いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Project Server 2013を使ってみることにした その6

前回までのあらすじ

プロジェクト管理としてRedmineを立ち上げようと、インストールを試してみたのだが、準備作業までは順調なのに肝心のRedmineでつまづく。

ならばBizSparkを活用してProject Server 2013を使おうということにした。特にドキュメントも読まず、元々持っていたWindows Server 2012 R2に適当にインストールを始めた。そこで分かったのはProject Server 2013を動かすためには、同じWindows Server上にSharePoint Server 2013 Enterprise Editionが必要ということが分かった。 

SharePoint Serverを「完全」でインストールしようとすると、Windows Serverがドメイン参加していなければならない、SQL Serverがすでに立ち上がっていなければならないなど、インストール完了しない。

結局SharePoint Serverを「スタンドアロン」でインストールしたらあっさり動作した。Project Server 2013のほうもあっさりインストール完了。

Azureで仮想マシンを作り、その上に構築することにしたのだが、Project Serverに至る前にSharePoint Serverの謎エラーで先に進まない。

3度目の正直で動いた 日本語間違っている情報の無いエラーと爆遅

前回2度とも「System.ArgumentException の例外がスローされました。例外の追加情報: SDDL 文字列に無効な sid または変換できない sid が含まれています。」という謎エラー。見つかった「SharePoint 2013の製品構成ウィザードでSystem.ArgumentException発生」というMicrosoft Developer Networkの記事の通りでは直らなかった。3度目の正直ということで「SharePoint Foundation 2013 SP1をインストールする」の手順でやってみることに。

実際には「SharePoint Foundation 2013 SP1をインストールする」の通りに権限設定をやろうとすると、

    C:\Program Files\Windows SharePoint Services\15.0\Data

というフォルダが存在しない。前回参考にしたSharePoint 2013の製品構成ウィザードでSystem.ArgumentException発生」を見ると設定をするフォルダは

    C:\Program Files\Microsoft Office Servers\15.0\Data\Office Server

だった。そんなわけでSQL Server廻りは「SharePoint Foundation 2013 SP1をインストールする」のとおり、権限設定は「SharePoint 2013の製品構成ウィザードでSystem.ArgumentException発生」の通りに実施。

一発目は想定通り「System.ArgumentException の例外がスローされました。例外の追加情報: SDDL 文字列に無効な sid または変換できない sid が含まれています。」エラーのあと、上記対策で構成完了した。

f:id:shigeo-t:20150727031203p:plain

上のウィザードで[完了(F)]するとInternet Explorer自動起動され下記画面になるので、[OK]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150727031348p:plain

この画面になってからすごく長い。2時間ほどこのまま。

f:id:shigeo-t:20150727031541p:plain

ところが自宅VMでは発生しなかった謎エラーその2である。

f:id:shigeo-t:20150727031618p:plain

まず日本語が間違っている。よくある誤用だが「申し訳ない」までが一つの言葉で「申し訳ある」は存在しない。そのため「ある」を「ございません」に言い換えた「申し訳ございません」も誤用である。

そんなことより、何もエラーに関する情報が無い。技術的な詳細をクリックしても同じエラーになる。ホームに戻ると何もない。

f:id:shigeo-t:20150727031926p:plain

ドキュメントとサイト コンテンツにはアイコンなどが表示される。しかし遅い。ページめくるたびに分単位で時間が掛かる。

f:id:shigeo-t:20150727032025p:plain

f:id:shigeo-t:20150727032034p:plain

謎エラーだが検索してみると修正プログラムを見つけることができた。Fix itなので入手は手間が掛かる。しかも1.8GBの自動解凍ZIPをダウンロードし、実行してみると対象プログラムが無いというエラーで終了。修正プログラムのページは英語だったのでChromeで和訳したのだが、Chromeの和訳、メニュー部分がおかしい。

f:id:shigeo-t:20150727032424p:plain

一応SharePoint Serverが動いたのでProject Serverをインストール

謎エラーは直せなかった。とりあえずSharePoint Serverは動いたのでProject Serverをインストールしてみる。必須コンポーネントのインストールもProject Serverのインストールもうまくいった。

f:id:shigeo-t:20150727032622p:plain

SharePoint 2013製品準校正ツールに進む。

f:id:shigeo-t:20150727032925p:plain

すんなり構成成功である。

f:id:shigeo-t:20150727033015p:plain

IE自動起動されこの画面。また長い。2時間は掛からなかったが5分ほど掛かる。

f:id:shigeo-t:20150727033222p:plain

やはり謎エラーである。

f:id:shigeo-t:20150727033336p:plain

ホームに行っても何もない。

f:id:shigeo-t:20150727033356p:plain

色々やってみたが、やはり爆遅である。なにか操作するたびに分単位で掛かる。

 

一応スケジュールなども作成できるが遅いので使い物にならない。ここまで片手間ながら苦労して動かしたのだが、なんかおかしい。マシンスペックが低いためなのか(A2使用)、SQL Serverかなにかのせいなのか。触っていないのにずっとCPU利用率が高いようだ。CPUだけじゃなくディスクも動いている。

f:id:shigeo-t:20150727034747p:plain

これはこれで放置して、SharePoint Serverのテンプレートを使ってみるか、もう一度Redmineに戻るかちょっと考えてみる。時間が掛かり過ぎて本末転倒である。

掛かったAzureの費用

ここまで作った仮想マシンは全てA2(2コア3.5GBメモリ)で3台、2台はすぐに捨てたので残り1台である。無料分はアベレージ500円/日で合計15,500円/月なのでまだ余裕。今月は使い始めが遅かったので余裕がある。やはりSharePointのテンプレートを試してみようっと。

f:id:shigeo-t:20150727034224p:plain

うまくいかないそんなひは

うまくいかないそんなひは

 
「がんばっているのに、うまくいかない」と凹んだときに読む本

「がんばっているのに、うまくいかない」と凹んだときに読む本