain

スマートロック本体の形状はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150909032936j:plainf:id:shigeo-t:20150909032941j:plain

f:id:shigeo-t:20150909032939j:plainf:id:shigeo-t:20150909032949j:plain

付属品はこんな感じ。長短のビス、サムターンカバー、サムターンホルダー、電池CR123A、高さ調節プレートである。

f:id:shigeo-t:20150909033938j:plain

外装の裏側はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150909051952j:plain

Bluetoothで操作するので、2.4GHzが完全シールドされない限りQrio Smart Lockは使える。

Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) Q-SL1

Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) Q-SL1

 

 とにかくうまく工作して早く装着したい。